« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月の30件の記事

2011年12月30日 (金)

‘GINGER ALE’ 3種。

アルコール類をほとんど嗜まず ソフトドリンクを飲むことが多く,ソフトドリンクなら ジュースかジンジャーエールです。
ジンジャーエールの銘柄などに拘りはありません。

現在,冷蔵庫にある3種です。

Img_1530左は ‘CANADA DRY’の “Cassis”。

真ん中は ‘SUNTORY’の “贅沢DRY”。

右は ‘WILKINSON’の “辛口”。

| | コメント (2)

2011年12月29日 (木)

山口県の蒲鉾

Img_1531

山口県宇部市に住む知人から 蒲鉾が送られてきました。

宇部市の「宇部蒲鉾(株)」製造の 『宇部かま』です。

同封の説明書から,特筆すべきこと-

・山口蒲鉾は,板の下から直火で焼く 「焼き抜き」の伝統技法で作られる。
・巻き蒲鉾「新川(しんせん)」は 50年近く使っている 「天然麦わら」の入手が今年の天災で困難のため,代替対策として プラスティック製ストローをしばらく使用。

これで 正月が迎えられます。

|

2011年12月28日 (水)

市から回答を得るには督促が必要?

Img_139112月初めに, 歩道に固定し 公共の道路を私有化している焼却炉に関して 呉市のホームページにある「市長へのメール窓口」から 管理者としての見解を尋ねました。

『・・・ 公共の道路の損壊・私有化は法治国として由々しき問題ですが,それより,もし,子供が触って 火傷したときの責任を 道路管理者として どのように考えているのか,お聞かせ下さい。』

3週間ほど経ちますが,まだ回答がありません。
言い訳を考えるのには時間がかかるかもしれませんが,正直に回答するのが難しいとは思えません。

2年前に 同じ窓口からの質問メールに 1ヶ月以上回答がなかったので 確認メールを送ったところ,すぐに返事がありました。

「1度目のメールには 回答せず,それで済めば なかったことにして 『ヨシ』とし,督促あれば 『本気』 と判断して 対処する。」 というルールがあるかのようです。

民間ならば 経営を危うくする虞がある対応です。

もう少し待って,あるかも知れないルールに則り 督促することにしましょう。 

| | コメント (2)

2011年12月27日 (火)

薄暮の洞海湾

所用で 北九州市若松区に行き,帰りに 若戸渡船乗り場の近くにある「上野ビル」3階の ‘ASA cafe’で お茶を飲みました。

Img_1525_2陽が落ちていく洞海湾を 窓から眺めていました。

洞海湾をタグボートが走っていました。

Img_1526

洞海湾の奥を望んでいます。

かつての 「死の海」も 今や絵になる風景です。 

| | コメント (1)

2011年12月26日 (月)

亀の井別荘「鍵屋」の御菓子

Img_1506大胆な,箱の表書きです。

由布院に行った九州の義妹から送られてきた 亀の井別荘「鍵屋」のお菓子です。

Img_1507中身は「巳次郎柿(みじろうがき)」と 「栗きんとん」でした。

Img_1512

先ずは「巳次郎柿」,戴きます。

「栗きんとん」の原料は 「栗」と「砂糖」のみでした。

| | コメント (0)

2011年12月25日 (日)

高橋真梨子の2010年 コンサート録画。

Img_1515

12月19日に NHK BSプレミアム で 高橋真梨子さんの 2010年のコンサート ‘Sing it!’ (2010/11/20 国際フォーラム)が放映されました。

Additional Time の 3曲を含めて 全25曲,2時間9分。
聴き応えがあります。

ダビング完了しました。
全曲名を無理やりプリントしました。

| | コメント (1)

2011年12月24日 (土)

金正日総書記の死去を受け,・・・

「北朝鮮の国連代表部は国連に対し,金正日総書記の死去を受け,総会(193ヵ国)の本会議で黙とうをするよう要請した。」そうです。
(議長が許可したが,22日の黙祷では 日本,韓国,欧米など2/3以上の国がボイコット。安全保障理事会への黙祷要請は 議長国ロシアが拒否。)

当事国が 「要請」する感覚が理解できません。
何たる厚顔無恥,この無神経さ,厚かましさは朝鮮民族特有のものでしょうか。

「拉致事件」,「大韓航空機爆破事件」,「ラングーン爆破事件」,「偽ドル製造」,「麻薬(覚醒剤)製造・輸出」などの凶悪(テロ)事件を指示,あるいは 金日成時代に計画立案した主犯,本来なら国際指名手配されて当然,捕まって裁かれれば死刑が当然の容疑者の死に対して 国連総会で黙祷するのは,ブラックユーモアです。

韓国を含めた彼の民族の不思議さは 語り尽くせませんが…。
世間の声を少し・・・。

・「イ・ユンギ(韓国人小説家,翻訳家):相手が日本人ならば,韓国人は ちょっとやそっとは無礼であっても構わない,との通念がある。
(やはり,そうでしたか。確かに 日本に来る韓国人旅行者の態度に,そう感じることが 度々あります。しかし,世界中の人々が「無礼」 と感じているのも間違いないようなので,もともと「礼」が存在せず,特に日本人に対してのみ無礼とはならないのかも知れません。)

・「中国ブログ:‘独島(竹島)は韓国の領土’とアメリカの新聞広告に載せたことに対して-『 どうせなら ‘宇宙は韓国のもの’ と載せたら・・・。』
(韓国人の特性を捉えた非の打ちどころのないコメントです,脱帽。「東海」の件も どこかの国が間違えて認めれば,そのうち世界中の海を韓国中心の名前にしろ,と言い出しかねませんね。)

