« 今年初めての カキ氷 | トップページ | 蒸し暑さに負けて 半袖シャツ »

2011年6月27日 (月)

ポール・ニューマンの地味な二作品を-

レコーダーの 1TB ハード・ディスクが一杯になりそうなので ポール・ニューマン(Paul Newman,1925~2008)の二作品をブルーレイ・ディスクにダビングしました。

どちらも 派手さはありませんが,Cool で 好きな映画です。

Img_0311暴力脱獄』(‘Cool Hand Luke’,1967),邦題がセンスがなくて酷すぎますが,さて自分なら 何と付けるかと考えると難しいところです。
監督は スチュアート・ローゼンバーグ(Stuart Rosenberg,1927~2007),共演者は この映画で アカデミー助演男優賞を獲った ジョージ・ケネディ(George Kennedy,1925~ ),デニス・ホッパー(Dennis Hopper,1936~2010)。
難しいストーリーはありません。単純に 刑務所でのクールな男を描きます。

Img_0313Img_0314賭けに乗って,1時間にゆで卵 50個を食べるという どうでもいい,しかし重要なシーンもクールです。 

Img_0307評決』(‘The Verdict’,1982),医療過誤裁判の原告側弁護によって 立ち直ろうとする アルコール依存症の弁護士をポール・ニューマンが それまでの役とは全く違うタイプで演じます。

Img_0308Img_0310 
監督は シドニー・ルメット(Sidney Lumet,1924~2011),前年1966年に 何故か好きな 「グループ」(‘The Group’,キャンディス・バーゲン/シャーリー・ナイト出演)の監督をしています。
共演は シャーロット・ランプリング(Charlotte Rampling,1946~ )。

|

« 今年初めての カキ氷 | トップページ | 蒸し暑さに負けて 半袖シャツ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年初めての カキ氷 | トップページ | 蒸し暑さに負けて 半袖シャツ »