« つい 「アイスバイン」をー | トップページ | 音戸の「いりこ」 »

2012年1月14日 (土)

冬至を過ぎて 日の出が早くならないのは-

冬の重苦しさは,寒さとともに 暗さ,特に 勤め人にとっては 朝の出勤時の暗さが理由でしょう。
ここ広島では 関東に比べると 日の出は約40分遅く,7時前の出勤時は1月に入っても まだ薄暗く 気が滅入ります。

日の出,日の入時刻 経度依存 春分・秋分日のみり,厳密には 緯度関係
地軸ので,関東広島緯度差ない年中関係が,北海道関東 緯度差があるので 季節により逆転る。

1222日の冬至が過ぎれば,徐々に日の出は早くなるだろうと期待していましたが,むしろ遅くなった気がして どういうことだろうかと,この歳になって初めて思い,調べてみました。

正解は- 

1年で 日の出の時刻が最も遅い日』 および 日の入りの時刻が最も早い日』は別の日であり,いずれも冬至の日とは一致しない。
日本では,日の出が最も遅い日は冬至の半月後頃であり,日の入りが最も早い日は冬至の半月前頃である。

とのことでした。こんなにズレがあるとは知りませんでした。

すなわち,日の出が最も遅いのは17日頃で,日の入りが最も早いのは127日頃です。
今まで
ずっと 「日の出」と「日の入り」が均等にずれていくものだとばかり思っていました。

上述の理由は-

太陽は季節によって動く速度が違うからです。
勿論,動いているのは 地球なので 地球の自転軸の公転面への傾きと 地球の公転軌道が理由です。

すなわち-

1.太陽の通り道である黄道と天の赤道が23.4度傾いているため,太陽が天の赤道に対して動く速度が一定ではない。 

2.地球の公転軌道が楕円であるため、太陽の日々の進みが一定ではない。

の二つです。

それが どのように関係するのかは ゆっくり筋道を立てての説明が要るので省略します。

|

« つい 「アイスバイン」をー | トップページ | 音戸の「いりこ」 »

戯言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« つい 「アイスバイン」をー | トップページ | 音戸の「いりこ」 »