・「中国ブログ:朝鮮民族が誇れることが一つあるとするなら,大和民族と中華民族に挟まれながら,今まで生き延びてきたこと。
(かなり,ぶっそうですが,中国人からすれば そういう民族だということですね。そのような微妙な境遇における生存の知恵から 現在の朝鮮の民族性が形成されたとするなら,同情すべきところもありますが,先進国の仲間入りを目指すのなら 考えを変えたらどうでしょう。「今まで 長い間,虐げられてきたんだから,‘ちょっとやそっとは’不遜・傲慢・尊大・偏狭であっても許される。」 と思っているかのようにしか感じられないのは寂しいことです。過去の朝鮮民族の統治者がどのように朝鮮を治めてきたのか-から正しく歴史を学び始めては如何でしょう。少なくとも,慰安婦問題を正しく歴史評価する自国教授を土下座させて当然とする体制・風潮が続くようでは,外国は まともに相手にしようがありません。)

・「朝鮮日報アンケート(2010) 『韓国の国力は日本に追いつくことができると思うか?』に対して- 29.1%:「5~10年で日本に追いつく」,24.8%:「10年以上かかる」,16.4%:「5年以内に追いつく」,13%:「韓国はすでに日本と同等の国力を有している」
(正しい歴史認識を通じて己を知ることが必要です。国力の程度で 外交態度は変わらないので,無理せずに。 )

・「環球時報アンケート(2010) 『韓国が日本に追いつくにはどれくらいの時間が必要か?』に対して- 93.9%:「永遠に不可能」,1.2%:「5年以内」,0.4%:「5~10年以内」,4.5%:「10年以上」
中国人は ほぼ冷静で,妥当な結果でしょう。)

| | コメント (0)

2011年12月23日 (金)

この紅い実は-

Img_1502

Img_1496知人のお宅の庭の 「ハナミズキ」に,紅い実が 12月に入っても 残っていました。

家人が 枝を もらって帰りました。

| | コメント (1)

2011年12月22日 (木)

氷見のブリではなく・・・

「何か食べたいものある?」 家人の問いに
「焼き鯖」 と答えました。

Img_1472で,焼き鯖と 刺身です。

近所の魚屋に 地元・広島の鯖と 氷見の鯖があって,「氷見の鯖」を選んだそうです。

氷見は 鰤だけではないことを知りました。

鯖も結構でした。

今年も 去年に続き 氷見の鰤は豊漁とのことなので,この正月こそ 安い「氷見寒ぶり」を手に入れたいものです。

| | コメント (0)

2011年12月21日 (水)

ペーパーマルシェ・オーナメント

Img_1427

家人が 広島・東急ハンズで買ってきた 「ペーパーマルシェ・オーナメント」(箱にそう書いていました。)です。

Img_1439洒落た箱に入っていました。

さて,これを何に付けるのでしょう。

Img_1452

アドベント・カードもありました。

もうすぐ クリスマスです。

| | コメント (0)

2011年12月20日 (火)

韓国と付き合うのは・・・。

選挙を控えた韓国・李大統領の訪日,韓国の最高裁の,韓国政府の対応に対する違憲裁定,日本大使館前の少女像設置などが重なって,韓国の日本への元慰安婦への謝罪・保障要求が このところメディアを賑わせています。

日本政府は 「法的に解決済。」と,ほぼ正しい対応をしています。
李大統領は 「法以前の国民感情の問題だ。」との発言をしましたが,過去,十分に国民感情を考慮した対応をしてきた日本としては,反日教育を続ける韓国の国民感情に付き合い続ける筋合いはありません。
そもそも 「法以前・・・」は,法を守っている前提で言える台詞でしょう。

「大声」 と 「繰り返し」の幼児のような要求が 「論理」と「法」に勝る国への対応は,「相手にしない」しかなく,日本政府は 「法的に解決済」 として無視するしかないでしょう。
そもそも 謝罪や補償すべき,日本の,国としての,当時の法に照らした犯罪行為があったかどうかは,それを証明する書類がなく (「証拠」があると,現存する当時の書類に特定の解釈を加える人もいるようですが),日本国内では議論の分かれるところです。

疑問を表明すれば 犯罪人になる(?)韓国では,議論は分かれようがありませんが,もし 当時の国(軍)による拉致・強制の証拠が残っているとするなら,冷静・合理的に調査・分析して 証拠を携えて要求しましょう。
「大声」,「少女像」(首脳会談での「もっと建つ」 との「恫喝」を含む),「『日の丸』焼き捨て」など,自国の品格(もしも そのようなものが元々あるなら)を自ら貶めるこの国に 日本は対応できません。

と,言っても,寛大で慈悲深く,ウィーン条約の 「外交公館の『安寧の妨害または威厳の侵害を防止する適当な措置』を取る『特別の責務』が受け入れ国にある」 に違反し,日本大使館前の非礼 かつ 道路管理者不許可の像を撤去しない,法治国家とは言い難い国の大統領との会談を拒みもせず,どのような隣国であっても まともに付き合おうと努める日本は,「もしかして 犯罪行為があったとしたら」として,既に 謝罪・保障(韓国政府が別件に使用して 個人へは支払ってないにしても,それは韓国の国内問題)を済ませているので,無視するしかなく,さらに言えば 1965年の「日韓基本条約」(個人賠償請求権の放棄で合意)違反となるので,証拠が出てきたところで要求に応じることは あってはならないでしょう。

| | コメント (0)

