« ‘corners of a box’の発明者,逝く。 | トップページ | 祭りの前に »

2011年10月 8日 (土)

捻じ曲がったプライドは-

世の中には 理解できないプライド(?)を持った人がいます。

そういう人間だと気がついたら できるだけ接触しないようにします。
精神衛生上よくないし,無駄な時間を使うことに なるからです。

若いころ,会社で それまでほとんど接触のなかった同年齢の男に仕事の指示をしたことがありました。

彼の仕事の経験,知識・能力など ほとんど知りませんでしたが,新入社員に対するような説明をしなくともできるだろう(説明を省略した部分も 合理的思考・判断ができれば可能と考えて),疑問があれば 確認に来るだろうと簡単に指示を終え,彼は仕事を始めました。

一度も 質問・確認に来ることなく,従って 「なかなか デキルな。順調にやってくれているな。」と思いつつ 時間は流れ 彼は アウトプットを持って来ました。
期待したものと 相当違っていました。

「このやり方は おかしいので やり直して-」と 修正するように言ったところ,「言われた通りにやった。そのような指示は受けてない。やり直すつもりはない。」
-との答えでした。話を聞くと 指示されてない部分は,自身の裁量に任されているので とやかく言われる筋合いはない,との考えのようでした。

しばらくして 彼は 広島から 東京の本社に転勤することになり,打ち合わせのため 本社に出張しました。

人から聞いた話です。
彼は,東京駅丸の内正面玄関から 赤信号にかからなければ徒歩3分以内の本社まで,東京駅からタクシーに乗って行ったそうです。
理由は 「住所は知っていたが,場所を知らなかったから。」だそうです。
改めて 一緒に仕事をしたくない人間だと思いました。

尋ねられなければ 本社への行き方の説明(歩いて行ける距離にあるのだよ。)をしてやるような親切な人も会社にはいません。第一,「彼が本社に行くのが初めて」など 誰もわからないことです。

「分からなければ 聞けばいいじゃない。」
という感覚がなく,自分のやり方に何の疑いも持たない男でした。

おそらく この種類の性格は長く直らないものでしょう。

|

« ‘corners of a box’の発明者,逝く。 | トップページ | 祭りの前に »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

長くなおらないというのは、なおる可能性が皆無に近い、というところでしょうか?

指示して少し時間が経った頃、当人が他のことをしていたので指示したことが終わったのかと尋ねると全くしておりませんでした。
分からない部分があったのでやらなかったそうです。

また、知識がないことに対して、たぶんこうだろうと勝手にやってしまい間違っていても、知らなかったからこうしてみた、などど言う者も。これに関しては内容にもよりますが。

理解に苦しみます。

投稿: yoko | 2011年10月 8日 (土) 18時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ‘corners of a box’の発明者,逝く。 | トップページ | 祭りの前に »