« 春の 紅い花 | トップページ | 10連休の初日は「呉みなと祭」 »

2011年4月29日 (金)

ビンゴゲームは かつて-

最近(?),パーティーなどで企画され,座を盛り上げる ビンゴゲームは 私の若い頃(30~40年前)には 一般的なものではなかったように思います。

但し,パチンコ店が 現れ 増えてくる前の一時期,ビンゴゲーム店が 繁華街にありました。
おそらく,昭和20年代の終わり頃(半世紀以上前)のことだと思います。

「ギャンブル」として存在したのでしょう。
パチンコ店に比べ,少ない資金で開店できたという事情があったのかもしれません。

小学校に入る前で,何の店で,何をしているかは分かりませんでしたが,店の外まで聞こえる スピーカーを通したオバサンの,数字を連呼する声の記憶があり,それが「ビンゴ屋」という名前であることは知っていました。
ちらりと見える内部は,階段教室のように 座席が並んでいました。
前を通る時,何となく胡散臭さを感じました。

あまりいい印象がないためか,今でも 「ビンゴ」(当たり!)という言葉に 若干の抵抗があります。

|

« 春の 紅い花 | トップページ | 10連休の初日は「呉みなと祭」 »

昭和時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春の 紅い花 | トップページ | 10連休の初日は「呉みなと祭」 »