2011年12月19日 (月)

‘Mission:Impossible/Ghost Protocol’を観た。

Mi_b盛んに流されるテレビの宣伝に 乗って,早速  17日に観てきました。

ドバイの ブルジュ・ハリファ タワー の壁面でのスタントだけでも観る価値がある(?) ミッション・インポッシブルの第4作です。
Mi_cMi_a

ドバイでのプレミアが12月7日,アメリカと日本は12月16日に公開,他の国は12月21日の公開です。

ストーリーは かつての ‘007’風ですが,説明的会話のシーンが少なく,眠くなる暇もなく楽しみました。

ドバイと言えば,30年近く前に 2,3泊しましたが,港の風景と,どこかの首長の屋敷を思われる建物の写真を撮ろうとして ガードマンに自動小銃を向けられたことくらいしか記憶にありません。
近代化されたものです。

| | コメント (0)

2011年12月18日 (日)

10号だけ発行された フリーマガジン

Img_1474Img_1475

雑誌を整理していて 一冊のフリーマガジンを見つけました。
表紙らしくない表紙がおもしろく,2009年に関東から広島に転勤になった頃,豊洲のショッピング・モールで見つけた ‘Vol. 9 autumn & winter 2009,Krash japan’でした。

日本語と英語が併記され,写真・イラストなど cool です。

どのようなフリーマガジンかと調べてみました。

発行:倉敷市児島 ‘asianbeehive,inc.
初刊:‘Vol. 1 autumn & winter 2005
終刊:‘Vol. 10 sprng & summer 2010
配布場所:東京,名古屋,京都,大阪,岡山,広島,London,Manchester,Paris,Reykjavik,New York,San Francisco,Mexico,Singapore

2010年の Vol. 10 が最後の発行でした。

Img_1476_2Img_1484_2

Vol. 9 の特集は 表紙の写真で紹介している 倉敷市の「トリオ食堂」で 全72ページの半分以上を占めています。

Img_1481

その他のコンテンツの一つ (日本語タイトル)「倉敷のアーティストが海外で露店を開いた」です。

| | コメント (1)

2011年12月17日 (土)

Ötzi と 地球温暖化

12月11日,会期を延長して COP17が終了しました。 地球温暖化対策に関して「将来への希望を残して」いますが,具体的規制はとれない状況のままです。

地球温暖化が,広く 世界的に問題にされ始めたのは いつ頃のことでしょうか?
つい,最近のような気がします。

Wikipedia によれば 「1988年にアメリカ上院の公聴会における J.ハンセンの『最近の異常気象,とりわけ暑い気象が地球温暖化と関係していることは99%の確率で正しい』という発言が,『地球温暖化による猛暑説』と報道され,これを契機として地球温暖化説が一般にも広まり始めた。国際政治の場においても,1992年6月の『環境と開発に関する国際連合会議(地球サミット)』にて気候変動枠組条約が採択され,定期的な会合(気候変動枠組条約締約国会議,COP)の開催が規定された。」 とあります。

私が 温暖化を意識したのは ほぼ上記と同じ 20年前の1991年9月に オーストリアとイタリアの国境付近のアルプスの氷河で,男のミイラ,Iceman が発見された時でした。
それまで 氷の中で眠っていたミイラが,気温の上昇で氷が溶けたために姿を現し,約5,300年振りに空気に触れたのです。

エジプト・ギザのクフ王のピラピッドが建設されたのが 約4,500年前,シベリアで 時折り 発見される(これも氷が溶けて)マンモスのミイラが 生きていたのが15,000年前と言われています。とにかく,大昔に,閉じ込められ(死んだ後)5,000年以上 誰にも見つからず,氷の中にあったのです。

Iceman は 火打石を刃にしたナイフと伴に,イチイを柄にした銅製の斧を持っていました。
青銅器時代は メソポタミア/エジプトで 5,500年前頃からと言われていますが,ヨーロッパのこの地方にも 既に伝わっていたようです。

このミイラの男は 発見された場所(‘Ötztal Alps’)に因んで,‘Ötzi the Iceman’と呼ばれています。
2005年に愛知県で「アイスマン展」と題した展示会が開催されました。

温暖化は別として,このミイラとなった男の素性/生活,死亡の経緯に興味があります。
推定年齢:45歳,身長:165cm,持ち物:「火打石のナイフ」,「銅製の斧」,「14本の矢が入った矢筒(2本の矢は折れており,12本の矢は未完成で鏃がない。)」,「『いちい』の作りかけの弓(L≒1.8m)」,その他発火道具等。
死因は 肩に矢が当たっての失血死が有力のようです。
何故,3,000mを超えるこの地に埋まっていたのかについては立証されていません。
当初は 「追っ手に撃たれた逃亡者。」,「部族間の戦いで撃たれた。」 というのもありましたが,最新の研究では「麓の戦いで死に,数ヶ月後に現場に埋められた」 という説もあるようです。

温暖化の話にもどると-
発見場所に 碑が建立されました。その頃はまだ万年氷の場所で 当初の写真では明らかに周りは氷で覆われていました。
2005年の写真( http://en.wikipedia.org/wiki/File:Oetzi_Memorial.jpg)では 氷は見えず,岩が見えます。

今後,まだまだ 各地の氷の中から 新しい発見が続くことが予想されますが,人類の生活からすれば 望ましくはありません。

| | コメント (0)

2011年12月16日 (金)

この 「ドンキーコート」の持ち主は?

