« 食べ物と,認められた文明の関係 | トップページ | メロンは 切ってみないと分からない。 »

2011年6月13日 (月)

温暖化の記録

地球が暖かくなったと言われています。
60年ちょっと生きてきただけの私も 子供の頃に比べて 暑くなったと思います。

気温の変化は 本当のところ,定量的にどんなものだろうかと気象庁のホームページの記録を調べてみました。

1876年から2010年まで 135年間の記録がありました。

東京都(北緯 35°41.4’,東経139°45.6’)の気温データを135年分見ても どのように変化してきたのか判別不能なので グラフにしてみました。

Photo28 

左は 各年の 毎日の最高/平均/最低気温を一年分平均した値のグラフ。

右は 各年の真冬(2月)と 真夏(8月)の毎日の平均気温を更に月毎に平均した値のグラフ。

  • 五つのグラフとも温暖化の傾向を示しています。
  • 月(2月,8月)平均のグラフは変動が大きいようです。
  • 最低気温・年平均が気温上昇の傾向が大きいようで 135年で概略,5度ほど気温上昇が認められ,最高気温・年平均の上昇の傾向が小さく 概略 2~3度程度の上昇です。したがって 夏と冬の温度差が小さくなっています。
  • 特に この10年程度の温度上昇が大きい傾向はないようです。強いて言えば,後半 60年の上昇率が わずかに前半60年のそれより大きいと言えないことはないようです。

135年間での この気温上昇の 植物や北極海の氷に対する影響は大きいでしょうね。

|

« 食べ物と,認められた文明の関係 | トップページ | メロンは 切ってみないと分からない。 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 食べ物と,認められた文明の関係 | トップページ | メロンは 切ってみないと分からない。 »