« 「人事」は「ひとごと」,では 「他人事」は? | トップページ | 端正な 「箸」で食べれば- »

2011年5月28日 (土)

ウィークデイに,シネコンで,2本の映画を。

例年よりかなり早く,5月に梅雨に入ったようです。

Img_0102金曜日に休暇をとって 広島市「イオンモール広島府中ソレイユ」内にある シネマコンプレックス『広島バルト11』に行きました。

Img_0104

かつては 名画座や ロードショーと称する大作(例えば 「ベン・ハー」,「アラビアのロレンス」など)は 1本の上映でしたが,通常は 2本立ての上映が ほとんどでした。
いつ頃からか 封切り映画は 1本の上映になりました。
料金が安くなった気はしません。

この日は,昼食を挟んで かつての2本立てを再現しました。

1本目は サスペンス映画 「アンノウン」(Unknown,リーアム・ニーソン主演),2本目は SF恋愛サスペンス映画 「アジャストメント」(The Adjustment Bureau,マッド・デーモン主演)です。

2本とも 観る前には予想してなかった 「オトギバナシ(お伽噺)」でした。

特に 「アジャストメント」は ,如何にも アメリカ人が好きそうな話で,『SF』映画とは認め難い『宗教』映画でした。
通常,何箇所か 眠気を堪える箇所があるものですが,2本とも 展開が速く,飽きさせなかったところは 良しとしましょう。

Img_0106Img_0105

バルト11では 「午前十時の映画祭」と称して,過去の名作 50本を1年かけて上映しています。
M★A★S★H’は懐かしいですね。

17時過ぎに 2本目を観終わって,町に出て買い物をして 帰宅したのが 21時過ぎ,長い一日でした。

|

« 「人事」は「ひとごと」,では 「他人事」は? | トップページ | 端正な 「箸」で食べれば- »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「人事」は「ひとごと」,では 「他人事」は? | トップページ | 端正な 「箸」で食べれば- »