Img_1443VAN Jacket の 「ドンキーコート」 です。

5,6年前に買って この季節,毎日のように着ています。
着ているのは 家人です。

男物のMサイズの袖を詰めています。

それなりの歳の主婦が,普段,買い物などに行く時に,ちょっと羽織るコートを選ぶのは なかなか難しいものです。
40年前の学生達に親しまれたこのコートを 家人は愛用しています。

そろそろ寿命なので 次を探しているようです。
今年の VAN Jacket は ダウンのドンキーコートで,昔からのデザインで,生成りの色を探すのは難しそうです。

| | コメント (0)

2011年12月15日 (木)

誕生日の夕食は自宅で。

63回目の誕生日の朝,家人に食事はどこにするかを尋ねられ,自宅としました。
但し,メインは 日頃,魚主体の夕食なので 「ラムのロースト」をリクエストしておきました。

Img_1456_2Img_1464

前菜は 「鯛のカルパッチョ」 と 「グリーン・ペッパー ソーセージ & 生ハム」,
スープは「牛蒡のポタージュ」でした。

Img_1469メインは リクエストどおり 「ラム・チョップのロースト」。
スパイスが効いています。
(スパイスは-パセリ,オニオン,バジル,マジョラム,ベイリーフ,タイム,ローリエ,ガーリック,マスタード そして 岩塩,だそうです。)

ここ呉市で ラムを入手するのは 簡単ではなく,何軒か肉屋を当たって やっと見つけたそうです。
そう言えば,2年前に関東から戻って 自宅で食べる初めてのラムでした。

ご馳走様でした。

| | コメント (0)

2011年12月14日 (水)

「・・・だと?」というタイトルで。

またしても 韓国・中央日報ネット版のコラムに 『‘馬鹿’な 韓国人を教えなければいけないだと?』 という興味をそそる,しかし,上品ではないタイトルの読み物がありました。

つい,読んでしまいました。

要旨は-
・今年5月に ソウルで米韓の専門家による「核安全保障」に関する討論が行われた。
・その時,韓国出席者の熱弁中,米シンクタンク所属の研究員Aは 何度もあくびをしたり,退屈そうに遠くの山を眺めたりしていて,ついに隣の同僚にメモを書いて渡した。
・一部の出席者に そのメモが見え,「韓国の専門家たち,やはり馬鹿だ(clueless)」と書いてあった。
・米国で 「韓国通」と言われるAの口癖は 「我々は韓国人を教えなければならない。(“We have to educate Koreans.”)」,時々 「韓国は我々 米国人が知っている方式の民主主義ではない。(“Korea is not a democracy of the way we know democracy.”)」と発言するというのが ワシントンDC学界関係者の話。
・米国の学界関係者は 「韓国人はいつも米国人専門家を招請してこそ形になると思っているようだ。」と指摘する。
・問題は こうした認識を Aのような人たちが悪用すること。
・今は もう 米国現地専門家の玉石も分ける時代になった。
・(結びは 原文のまま)「少なくともAのような人たちが ‘知りもせず’に韓国を見下すような状況をつくるのは避けなければいけない。 お金をかけてまでカモにされる必要はないではないか。」

英語版では どう書いているのだろうか,特に タイトルを,と思って 英語版をかなり遡ってみましたが 本「コラム」は見つかりませんでした。
当事国に分かるように主張しないで,日本人に読んでもらっても仕方がないですね。
日本人で,韓国人との会議に出席して,Aと同じような態度と行動を取ったことのある人は無数に(?)いるでしょうから( 私も そうだったかも知れない), 暗に日本人に言いたかったのでしょうか。

「知りもせずに・・・」 ではなく,「知っているから」 ではないでしょうか?

聴くに値しない熱弁を遮らず,メモを渡したのは 紳士的と褒められていいでしょう。

又,アメリカの上院や下院で  催涙弾が破裂したことはないでしょうから,違う democracy は確かかも知れません。

因みに ‘clueless’ を英和辞典では 「手掛かりがない,何が起こっているのか全く分からない,無知な,何にも分かっていない,察しが悪い,(頭が)鈍い」 と訳しており,
例文で ‘You're clueless.’(あなたは 何も分かっちゃいない。)とありました。
「馬鹿」と 訳すのは 卑下し過ぎかもしれません。

| | コメント (0)

2011年12月13日 (火)

韓国が台湾に・・・

久しぶりに 韓国・中央日報ネット版を,相変わらずかな,と思いつつ 覗いてみました。
「相変わらず」でした。

12月6日付け 「コラム」で 『‘裏切り者’韓国,台湾を見直すべき』 というのがありました。 タイトルからしてまともな新聞のそれとは思えず,内容も変です。
台湾の新聞が 『‘裏切り者’韓国を見直すべき』と題して 「酷い背信行為から20年も経って 十分 反省しているようだし,いつまでも恨みに思わないで もう許してやろうじゃないか。」 という趣旨で書くのなら,真偽は別にして,更に,台湾の新聞が このような下品なタイトルをつけるかどうかは別にして,筋は通ります。

で,この変なタイトルのコラムは何を言いたいのか,箇条書きにしてみました。
隣国を代表する新聞が,輿論をどのようにリードしようとしているのか,安全保障上(?)の勉強です。

