« 蒸し暑さに負けて 半袖シャツ | トップページ | 今年の夏は,浴衣を着ようか。 »

2011年6月29日 (水)

ジョークでは ないようです。

韓国・中央日報 日本語版ネットニュース 6月27日 トップニュースの
韓国キムチ、味と抗がん効果で日本キムチを上回る』の見出しの記事を全文転載します。

『「キムチ」の優秀性が改めて確認された。韓国の白菜で漬けたキムチが日本の白菜で漬けたキムチに比べてはるかにおいしいだけでなく、抗がん効果も優れているという研究結果が出てきた。

  釜山(プサン)大食品栄養学科のパク・ゴンヨン教授研究チームは韓国の代表的な全南(チョンナム)・海南(ヘナム)産の白菜、日本の代表的な茨城・愛知産の白菜を比較した「韓国および日本の白菜を利用したキムチの品質特性およびがん予防効果」という研究論文を26日に発表した。

  この論文によると、韓国産の白菜で漬けた後4週間熟成させたキムチの弾力性は53.5%で、日本産(41.4%)を大きく上回った。また、熟成した韓国産白菜キムチの総菌数は日本産より少ないものの、酸味と炭酸の味を出す乳酸菌数は日本産より多く検出された。

  特にAGS人体胃がん細胞を利用した実験では、6週間熟成させた韓国産白菜キムチのがん細胞成長抑制率が57-77%と測定されたが、同じ期間熟成させた日本産白菜キムチは40-60%にとどまった。HT-29人体結腸がん細胞を利用した実験でも、韓国産白菜キムチのがん細胞抑制率は62-73%、日本産は52-63%と、韓国産白菜キムチの優れた抗がん効果が立証された。

  パク・ゴンヨン教授は「韓国産の白菜は日本産より水分が少ない半面、栄養分は多く含有しているため、こうした結果が出たようだ」とし「韓国がキムチ宗主国になるしかない理由を再確認した」と語った。』

笑ってはいけません。
本気で書いていて,ジョークではないようです。
パク教授は「韓国がキムチ宗主国になるしかない理由」を 誰かに求められて 研究するために どこかから研究費をもらったのでしょうか。
「宗主国」とは 普通には 「植民地や従属国を統治する(or  統治していた)国家」の意味で,韓国がどこかを統治したという話を聞いたことがないので 意味不明ですが,そこは大目に見るとして-大学で研究しなくとも 韓国がキムチの宗主国であることは 疑いもなく万人が認めるところです。
日本人が キムチ宗主国を目指すなどという話は聞いたことがありません。

但し,キムチ宗主国の国民であっても 韓国外のレストランで キムチを注文する無知さには目をつぶるにしても,キムチの持ち込み・喫食でクレームを受けることがないよう,慎むのがよろしいと思います。

|

« 蒸し暑さに負けて 半袖シャツ | トップページ | 今年の夏は,浴衣を着ようか。 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

持ち込みは何度か経験しています。そしてその多くが日本語も英語も理解できないのです。

投稿: yoko | 2011年7月 6日 (水) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蒸し暑さに負けて 半袖シャツ | トップページ | 今年の夏は,浴衣を着ようか。 »