« 冬至を過ぎて 日の出が早くならないのは- | トップページ | 年を越した「藁」の束。 »

2012年1月15日 (日)

音戸の「いりこ」

家人が テーブルで何やら むしっています。

Img_1575「いりこ」(煮干)の 頭と内臓をとっています。

これを炒って冷凍しておき,必要な時に 出汁をとるようです。

頭と内臓をとるのは 雑味が出るのを防ぐためとのことです。

Img_1578Img_1577「いりこ」は 呉市音戸産の大振りのものです。

これを使った料理を食する立場としては 「昆布」と「鰹節」と「いりこ」の出汁の区別くらいは 常に意識しておかないとまずいですね。

|

« 冬至を過ぎて 日の出が早くならないのは- | トップページ | 年を越した「藁」の束。 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冬至を過ぎて 日の出が早くならないのは- | トップページ | 年を越した「藁」の束。 »