・筆者は台湾を訪問。現地韓国人事業家・李氏が台湾人を語る話として書かれている。
・台湾人は野球だけは韓国に勝ちたがっているが,いつも負け,断交当時の韓国人への反感がよみがえる。
・‘裏切り者’ 韓国への 「しこり」が残っているが,経済が 2000年代に入って韓国に逆転され,さらに差が広がって 「うらやましい」 という気持ちを超えて 「妬み」が発動する。
・「韓流ブーム」は,表面上は 非難しながらも,内心は好きという愛憎の心理となって,もっと韓国と友達になりたがる。
・韓国は 中国を重視して 台湾から遠ざかっている。
・貿易量からすると 台湾は 中国,米国,日本に次ぎ,均衡と補完の完璧な貿易形態にある。
・(最後は 本文そのまま) 「とにかく台湾にとって韓国は『裏切り者』だ。 私たちがまず手を差し出して,頭の中から消された台湾をまた元に戻す必要がある。 それが韓中修交20年,台湾に借りを返す道だ。 今ためらえば150億ドルの輸出市場と友人になる機会は永遠に訪れないかもしれない。」

大した自信です。流石,自尊心の国です。
台湾人が読んで どう感じるかなど一顧だにない,驕り溢れる書き方です。

最後の文章は 特にスッキリとは腑に落ちません。
結局,いつでも,どこでも,誰に対しても「お金」しかないようです。

同じ内容でも 立場と書き方を工夫すれば 何とか読めるコラムになるのでしょうが,民族性の故か,愛国教育の故か,無理のようです。

| | コメント (0)

2011年12月12日 (月)

来年のカレンダーを作った。

12月になって 家人が,来年は洒落たカレンダーが欲しい,と言いました。
既製のものを買うのは気が進まないし,宣伝用も 最近は気に入ったものが手に入りにくくなったので,洒落たものになるかどうか分かりませんが,自分で作ることにしました。

Img_1412

素材はパソコンに残っている写真から選びました。

写真部分は A4の写真用光沢紙を,カレンダー部分は 通常の コピー用紙を使い,2枚を貼り合わせて ほぼ A3サイズ としました。

Img_1417Img_1416

 

Img_1420写真選びから 糊付けまで 3~4時間ほどかかって,テーマの無い,歳相応の 落ち着いたカレンダーが出来ました。
それぞれの写真のシーンが記憶にあるものなので,懐かしいカレンダーになりました。

Img_1422壁に掛けたところです。
家人も ほぼ満足しているようです。 

| | コメント (1)

2011年12月11日 (日)

ある師走の土曜日。

あっという間に 12月です。

「歳をとると 月日の経つのが早い。」
「歳老いて 時間が経つのが長かったら耐えられないから,神様がそう感じるようにしているに違いない。」と,無神論者も呟く12月です。

Img_1402土曜日の昼前,町に買い物に出かけました。

ドアには 今年も 家人手作りの クリスマス・リースが掛かっています。
今年は 「薩摩杉」の枝を 一本しか買わなかったので ヴォリューム不足だそうです。

Img_1404ここ呉市は,この冬 一番の寒さでした。

蔵本通りの銀杏は 車道側は すっかり葉が落ちていますが,歩道側は まだ残っていました。
日当たりの差でしょうか。

約7,000歩の買い物を終え,帰宅しました。

Img_1408帰宅後の遅い昼食は リンガーハットに勝る(?)家人の
「皿うどん」でした。

| | コメント (1)

2011年12月10日 (土)

新聞によりますと-

12月6日付け新聞によると-
朝日新聞社員を現行犯逮捕 パトカー内で巡査の頭蹴る
の見出しで
 「警察官を蹴るなどしたとして、埼玉県警東松山署は6日,公務執行妨害の現行犯で, ・・・, 朝日新聞社東京本社xxx次長,C 容疑者(44)を逮捕した。」
とありました。

飲食店の従業員を殴り,110番通報で駆けつけたパトカーの中で助手席の巡査の頭を後部座席から蹴り,公務執行妨害で逮捕され,さらに警察は傷害容疑も立件する方針だそうです。

「朝日新聞社広報部は 『本社社員が逮捕されたことを受け止め,厳正に対処する』とコメントしている。」 そうです。

そう言えば
10月13日付けの新聞にもありました。
朝日新聞社員を傷害容疑で逮捕 電車内で男性殴る『目があった』
の見出しで
 「電車内で隣に立っていた男性を殴ってけがをさせたとして,警視庁玉川署は,傷害の現行犯で,・・・,朝日新聞xxx主査,T 容疑者(46)を逮捕した。同署によると,『男性と肩や肘がぶつかった後,目があって殴った』 と供述,容疑を認めている。」
とありました。

「朝日新聞広報部は 『本社社員が逮捕されたことを重く受け止め,厳正に対処します』 とコメントした。」 そうです。

12月6日も 同じコメントでした。
綱紀の緩み,驕りなど 組織の問題と捉えず,個人の問題として,12月6日のコメントにも 組織としての対策はとるという話はありません。

2ヶ月間に,本社勤務の,それなりの立場と年齢の二人が傷害事件を起こすのは 偶々なのでしょうか。
簡単に言えば 「まともな大人ではない人間がいる(いた)新聞社」 と 言われてもしかたがありません。
いずれも酒を飲んでの犯行です。
が,酒は言い訳になりません。

| | コメント (1)

2011年12月 9日 (金)

