« ホームメイド・マフィン | トップページ | Take Loha ? »

2011年9月 1日 (木)

世界陸上選手権大会,韓国開催の不思議

陸上競技が好きなので 世界陸上選手権大会の中継を観ています。
ボルトの100m決勝の失格は さておき,競技内容はそれなりに面白く楽しんでいます。

ただ 不思議なのは 開催国・韓国の状況です。(まだ 開催中ですが-)
特に 盛り上がることは必要ありませんが,どうも主催組織を除くと 本気さが感じられません。
どのような招致プロセスで 韓国で開催されることになったのか分かりませんが,国(国民・企業を含めて)としての取り組み状況が気になります。

○もっとも感じるのは 観客の少なさです。
日曜日でさえ 空席が目立ちました。
Weekdayの昼間の入りには 目を瞑っても, 夜になってさえも かなりの空き席があります。
織田裕二さんも 観客席のことには全く触れませんね。

○走り幅跳びの選手が 助走前に手拍子を求めても,それに応える手拍子が ほとんど聞こえません。

○それでいて,短距離のスタート前にざわつきが収まらず,毎回 注意を受けています。

○世界に進出する企業がありながら 競技場に掲げられている スポンサー企業名は ‘SAMSUNG’,‘POSCO’くらいで 日本企業の方が多く目に付きます。

○女子マラソンは 町中を3周するという 国際大会では珍しいコースでした。
このコースと町並みの整備をするのが精一杯だったのでしょうか。
町の景観・風景を世界に宣伝する絶好の機会と思いますが,このコースの他には 世界に見せて恥ずかしくないコースが設定できなかったのでしょうか。

いずれにせよ,陸上競技に対する国および国民の熱心度・関心度・親密度に疑問があり,この開催をきっかけに-
と言う段階に,まだ達してない気がします。

何故,開催を招致したのか,意図が不明です。

|

« ホームメイド・マフィン | トップページ | Take Loha ? »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホームメイド・マフィン | トップページ | Take Loha ? »