« Glass Inkwell Sharpner | トップページ | 「『冷し中華』あります。」ではなく・・・。 »

2012年1月29日 (日)

報道は,正確でありたい・・・。

韓国、早ければ2016年にも月探査』2012年01月26日09時46分

久し振りに [中央日報日本語版] を覗くと 驚きの見出しがあり,まさかと思いながら,本文をみてしまいました。

韓国が米国と共同で月探査をすると、韓国の東亜日報が26日報じた。同紙は、韓国航空宇宙研究院と米国航空宇宙局(NASA)が昨年から『ルナインパクター(Lunar Impactor、超小型衛星基盤の国際月探査研究)』プロジェクトを推進してきたことが確認された、と伝えた。

  両機関は昨年、韓米両国で1回ずつ、政府関係者が出席した月共同探査会議を開き、3、4月ごろ最終合意書に署名した後、本格的に探査を始める予定という。

  『ルナインパクター』は、宇宙船を打ち上げる2016年までの4年間に総額5000万ドル(約563億ウォン)が投入されるプロジェクトで、早ければ2016年に韓国が製作した人工衛星が月面に到達する歴史的な場面を見ることができる。

  今回のプロジェクトが成功すれば、韓国は米国と旧ソ連に続いて世界3番目の月探査国となる。

「羊頭狗肉」の見本のような記事です。
更に 他新聞の記事を元に記事を展開する神経が驚きです。
「朝日新聞によると・・・」 と毎日新聞が書く,というのは有り得ないでしょう。

結局のところ,人工衛星を作る,ということのようです。
この点については 異論はありません。

「世界3番目の月探査国になる。」とあります。
探査国の定義が明確ではありませんが,既に 日本の「かぐや」,中国の「嫦娥1号」,インドの「チャンドラヤーン」,ヨーロッパの「スマート1」 などが それぞれ自国の技術(打ち上げロケットを含む)のみで実施したと思っておりますが・・・。
NASAの下請けで 人工衛星を作って 月探査国というのは やや ‘自尊心’が強すぎませんか。

地球周回の人工衛星の打ち上げを 他国のロケットを持ってきても うまくできない国が,見栄を張って 「世界3番目の月探査国になる。」と吹聴しても 詮無きこと,のような気がしますが-。
小学生の「壁新聞」のレベルです。

因みに 情報源である東亜日報の見出しは 『韓国産キューブサット,月面の水生成の謎の解明に期待』と 事実のみの控えめで,インドの「チャンドラヤーン」の記述もあります。

|

« Glass Inkwell Sharpner | トップページ | 「『冷し中華』あります。」ではなく・・・。 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Glass Inkwell Sharpner | トップページ | 「『冷し中華』あります。」ではなく・・・。 »