ある交通事故の,海外での報道のされ方

12月4日(日),中国自動車道で 福岡から広島に向かう フェラーリなどを含むスーパーカーの一団が,山口県で 大規模な多重衝突(追突)事故を起こしました。

死者,重傷者は一人もいませんでしたが,何台もの 車が破損しました。

日本で起こった自動車事故が外国でニュースになるのはよほどのことでしょうが,この事故は 各国で報じられました。
ネットニュースの見出しを覗いて見ました。

いづれも 事故に関わる金額に拘っています。

World’s Costliest Crash?! Eight Ferraris, Lamborghini in Japan damage could exceed $3 million
by Taiwan News

Eight Ferraris, Lamborghini in Japan luxury car pileup, damage could exceed $1 million
by The Washington Post

In Japan, 8 Ferraris Reportedly Involved in Sunday Smash-Up
by The New York Times
    記事には-‘one of the most expensive automotive accidents ever recorded’,
    ‘Damage among the 14 vehicles involved in the crash has been estimated at more than 300 million yen, or roughly $4 million.’ と金額の記述があります。

Ferrari crash: Fender-bender of the vanities
by The Boston Globe
     これにも ‘Nobody was killed or seriously injured in the accident, but the owners of the cars suffered losses of around $4 million.’ とあります。

Ferrari pile up: Police brand drivers in £2.6 million supercar smash a "gathering of narcissists"
by Mirror
     これには 詳しく ‘Eight Ferraris, three Mercedes and a Lamborghini were caught up in the 14-car smash which is though to have cost around £2.6 million, making it one of the world's most expensive car accidents.’ と 皮肉なタイトルに加えられています。
動詞としての‘brand’の訳は 「烙印を押す」のようです。警官のコメントが見出しです。

Astonishing accident involving eight Ferraris 'world's most expensive car crash'
by The Telegraph
     この記事には 日本のスーパーカー・オーナーの実情が書かれています。
     ‘Supercars are not necessarily owned by the super-rich in Japan. Many owners are young people who save up their earnings to satisfy their dream, according to media.’
     きっかけとなった先頭車のドライバーは60歳とのことでしたが-。

World's most expensive accident? Eight Ferraris, a Lamborghini, and two Mercedes
by The CHRISTIAN SCIENCE MONITOR

Supercar crash totals £2.5m
by THE Sun

14 supercars in $3M Japan pileup
by NEW YORK POST

The 'most expensive car crash in history': By the numbers
by THE WEEK
     この記事は タイトルどおり,事故に関わる数字を示しており,ユニークです。
     ・14 : Number of cars involved in the crash. A police officer responding to the collision deemed it a "gathering of narcissists."
     ・ 8 : Number of Ferraris involved in the crash. The models appear to be F355s, F430s, an F360, and an F512 of some type.
     ・  3 : Number of Mercedes-Benzes
     ・  1 : Number of Lamborghinis
     ・  1 : Number of Priuses
     ・  1 : Number of Nissan Skylines
     ・ 10 : Number of people treated for minor injuries as a result of the crash. No one suffered serious injury.
     ・ $3.85 million : Estimated value of the damaged cars
     ・ At least $1 million : Estimated damage caused by the crash
     ・ 85 to 100 : Estimated speed, in mles per hour, that the cars were traveling, according to an eyewitness
     ・More than 6 : Hours it took to clear the roadway of the wreckage
     ・  3 : Months in prison faced by the 60-year-old man suspected of causing the pileup
      最後の数字はきついですね。

その 推定被害金額の大きさ故に 世界的に報じられた交通事故でした。
「歴史上,最高被害額の自動車事故」 と 褒められないタイトルが並んでいます。

pileup’は 「玉突き(多重)事故」 です。

| | コメント (0)

2011年12月 8日 (木)

かつて “WiLL” というブランドがあった。

会社で使っている,会社支給の鋏を何気なく見ていて,ふとオレンジのマークに気が付きました。

Will_bWill_a

小さくてよく見えませんが,老眼鏡を掛け,目を凝らして見ると ‘WiLL’ でした。
こんなところに ‘WilLL’があったと驚きました。

ウィキペディアによれば 「WiLL(ウィル)は、1999年8月2日から2004年6月にかけて行われた日本の異業種による合同プロジェクト名である。商品の全てが『WiLL』のブランド名とオレンジ色のロゴで統一されていた。」

このプロジェクトは トヨタ自動車が発起人となって 「花王」,「トヨタ自動車」,「アサヒビール」,「松下電器産業(現パナソニック)」,「近畿日本ツーリスト」 の5社で開始され,その後 「江崎グリコ」,「コクヨ」が参入しました。

鋏は 「コクヨ」の製品でした。

今でも 時折り,トヨタの ‘WiLL CYPHA(サイファ)’を見かけることがありますが,その他を目にすることは ほとんどありません。

但し,我が家では 毎日,使っている‘WiLL’があります。
松下の 電子レンジです。

WiLL’は各メーカーがそれぞれの会社のひとつのブランドとして販売していましたが,唯一,表参道の青山通りに近い場所に 各メーカーの‘WiLL’ブランド をまとめて陳列している ‘WiLL Shop’がありました。トヨタの ‘WiLL Vi’(?)もあったと思います。
約10年前,我が家の 電子レンジは そこで注文したものです。

| | コメント (0)

2011年12月 7日 (水)

