« 本物を知らなかった頃 | トップページ | 道路は あなたのモノ? »

2011年12月 1日 (木)

「過則勿憚改」ではありますが…

大阪市長選の前に,発行部数 上位を占める週刊誌 二誌が,何を意図してか,誰の指示か,誰の援護射撃のつもりか,単に 野次馬根性につけ込んで売上部数を増やすためか,橋下さんの出自に関して,内容・時期など総合して品性下劣としか言いようにない記事を掲載していたようです。
立候補予定者の 政策に関係ない部分,特に 本人の意思・行動ではどうしようもない部分のプライバシーを公にするのは 公人に対してだとしても 如何なものでしょう。

その記事に触発(?)されたのか,血迷ったのか(?),ネット版 BBC News Asia の,橋下さんの当選記事(11月28日)のタイトルは 驚きの‘Japan “gangster son” Toru Hashimoto wins Osaka ballot’でした。
BBC の品性が問われるタイトルです。名前の前に何か 形容詞を付けたければ ‘Lawyer’ で充分でしょう。

記事を書いたのは‘Mariko Oi’で,日本人女性のようです。
日本人(国籍は知りませんが)の,どのような background の人が,このような形容詞を 母国都市の新市長に付けた記事を世界に向けて配信して 悦に入っているのかと 調べようとしましたが,下品な好奇心だと自戒し,やめました。

30日に 同じ記事を見ると タイトルが‘Japan's Toru Hashimoto wins Osaka ballot’に変わり,記事の末尾に‘Correction 29 November 2011:We have amended our story to remove reference to Mr. Hashimoto's family background’と書かれていました。
どこから どのような注意があったのか,本人が反省したのかわかりませんが,「過ちて改めるに憚ること勿れ。」で よし,としましょう。
が,オリジナルの記事タイトルの記憶を消すことはできません。

ところが,11月24日付けの記事のタイトル ‘Gangster son takes on conservative Osaka mayor’ はそのままでした。
まるで ギャングの2代目が市長の席を狙っているかのような書き方です。
末尾に‘Correction 29 November 2011:We have amended our story to clarify details about Mr. Hashimoto's family background’ とあります。

本文の ‘Personal attack’の項には-
約30% の議員は 政治家の 2~4世であるが,橋下氏は 政治家一族出身でないばかりか,実父はxxxの一員だった。 『父がxxxに関係があったことは知っていたが,xxxの一員であったことはメディアの報道で初めて知った。』と橋下氏は語った。」とありました。
更に,「『(物事を)再編成(shake things up)するのに 坊ちゃん育ち(scion of a wealthy family)では期待できないでしょう。』と 橋下氏は,彼が6歳のとき亡くなった父親に対する過度なメディア報道を受け流した。」と続きます。(原文での XXX は mafia)

候補者の家柄(family background)は通常,プライバシー保護法によって守られるが,橋下氏が 実母と継父に育てられたことがメディアによって明らかにされた。しかし,彼は 極めて正直にそれを認めているので有権者は気にしてないようにみえる。
『彼は魅力的よ,賢いし,明るいし,父親が ちょっとした悪だったからって それが何よ。』(大阪弁に訳せない。)と大阪の住民・ヤマモトさんは笑う。

この項が この記事に必要なのか 些か疑問です。
Amend後の文章なので,筆者は 推敲して,尚,重要と考えたのでしょう。

記事の中立は 難しいもので,真実を書けば いい,というものでもないようです,特に,選挙立候補者に対する 選挙前の記事では。
更に,選挙が終わったら 何を書いてもよい,というものでもないでしょう。

|

« 本物を知らなかった頃 | トップページ | 道路は あなたのモノ? »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 本物を知らなかった頃 | トップページ | 道路は あなたのモノ? »