« 今年も南極の海で- | トップページ | 1月7日,無病息災を願いつつ- »

2012年1月 7日 (土)

理解語彙なるも使用語彙にあらず。(その2)

成人になるまで 使わなかった言葉は,あたかも 初めて訪れた土地の方言に対するように,その言葉の持つニュアンスを体感することができないこともあって 使うことを躊躇します。

無許可/違法の「コピー」あるいは「模倣」の意味での「パクリ」,「パクる」という言葉をいつからか耳にしたり 目にすることが多くなりました。

かつては 「(ハードを)盗む(万引きする)」 もしくは「逮捕する。」の意味での「パクる」しかなかったように思いますが,最近は 前述の意味(「ソフト」の盗み)で使われる方が多くなったようです。
かつての「パクる」は 特別な業界(世界)の隠語,俗語であって,下品で粗野な言葉として,決して新聞の見出しや記事で使われることはありませんでした。

当然,この言葉を 自ら使ったことはなく,「真っ当な」言葉ではないと思っていましたが,最近は,韓国や中国の製品に対する形容として,前述の意味で 堂々とカタカナの見出しとして使っている新聞があって,驚きます。
いつ市民権を得たのでしょう。

単なる「違法(無許可)コピー」・「盗用」では表せない意味やニュアンスを含ませようとしているのかも知れませんが,よくは分かりません。

ただ 下品に感じるだけです。
特に 同世代の人間に使われると 言葉に対する感性の違いを認識します。

|

« 今年も南極の海で- | トップページ | 1月7日,無病息災を願いつつ- »

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年も南極の海で- | トップページ | 1月7日,無病息災を願いつつ- »