40年間,変わらないもの。

気に入ったものがあっても 10年も経てばデザイン変更されたり,作られなくなったして 同じものが手に入らなくなることは よくあることです。

就職した年に 初めて買って以来 買い続けて 40年間,デザインが ほぼ変わらないものが 二つあります。

Desert_boots_colaRayban




一つは ‘Clarks’の “Desert Boot”,もう一つは ‘Ray-Ban’のサングラス “Outdoorsman” です。

Outdoorsman” は,40年間で買ったのは 三つですが,“Desert Boot” は数えられません。

Desert Boot” は 2009年に 発売開始から 60年を迎え,Anniversary Collection を発売しました。60年以上 同じデザインを作り続けています。
学生時代(\300/$ の時代,£は不明)には 高価で買うことができませんでしたが,就職してすぐに買って以来 今まで40年間に何足買ったか分かりません。

Baracuta の G9(ハリントン・ジャケット)は 1937年から70年以上 作られ続けています。
高倉 健さんが愛用しているのは有名ですが,最近出演した映画のクランクインのレポートでは Tan (おそらく)のG9,クランクアップには Navy の G9 を着ていました。
Brand を代表する製品は 長く作られ続けてほしいものです。

変わってほしくないけど 変わったものは Hartmann の鞄です。

Leather2Tweed2これは 15年ほど前の Hartmann Luggage のカタログです。

当時,代表的な “Belting Leather Collection” と “Tweed Collection” 。
これらのCollectionは 品質をキープしながら 同じデザインで どれだけ残っているでしょうか。 

| | コメント (0)

2011年12月 6日 (火)

韓国の受験

韓国の「大学修学能力試験」の日の非尋常さは 毎年,日本のテレビ・ニュースで紹介されるくらい有名です。
但し,遅れそうな受験生を白バイやパトカーで運ぶくらいしか知りません。

11月16日の 日経ビジネスONLINE に 「年に1度、韓国中が緊張する日が来た」 というタイトルで 趙 章恩さんが書いている記事を見ると,他にも 日本では考えられない韓国マナーがあって驚きました。

・チェジュを除く全国で,公務員と大手企業の出勤時間が10時に遅らされた。

・リスニングテストがある「午前8時40分から8時53分まで」 と 「13時10分から13時30分まで」は騒音防止のため,空港は飛行機の離着陸を規制した。

・混雑を防止するため,試験会場の半径200メートル内には車が入れないようにした。

・不正防止のため,試験会場に入ると全受験生に同じシャープペンシルと消しゴムを支給する。本人の筆記道具は使ってならない。

・試験後は 受験票マーケティングが待っている。受験票を持参すると-
     レストランやデパートなどが割り引きしてくれる。
     ディスカウントショップではパソコンを20%割り引き。
     カフェでコーヒーを1杯注文すれば,もう1杯が無料になる。
     ファミレスでは料理が半額になる。
     ピザの出前は30%割り引きしてくれる。
     格安券で有名なチェジュ航空,イースター航空などは1月末まで東京・大阪・名古屋など日本行き航空券と国内線を,受験生向けに50%引きする。

過保護と言うべきでしょうか?
根本的に何か おかしいのでしょうね。

| | コメント (0)

2011年12月 5日 (月)

携帯電話で使える機能は?

7年ぶりに mova の携帯電話を FOMA のそれに換えて,機能が増え,新しい機能を積極的に使うつもりはないのですが,何かを触って 分からない画面が現れることがあって困ります。

そもそも 待ち受け画面の上部に出るアイコンの意味が分からず,絵も小さくて老眼では見えようもないので困っています。
マニュアルを見ると アイコンが 30 あり,その説明に マニュアル 4 ページを占めています。
そのあたりは 置いといて-

メールを見ていて,「メール読み上げ」機能を発見しました。

「ホンマかいな。」(何故か,大阪弁で思って-) と,試してみると 若い(?)女性の声で,かなり正確な抑揚とスピードでメールを読んでくれます。

これなら 周りに人がいないときは 老眼鏡をせず,メールの確認ができます。

どの程度 正確に読む能力があるのだろうかと,「端」,「橋」,「箸」 とPCからメールして 読み上げてもらいました。
区別をつけて,正しいアクセントで読んでくれました。よくできています。
ついでに 「下記」,「柿」,「牡蠣」 を読んでもらいましたが,間違いありません。

これなら ひょっとすると 英文も読んでくれるかも知れない,と 「まさか」 とは思いながら 英文を送って 試してみて 大笑いしました。

アルファベットを一文字づつ 「エス・エイチ・イー,アイ・エス,・・・」 と かなりのスピードで読み上げます。能力は理解できましたが,これでは 意味を理解できません。

それは それでいいのですが,‘the’ だけは 「ティー・エイチ・イー」 とは読まず,「ザ」 と言います。 不思議です。
開発者が 最初に ‘the’ だけ 開発して,後は面倒で止めた,と言うことはないでしょうね。

| | コメント (1)

2011年12月 4日 (日)

気に入った ニットのヴェストがない。

Img_1394Img_1397

コート無しのスポーツコート(替え上着)の下に着るニットは タイ無しの時は Vネック・セーターで構いませんが,タイをする場合,ボタン付きのヴェストが,拘りです。

色は グレイが何にでも合うので 都合がよく, 約20年前に買った Brooks Brothers の ニット・ヴェスト を着続けています。
そろそろ買い替えの時期と思い,ついでに 薄茶色も加えようと思い 探していますが,気に入ったものが まだ見つかりません。

細い糸で編んだ布のような さらりとしたニット・ヴェストは スーツには合うかも知れませんが,ツィードのスポーツコートには やや厚手の,できれば ロープ編みが配されているのがいいのですが,なかなか今の時代,見つかりません。

| | コメント (1)

