« 電力供給・移行計画は誰が? | トップページ | 扇風機を求めて広島に出たけれど- »

2011年7月17日 (日)

乗り入れ禁止はなし?

最近の報道から-

・ 6月17日から 仁川-成田路線に就航させる エアバスA380で,大韓航空が6月16日,島根県竹島上空のデモフライトを実施しました。
同機には 同社幹部や韓国メディアが乗っていました。

・外務省は6月24日,この領空侵犯に対し,韓国政府に「懸念」を伝達したと説明し,松本外相は記者会見で「竹島の領空を侵犯したことは,わが国の領有権に照らして到底受け入れられない。極めて遺憾だ。」と不快感を表明しました。

・松本外相は7月14日までに,領空侵犯したことに抗議するため,7月18日から1カ月間,全外務省職員に大韓航空機を出張などで利用しないよう指示しました。

上記 日本の対応に対し,韓国の反応は-

例えば 1ページ全段横ぶち抜きで 「地震被害への支援や韓流にもかかわらず,日本相変わらず独島に執着」という 相変わらずの勘違い見出しの新聞があったりで,コメントに値しません。

大韓航空は 1983年に ボーイング747で ソ連を領空侵犯して撃墜され,乗客・乗員全員 269名死亡の事件を発生させた反省がないようです。
この事件は 領空を侵犯した原因に不明な点がありますが,今回の竹島に対しては,日本が竹島を日本の領土と認識していることを知らないはずはなく(その国際法上の正当性に目を瞑っていても),韓国政府が関係していても それなりの覚悟があって然るべきです。

日本が撃墜することはないでしょうが,いつも優しい日本でも スクランブルをかけることくらいの予想はしてもらわないとまずいでしょう。

今回は 寛大な対応に終わりそうです。
外務省職員に対する指示と違って,残念ながら 大韓航空機の日本乗り入れ禁止を外務省一省の判断では実施できないのでしょうね。
たまたま間違って 領空侵犯したのではなく,確信的な領空侵犯の場合,乗り入れ禁止が当然の政府処置と思われます。

|

« 電力供給・移行計画は誰が? | トップページ | 扇風機を求めて広島に出たけれど- »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 電力供給・移行計画は誰が? | トップページ | 扇風機を求めて広島に出たけれど- »