2011年12月 3日 (土)

師走に入り,早速 忘年会。

12月1日,勤務先所属部門の忘年会が早々と催されました。

20111f会場は 「海軍さんの料亭」のキャッチコピーの 呉市本通2丁目の 「五月荘」。
創業 明治36年(1903年)の日露戦争前年で,ここ呉市で 戦前から残る唯一の料亭です。

戦前は 海軍の将校が出入りした料亭で,秋山真之が描いた海図が残されているとのことですが,見忘れました。

山本五十六も ここで飲んだことがあると思います。

メンバーは十数人でしたが,通された部屋は 3階の舞台付き,80人は収容できそうな大広間でした。

20111a_220111b

部屋には 「戦艦 陸奥」の写真と 「帝国連合艦隊観閲式(?)」の絵の写真が飾られていました。この観閲式の絵には 上空に 飛行船が描かれていて 大正時代ではないかと推察されます。

20111d不調法にして ノン・アルコール/カロリーのALL-FREE で付き合いました。

20111eお開きの前に,女将の 「音戸の舟唄」の舞が披露されました。

海軍将校の気分でした,ってことはないですね。

   

| | コメント (2)

2011年12月 2日 (金)

道路は あなたのモノ?

Img_1391不思議な光景です。

呉市寺本公園付近の歩道に置かれた個人の焼却炉です。

この道路が 市道か県道か分かりませんが,公共の道路であることは間違いありません。

Img_1392歩道のアスファルトを削って 焼却炉の脚をセメントで固定しています。
ご丁寧に 2箇所の蓋にはロックを付けています。

これを 道路管理者が認めることは有り得ないと思いますが,どんなものでしょうか。

これほど堂々と設置しているものを管理者が知らないはずはないと考えられるので,見解を聞きたいものです。

とりあえず,市の土木課に問い合わせてみましょうか,子供が触って火傷したときの責任は,この焼却炉の持ち主のみに帰する,とするつもりなのかと合わせて。

| | コメント (1)

2011年12月 1日 (木)

「過則勿憚改」ではありますが…

大阪市長選の前に,発行部数 上位を占める週刊誌 二誌が,何を意図してか,誰の指示か,誰の援護射撃のつもりか,単に 野次馬根性につけ込んで売上部数を増やすためか,橋下さんの出自に関して,内容・時期など総合して品性下劣としか言いようにない記事を掲載していたようです。
立候補予定者の 政策に関係ない部分,特に 本人の意思・行動ではどうしようもない部分のプライバシーを公にするのは 公人に対してだとしても 如何なものでしょう。

その記事に触発(?)されたのか,血迷ったのか(?),ネット版 BBC News Asia の,橋下さんの当選記事(11月28日)のタイトルは 驚きの‘Japan “gangster son” Toru Hashimoto wins Osaka ballot’でした。
BBC の品性が問われるタイトルです。名前の前に何か 形容詞を付けたければ ‘Lawyer’ で充分でしょう。

記事を書いたのは‘Mariko Oi’で,日本人女性のようです。
日本人(国籍は知りませんが)の,どのような background の人が,このような形容詞を 母国都市の新市長に付けた記事を世界に向けて配信して 悦に入っているのかと 調べようとしましたが,下品な好奇心だと自戒し,やめました。

30日に 同じ記事を見ると タイトルが‘Japan's Toru Hashimoto wins Osaka ballot’に変わり,記事の末尾に‘Correction 29 November 2011:We have amended our story to remove reference to Mr. Hashimoto's family background’と書かれていました。
どこから どのような注意があったのか,本人が反省したのかわかりませんが,「過ちて改めるに憚ること勿れ。」で よし,としましょう。
が,オリジナルの記事タイトルの記憶を消すことはできません。

ところが,11月24日付けの記事のタイトル ‘Gangster son takes on conservative Osaka mayor’ はそのままでした。
まるで ギャングの2代目が市長の席を狙っているかのような書き方です。
末尾に‘Correction 29 November 2011:We have amended our story to clarify details about Mr. Hashimoto's family background’ とあります。

本文の ‘Personal attack’の項には-
約30% の議員は 政治家の 2~4世であるが,橋下氏は 政治家一族出身でないばかりか,実父はxxxの一員だった。 『父がxxxに関係があったことは知っていたが,xxxの一員であったことはメディアの報道で初めて知った。』と橋下氏は語った。」とありました。
更に,「『(物事を)再編成(shake things up)するのに 坊ちゃん育ち(scion of a wealthy family)では期待できないでしょう。』と 橋下氏は,彼が6歳のとき亡くなった父親に対する過度なメディア報道を受け流した。」と続きます。(原文での XXX は mafia)

候補者の家柄(family background)は通常,プライバシー保護法によって守られるが,橋下氏が 実母と継父に育てられたことがメディアによって明らかにされた。しかし,彼は 極めて正直にそれを認めているので有権者は気にしてないようにみえる。
『彼は魅力的よ,賢いし,明るいし,父親が ちょっとした悪だったからって それが何よ。』(大阪弁に訳せない。)と大阪の住民・ヤマモトさんは笑う。

この項が この記事に必要なのか 些か疑問です。
Amend後の文章なので,筆者は 推敲して,尚,重要と考えたのでしょう。

記事の中立は 難しいもので,真実を書けば いい,というものでもないようです,特に,選挙立候補者に対する 選挙前の記事では。
更に,選挙が終わったら 何を書いてもよい,というものでもないでしょう。

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »