« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月の31件の記事

2012年3月31日 (土)

色落ちしたデニムのシャツ再生,2枚目。

4ヵ月ほど前に デニムシャツの色落ちした襟を裏返す再生を家人が実施し,うまくいったので 2枚目を頼み,完工しました。
Img_2084首筋からの汗に 脱色 あるいは 漂白成分が含まれているかのように 襟の部分が色落ちしています。
襟台の内側部はかまいませんが,襟は気になります。

この襟を襟台から外して裏返して 縫い直すという,私には出来そうもないことをやってくれました。

Img_2174_2襟を裏返して付け替えた完成状態です。

Img_2176Img_2177

左が 襟の裏(元は表),右が 襟の表(元は裏)です。

襟台の色との差で色落ちの程度が分ります。

| | コメント (0)

2012年3月30日 (金)

何故か 記憶に残っている昭和の話。(その2)

昭和時代の いまだに覚えている どうでもいいこと ふたつ。

・ジョーン・バエズが広島で牡蠣を食べてー

昭和42年(1967年) フォークソングの女王 ジョーン・バエズが初来日。
広島公演の際,生牡蠣を食べて 中った,という話がありました。
情報源を覚えていませんが,何故か覚えています。新聞で報道された可能性もあります。

但し,彼女は牡蠣が嫌いで 食べてない,という話もあるようです。

さて 真偽は如何?

・渥美清さんのアドリブで金内吉男さんの笑いが止まらず-

「男はつらいよ」は 昭和43年(1968年)から昭和44年にかけて フジテレビ系で 26回 放映された後,映画化されました。

この時期,テレビを持たない間借り住まいの学生だった私ですが,何回か このテレビドラマを観ていました。
そして 唯一記憶に残っているシーンがあります。

ある回で セールスマン役で金内吉男さん(19331992)が出演した時,渥美清さんが おそらくアドリブで言った台詞が あまりにおかしく,笑い出して台詞が まともに言えませんでした。
初期のテレビドラマは生放送でしたが,この頃は 既にビデオテープで編集していたと思いますが,何故か そのまま放映されました。

最近 NHK BSで放映された 山田洋次監督の「家族」(昭和45年)でも 青函連絡船で北海道に渡った直後の食堂のシーンで,青森で行きずりで出会った渥美清さんの台詞に,赤ん坊だった娘を亡くしたばかりの傷心の母親を演じる倍賞千恵子さんが演技ではなく本当に笑っていたように見え,少し救われた気になりました。その後に台詞がなかったのでOKになったのでしょう。

| | コメント (0)

2012年3月29日 (木)

何故か 記憶に残っている昭和の話。

どうでもいいことなのに 何故か いまだに覚えていることがあります。

・アラン・ドロンが日本の土産に 「ステテコ」を-

 昭和36年(1961年)から昭和41年(1966年)にかけて NHKに 「夢であいましょう」という,民放の「シャボン玉ホリディ」 と双璧をなす音楽バラエティ番組がありました。
中村八大氏作曲,永六輔氏作詞の 「今月のうた」で 「上を向いて歩こう」,「遠くへ行きたい」,「こんにちは赤ちゃん」などのヒット曲を誕生させた番組です。

この番組に 昭和39年(1964年),ゲスト出演して 浴衣姿で現われたアラン・ドロンがインタビューで 「日本での買い物は?」 の問いに対して 「ステテコ」と答えました。
優れた下着なので まとめて買って帰る,とのことでした。
当時 高校一年生で 既にステテコを愛用していた私は共感を覚えました。 

・「007」で,手裏剣が 国宝をー

  昭和41年(1966年),日本を舞台にした映画「007は二度死ぬ」で,丹波哲郎扮する日本国諜報機関のボス 「タイガー」(だったと思う。)率いる忍者特殊部隊(?)の訓練風景をジェームズ・ボンドが 見学するシーンを国宝姫路城で撮影。その際,手裏剣を 白壁の土塀に向かって投げ(もしくは的を逸れて),傷つけました。

これは 新聞各紙で報道されました。

当然 姫路城管理者の許可を得た撮影であるにも拘らず,管理者が撮影状況を監視してなかった,あるいは 見ていて止めなかったのは どちらにしても管理者の手落ちでしょう。
撮影関係者以外はオフリミットだったとしたら,協力をするのに そんな契約したのが落ち度です。

それ以前に 日本側スタッフ(出演者を含め)の意識の低さ,常識の無さは言い訳できませんね。

| | コメント (0)

2012年3月28日 (水)

WiMAX接続の PCに 引っ越し中。

Img_2167

Img_2171今月初めに購入したWiMAX機能内蔵の新しい Let's note に今まで使っていた Let's note に入っているdataをポータブル・ハードディスクを経由して,この機会にdataを整理しながら引っ越しさせています。

PCの設定は 度々あることではないので,年寄りには やっかいです。
しかも OSは‘XP’から ‘7’に変わっているので 尚更です。(会社は ‘7’ですが。)

老眼鏡をしてもよく見えないディフォルトの小さい表示文字を見える大きさに設定するところからスタートしました。
画面の拡大レベルを 150% にしなければ よく見えません。

その後,‘iTUNES’の CD 500枚分のdataを移すことから始めます。

‘WiMAX’に接続して 今までの ‘AIR-EDGE’の数十倍の速度に感心しています。
PHSなので 遅いのはやむを得ないとは言え,10年間,全国をカバーする高速のワイアレス接続システムの登場を待ちながら,よく我慢して使っていました。
3年前にサービスが開始された ワイアレス・ブロードバンドが ほぼ全国をカバーしたので 乗り換えることにしました。
因みに ‘AIR-EDGE’の速度は 256Kbps(!),‘WiMAX’ の理論値は 下り:40Mbps,上り:15.4Mbps です。

試しに ‘価格.com’ の 「スピードテスト」で ‘WiMAX’の実効速度を計測してみました。
結果は-

http://kakaku.com/bb/speed.asp
測定日時  :2012/03/27 17:51:00
回線種類  :モバイル
回線名称  :UQ WiMAX
下り速度  :18.5M(18,530,149bps)
上り速度  :1.1M(1,079,654bps)

大都会では 下り: 5~10Mbps ,などと報告されている速度に比べると,ここ呉市では電波使用者が少ないためか,たまたまか,速いですね。私の頭の回転と指の動きの速さからすれば 充分な速度です。

ワイアレス・ブロードバンドの契約者数で先行した ‘EMOBILE’は今月から 下り:75Mbps(地域限定)が可能になり,さらに 100Mbps超 を計画しているそうです。

| | コメント (0)

2012年3月27日 (火)

「ミモザ」で春を-

Img_2158今週の玄関の花は 「ミモザ」(フサアカシア)です。

3月も残り少なくなったのに まだ寒い日が続いていますが,確実に春は来ています。

Img_2159 

| | コメント (0)

2012年3月26日 (月)

この冬の寒さは-

まだ コートを着ています。

寒い冬でした。

どの程度の寒さだったかを 気象庁の統計データから調べてみました。

場所:東京
比べる気温:12月~2月,3ヶ月間の平均気温(1時間毎の気温の平均),例えば 2011年12月,2012年2月,3月 を 2011年の冬の平均気温とします。

この条件でデータを調べて 次のことが分りました。

・この冬(2011年)の平均気温:5.9℃
・この冬より低かった,最も最近は 1985年の 5.4℃
・この間は全て 6℃以上,最高は2006年の8.6℃

-ということで,確かに 26年ぶりの寒さと言えないことはありません。

ところが 1985年以前は 6℃を下回る冬は珍しいことではなく 1957年~1985年は 6℃を上回る冬と 下回る冬が ほぼ半々です。

さらに遡って 観測を始めた1876年から1956年の70年間の毎年の冬の平均気温を見ると,6℃を上回ったのは,わずか1回,1948年の 6.6℃ のみです。
もっとも低かったのは 1884年(明治17年)の 2.1℃です,これは相当 寒そうです。

戦前の寒さからすると この冬は むしろ暖冬に属すると言えないことはありませんが,最近の暖かさかすると 相対的には やはり寒い冬でした。

戦前の写真で,紳士が皆 重そうなウールのコートを着ているのは 寒さが厳しかったからで当然のことでしょう。

私は この冬,ダッフルコートを着て通勤する日が多くありました。

| | コメント (0)

2012年3月25日 (日)

土曜の昼下がりに 「フォッカチオ」を-

Img_2124土曜日,家人が何やら作っていました。

一次醗酵が済んだ状態とのことです。

Img_2127二次醗酵を終え,焼きあがったのは オリーブを載せた‘フォッカチオ’でした。

Img_2132

生ハムと オリーブオイルをプラスして,簡素な 遅い昼食です。

| | コメント (0)

2012年3月24日 (土)

家具転倒防止用チェーンの強度検討

CD,DVD収納用に買った棚の地震対策として アイリスオーヤマの 転倒防止チェーンをネットで購入しました。

チェーンの耐荷重(計測引っ張り強度)として 60kg が表示され,確かに 重さがあるしっかりしたもので 大人がぶら下がっても耐えそうです。
取り付け金具を付ける壁と棚の材質などの強度条件が不明なので メーカーとして言えるのは チェーンの強度だけです。

Img_2150Img_2154

このチェーンが どの程度の地震に耐えられるか試算してみました。

まず,チェーンの取り付け角度が問題です。
我が家では 隙間の関係で かなり鋭角になりそうですが,強度的には好ましいので ここでは参考に45度としましょう。

耐荷重 60kgのチェーンを45度に取り付けた場合の水平耐荷重は
R≒60×0.7×980=41,160 kg・cm/s^2 になります。
(kg は質量なので 重力加速度を乗じて 力にします。)

地震による水平力は 棚の質量:M(kg),水平方向の地震加速度:α(gal=cm/s^2)として
P=Mα

棚の奥行きが小さいので 重力加速度による安定モーメントを無視し,基部は滑らない,棚の重心は 高さ中央-と仮定すると,地震力と,チェーン 2本による抵抗力のモーメントの釣り合いは 棚の高さをHとして

Mα×0.5H=41,160×2×H
α=164,640/M  となり,

棚の質量を 100kg とすると 耐えられる 地震の水平加速度は α≒1,646 cm/s^2(gal)で 重力加速度の1.68倍(G)になりました。
安全率を考慮しても 震度 6~7程度に充分耐えられそうです。

この計算で気がかりなのは 金具取り付け部分の強度で これは何ともしようがないので信じましょう。
もうひとつは,基部が滑ることです。
上の計算は 基部が滑らず モーメントの支点になるとしているので滑ると成立しません。
水平力が作用して トップが動かなければ 基部が動こうとするはずです。
基部が動こうとしたとき,棚トップの水平移動が抑えられていると トップは下方に移動することになり,チェーンと壁により支持される,と考えて 良し,とします。
しかし,できるだけ 基部の摩擦力を大きくするため,レベラーは摩擦係数の大きい材質である方がいいでしょう。

| | コメント (0)

2012年3月23日 (金)

遅れ気味で 「クリスマスローズ」開花。

Img_2118 例年より 遅れ気味で クリスマスローズが咲きました。

Img_2111Img_2112

Img_2109白い蕾が 気に入っています。

わずかの時間ですが-。 

| | コメント (0)

2012年3月22日 (木)

棚,廊下で待機中。

CD,DVD などを 一目で見えるようにするため 棚を購入し,搬入を終えました。

無印良品の奥行き 21cm,高さ 175.5cm の棚です。

奥行きが浅い棚なので 特に転倒防止に気を配る必要があります。
転倒防止用として 背板に 5箇所,木ネジで壁に留めるようになっていますが,壁の強度部材位置に合うとは限らないし,背板自身の強度も弱そうだし,壁を傷つけるのも躊躇われるので 別に転倒防止策を講じることにしました。

Img_2107設置予定位置の上部に梁があるため 隙間が10cmもないので 金具などが付けにくいのと 見かけの問題で チェーンを付けることにしました。

強度 100kg 以上で 専用の取付金具とチェーン長さ調整金具が付いた製品を,呉市内のホームセンター 5店に電話で確認しましたが,見つかりませんでした。

結局,アイリスオーヤマに発注しました。

届くまで 廊下で待機させます。

| | コメント (0)

2012年3月21日 (水)

早咲きの桜。

Img_2138呉市内で最も早く開花する桜は,私の知る限りでは 国立病院(正式には 「国立病院機構 呉医療センター/中国がんセンター)の正面道路に沿った斜面にある4,5本です。

毎年,他の桜より 2週間ほど早く咲きます。

種類が違うのかとも思いますが,見かけは 普通のソメイヨシノです。
何故,開花が早いのか 理由は不明です。

3月20日 早朝(7時前),この道を歩いてみました。

Img_2135Img_2137

雑木に混ざって立つ桜が既に開花していました。Img_2136

| | コメント (0)

2012年3月20日 (火)

最後(?)の「せとか」が届いた。

Img_2123去年,呉市上蒲刈島で偶然買った「せとか」が気に入って 今年は しっかり食べようと張り切っていました。
「せとか」は 販売業者の宣伝では 「柑橘の女王」,「柑橘の王様」,「柑橘の大トロ」 などと書かれています。

シーズンもそろそろ終わりに近づき,まとめて買おうと 家人が 上蒲刈島にある店に電話しました。

「現在,40個ありますが,今後 入荷の予定はありません。『はるみ』 も いいですよ。」
店の人は,「はるみ」 も 「デコポン」 もあるのに,何故 「せとか」に執着するか分からなかったようです。

「それじゃあ,その『せとか』を全部戴きます。『はるみ』も適当に・・・。」

しばらくして 電話があってー
「『はるみ』を食べてみましたが,あまり おいしくなかったです。」
ということだったので 「はるみ」は断りました。

30個を九州の義妹に,10個を自宅に送るように頼むと 代引で すぐに届きました。
1個 100円,「デコポン」 が 4個 おまけで入っていました。

味,イケマス。

上蒲刈島の農家は 言われるままに(誰から?) いろんな柑橘類を作っており,とくに 「せとか」 に力を入れているわけではないようです。

「せとか」の木を1本買って オーナーになり 農家の方に面倒を見てもらう,というシステムがあれば やりたいところですが,さて いくらで交渉が成立するでしょうか?

| | コメント (0)

2012年3月19日 (月)

近所の公園で やっと梅満開。

Img_2096呉市寺迫公園の梅が 例年より 2~3週間,ひょっとすると1ヶ月遅れで やっと咲きそろいました。

紅色,薄桃色,白色の何れも趣があります。

次は 実が生るのを待ちます。

Img_2089Img_2094 

Img_2093Img_2099 

| | コメント (0)

2012年3月18日 (日)

カードについて 広島の店で言われたこと。

広島市の Brooks Brothers にシャツをオーダーに行きました。

オーダーすべきサイズは分かっていましたが,スタッフに 「購入履歴を調べるので カードを見せてください。」 と言われて渡しました。

調べた後,その若いスタッフに 「5百番台のカードを初めて見ました。」 と言われました。
Brooks Brothers が青山に出店したのが 1979年で,カードができたのが その何年後か分かりませんが(25年くらい前?),その年にはカードを持っていたのでしょう。

Img_21041ヶ月ほど前,広島市の Clarks で買い物をして カードを出した時,「この色のカードを見るのは 初めてです。」とスタッフに言われました。
詳しくは 聞きませんでしたが,普通は白だそうで,私のカードは緑色です。
渋谷の Clarks で作ったカードのためか,古いカードのせいかは分かりません。

何れにせよ,歳をとったということでしょう。

| | コメント (0)

2012年3月17日 (土)

金曜の夜は映画の予約を-

土曜日に映画に行くことが多く,金曜の夜にパソコンから予約します。
並んで切符を買う必要がないので重宝しています。

話題の(?)「シャーロック・ホームズ」の新作を観ようと予約しました。

登録しているアドレスとパスワードで 予約サイトにログインして スクリーンと時刻を選びー

Img_2068Img_2070

切符の種類と人数を決め,次に座席-いつもの最後列中央-を選択しました。
このスクリーンは座席数が少ないですね。

この時点で 予約済みは わずか4席でした。

Img_2074Img_2076

次いで 支払い方法を選びます。
「現金」とします。
緊急の出来事で行けなくなった場合,自動キャンセルとなるので支払う必要がありません。

その後,規約に同意して次に進みます。

Img_2078Img_2079

入力内容を確認して 決定します。

そして購入します。

Img_208110桁の予約番号の通知があり,終了です。

この「予約番号」 と 「パスワード」を使って映画館の自動券売機(?)で現金と引換えに切符を入手します。   

こうして見ると 手順が多いですね。

(3月17日 追記)
土曜日に映画館に行くと,自動券売機の前に行列ができていました。スタッフのいる窓口を減らして 自動券売機を増やしたためのようです。
六本木ヒルズのTOHOに3~4台あった自動券売(発券)機は予約者専用だったので 並んだことはありませんでした。

Img_2088インターネットで予約している者と 当日 直接購入する者を区別してないため,並んでいるほとんどに該当する当日購入者がスクリーンと時刻と座席を選ぶのに時間がかかっているようです。

何のためにインターネットで予約システムがあるのか分かりません。
途中で スタッフが 1台を 予約者専用にすると 5,6人の列となり スムーズに発券終了しました。

初めから 分けておかないとまずいですね。 思慮不足です。

| | コメント (0)

2012年3月16日 (金)

必要ではないが 欲しくなるもの。

Seikoastronセイコーウォッチが 3月5日,世界で初めての機能を持つ新型腕時計 ‘SEIKO ASTRON’ を発表しました。

簡単に言えば 「ソーラー電波時計」ですが,地球上のどこででも その地の時刻を表示する腕時計です。

しくみは 4基以上のGPS衛星からの電波により 位置情報を得て,地球表面を 約100万ブロックに分割した中から 「居場所」を特定し,そこに該当する時刻を 世界39のタイムゾーンから選んで表示するというものです。

時刻情報は GPS衛星に搭載した 精度 1秒/10万年の原子時計から得ます。

その地に着いて,空が見える場所でボタンを長押して時刻合わせをするそうです。
その後の時刻微修正を定期的に GPS衛星から自動受信して行なうかどうかは不明です。

技術の要は ソーラー駆動のため,GPSの微弱電波受信・処理する低消費電力システムにあるようです。
発売開始は今年の9月,値段は 15万円~21万円の 5モデルとのことです。

思えば セイコーが世界で初めて 「クオーツ式腕時計」を発売したのが 1969年で,名前も ‘SEIKO ASTRON’でした。
それまでの 機械式腕時計に比べ飛躍的に精確になり,ネジの巻き忘れがなくなった画期的な製品でした。
発売当初は 45万円(初任給の約10倍!)したそうですが,すぐに 私にも手が届く価格になった気がします。

私にとっては このGPS電波時計の必要性は低いのですが,その しくみを知ってしまうと 無性に欲しくなりました。

| | コメント (0)

2012年3月15日 (木)

そろそろ春。

Img_2061桃の節句が過ぎ,玄関に鮮やかな花が活けられました。

アネモネです。

和室には 桜です。

そろそろ 春です。

Img_2064Img_2065 

| | コメント (1)

2012年3月14日 (水)

袋に入った「クロワッサン」

Img_2012_2先週 北九州に行った家人が 1個ずつ丁寧に紙袋に包装された「クロワッサン」を持って帰りました。

高が クロワッサンに そこまですることはないだろうと思いました。

Img_2022袋の中は 普通のクロワッサンでした。

Img_2013パン屋の名前は 「三日月」と そのままです。

ホームページによると 北九州市若松区にある ‘(有)a.Crescent’の経営です。

作っている クロワッサンが,フランス人が聞いたら 感心するか,腰を抜かすか,笑い出すか,怒るか,よく分かりませんが,常識を覆す 11種類(1種類で充分と思いますが-)あるので,何の種類か分かるように 名前を印刷した袋に入れているのでしょう。

因みに 種類は-
「ノーマル」,「ココア」,「メープルシロップ」,「あずき」,「シナモン」,「チョコレート」,「チーズ」,「よもぎ」,「ごま」,「きなこ」,「紅茶」 です。

| | コメント (0)

2012年3月13日 (火)

トラックで 雪を撒いたのは誰?

「練炭を使って男性3人を殺害したとして,殺人罪などに問われた木嶋佳苗被告(37)の裁判員裁判は12日,さいたま地裁で論告求刑があり,検察側は死刑を求刑した。

検察側は,三つの殺人事件に直接証拠はないが,間接証拠だけで認定できると説明し,『夜明けに外を見ると一面の雪化粧。雪が降ったのを見ていなくても夜中に降ったことが分かる』 との例を挙げた。『疑わしいだけの場合は,被告人に有利にならなければならない』 と無罪を主張する弁護側の冒頭陳述に触れ,『誰かがトラックで雪をばらまいた可能性もあるが,そんな必要もないし,健全な社会常識に照らして合理性もない』 と述べ,裁判員らに 『常識で考えてほしい』とも語りかけた。

13日には、弁護側が最終的な意見を述べる。非公開の評議を経て,4月13日に判決が言い渡される。」
(3月12日,読売新聞 ネット版より 抜粋)

裁判員裁判だから 間接証拠の例を挙げたのでしょうが,なかなか面白い例ですね。

これに対して 弁護側は,今までの経緯からすると 「誰かが トラックで 山から雪を運んで,夜中に こっそり雪を撒いた可能性は 否定できない。可能性がゼロではないから 夜中に雪が降ったとは断定できない。」 と言うことになりますね。

さて,裁判員の皆さんは 雪を積んだトラックを どの程度有り得ることと想像することができるでしょうか?

| | コメント (0)

2012年3月12日 (月)

酒器に花を-

Img_2015_2 家人が,北九州の友人の嫁ぎ先から譲り受けて持って帰った,数十年間眠っていた食器の一つです。

酒器と思われます。

取っ手が陶器で,一体になっています。

Img_2019底を見ると 直火で燗をつけられるようです。

Img_2025_2   

家人は 酒器として使わず,花器として使うつもりのようです。
早速,クリスマス・ローズを活けていました。

| | コメント (1)

2012年3月11日 (日)

土曜日,呉市散歩,「いせ」を見る。

Img_2027Img_2030土曜日,呉市を海の方に歩きました。

亀山神社の境内から階段を下りていくと 鳥居の上から 海が見えます。
その向こうは 江田島です。

階段のそばに 赤と白の沈丁花がありました。
まだ蕾です。

Img_2031市民広場(旧練兵場)と国立病院の間を抜け,帝国海軍の建物をそのまま引き継ぐ海上自衛隊・呉地方総監部の前を過ぎます。

そこから少し歩いて,アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッド(IHIMU) の造船所を見下ろす場所に着きました。

Img_2032Img_2033ドックに 海上自衛隊 最大の「ヘリコプター搭載護衛艦 いせ」(DDH-182)が入っていました。

Img_2044「いせ」は 2011年3月に就役したので 1年目の定期検査と思われます。

「いせ」は 2009年に完成して 横須賀に配備されている「ひゅうが」(DDH-181)型の2番艦です。

概略の仕様は-
基準排水量:13,950t,満載排水量:19,000t(推定?)
L×B×D×d=197m×33m×22m×7m
艦載機: SH-60K哨戒ヘリコプター×3,MCH-101 掃海・輸送ヘリコプター×1,最大積載機数 11
同時発着艦 3機可能。

Img_2046全通甲板型ではありますが 「ヘリ空母」ではなく 「ヘリコプター搭載護衛艦」です,単に 名前の違いだけと思いますが。

更に,今年の1月,IHIMUの横浜工場で 「ひゅうが型」を越える「ヘリコプター搭載護衛艦」 22DDH(平成22年度 予算で建造されるので 完成までは こう呼ばれる。)が起工しました。完成は 平成26年(2014年)の予定だそうです。

仕様は-
基準排水量:19,500t,満載排水量:27,000t(いずれも計画/推定)
L×B×D×d=248m×38m×23.5m×7.5m
艦載機: SH-60K哨戒ヘリコプター×7,掃海・輸送ヘリコプター×2,最大積載機数 14
同時発着艦 5機可能。

「ひゅうが型」より 基準排水量で 5,500ton大きく 50m長い,帝国海軍の空母並みになりそうです。

F-35B 垂直離着陸戦闘機を搭載,離着艦可能とするための甲板強度やら リフト能力などが設計条件となっている,ということはないでしょうね。

Img_2053_2呉地方総監部まで引き返し,その角を曲がって総監部の塀沿いに 呉駅方面に 買い物に向かいました。

 

| | コメント (0)

2012年3月10日 (土)

東海地方の話ではなく…

「日本海」(‘Sea of Japan’)を 「東海」に変えようと 韓国がキャンペーンを行っているようです。
「東海」という韓国内で使う名前に拘っているのかと思うと,そうでもないようで,「古地図には ‘Sea of C(K)orea’とある。」 などと言う場合もあって,「日本海」 という名前を変えたいというのが本意と思われます。

先月(2月17日),日本語版の韓国ネットニュースに それに関係した記事がありました。
内容は ニューヨーク在住韓国人団体が 米国務省に「『東海(トンヘ)』を『日本海』 と併記することを求める」要請に キャンベル国務省次官補(東アジア・太平洋担当)が回答した-というものです。
この要請を,米国国務省が真面目に受け付けたのが 不思議です。

東亜日報は-
米国務省,『日本海表記は確固たる政策』と確認」と言う真っ当なタイトルで,「米国務省は…『韓国は違う表記をしていることを十分理解しているが,米政府の長年の確固たる政策は,Sea of Japan(日本海)と表記することだ』と回答した。
と報じています。妥当な報道です。

中央日報は-
『東海表記』米国務省の立場を変えた韓国人の力」 と言う自尊心溢れるタイトルで-
『米国は長い間,政策的に日本海を使用してきたが,韓国が異なる表記(東海)を使用していることを十分に理解している』と明らかにした。
また『今回の(東海関連)問題は国際水路機関(IHO)の仲裁の下,議論が進行中と聞いている。米国の同盟国である韓国と日本の政府がIHOを通して成熟した合意を導き出すことを期待する』と述べた。
これは、米国の公式立場に変わりはないが、韓日両国が合意すれば、表記をめぐる米国の立場が変わる可能性を表したと分析される。

と報じています。

同じ内容ですが,流石「中央日報」,タイトルと分析に知恵を絞っています。
が,日本が韓国の提案に合意する意思はないので 米国の立場は変わらない,という結論に導かれます。

又,違う日の「中央日報」に こんな記事がありました。
『日本帝国主義亡霊の遺産である‘日本海’という名称に米国が肩を持つのが正しいのか』という指摘に対し、(米国)与野党の指導者は首を横に振るしかなかった。

命名の経緯に関し,どちらの国にも誤解があるようですが,それは別にして,この調子だと 「日本帝国主義亡霊の遺産である『日本』という国名が正しいのか,『東国』とすべきだろう,少なくとも併記すべきだ。」 と韓国が米国に言ったとしても,もはや驚くにあたらない,というところでしょうか。

2月22日,島根県の『竹島の日』に 産経新聞・加藤 ソウル支局長は『韓国は感情を優先する情治国家』と述べ,特に竹島問題など対日政策では冷静な判断ができない国と説明。韓国政府が,自国民の支持を得るために,『竹島』,『従軍慰安婦』,『日本海の呼称』問題をセットにする戦術を取っている現状を報告した。」 と 産経新聞にありました。

大統領任期が終わりに近づくと,恒例になった 「退任後の自身と家族・一族への不正糾弾」から逃れるため,国民の怒りを外に逸らす目的で,特に この戦術が重宝される傾向があるようです。
李明博さんの任期は あと1年を切ったのですね。

| | コメント (0)

2012年3月 9日 (金)

農協売店で 「せとか」入手。

家人は どこかに安い「せとか」がないかと 探していたようです。

呉駅前の 「農協売店」で 見つけて買ってきました。
はっきりと 名前が書かれています。

Img_2005Img_20081袋 300円が 3袋です。

1袋に大き目は3個,中くらいのは4個入っていました。
1個 100円 と 75円 です。

まだ,望む味に出遭えません。

| | コメント (2)

2012年3月 8日 (木)

ぼつぼつ「無線アクセス」方法を変更しよう。

10数年前 単身赴任した時,電話線を敷く手間を省いて,インターネットに繋ぐ手段として 無線アクセスの ‘AIR-EDGE’ を使い始め,引っ越しやら出張に便利なので,ズルズルと(?) 恥ずかしながら 今日まで使い続けていました。

料金の高さ(通信費+プロバイダー料金)と 遅さ(ソフト更新などは 出張時のホテルや,HOTSPOT,FREESPOT などを利用。)の不満を持ちながら 使い続け,ブロードバンドのワイヤレスが数年前に登場したので 全国をカバーするようになれば 乗り換えようと考えており,ぼつぼつ その時期だろうと思っていました。

そこへ 先月末,Niftyから 「AIR-EDGE対応PHS端末接続サービスをご利用中のお客様各位」 のタイトルで連絡が入り,「この度、@nifty(アット・ニフティ)で提供しておりますモバイル接続サービス『AIR-EDGE対応PHS端末接続サービス』提供につきまして,サービス多様化に伴い 見直しをおこなうこととなりました。
その結果,サービス開始後 多くのお客様にご利用いただいて参りましたが,本サービスについては残念ながら2012年6月30日をもってサービス提供を終了させていただくこととなりました。

-ということでした。
替わりのモバイル接続サービスは ‘WiMAX’ と ‘EMOBILE’ を提供しているとのことでした。

自分で 変更を決心する前に 変更が必要となりました。いい機会です。
先行の‘EMOBILE’ がエリアカバー率が高いようですが, ‘WiMAX’ が 急速にエリアを広げ,今年1月に 「全国実人口カバー 1億人達成」したとのことなので,‘WiMAX’としましょう。

Img_1994ついでに この機会に,くたびれつつある(と思われる)現在使用中のパソコンを ‘WiMAX’機能内蔵のパソコンに買い替えることにし,先月発売の‘Let's note’(CF-SX1)を購入しました。

今までの型(何年前かは失念)の発展型です。

ちょっと洒落て ブラックにしました。

Img_1997前の型に比べ,大きさ,平面のアスペクト比が変わっています。 (  )内が直前の型。

幅295mm(282.8mm)×奥行197.5mm/標準バッテリー装着時:216.2mm(209.6mm)×高さ25.4mm(23.4mm-38.7mm),最厚部は31.5mm(41.4mm)。

特に 今までの型は厚さが傾斜していたのが,バッテリー部(31.5mm)を除いて 1インチ厚さのフラットになったのが特長で,旧型とバッテリー部の最厚部を並べると 10mm近く薄いのがよく分かります。Volumeで 30% 小さくなったとのことです。
鞄に入り易くなっています。

その他の 特長として 「バッテリーパック」 と 「ACアダプター」が 二つずつ付いています。

バッテリーパックは 「標準」(装着時:1.39kg,16hr) と「軽量」(装着時:1.18kg,8hr)。

ACアダプターは 「標準」 と 「ミニ」で,旅行時には 「ミニ」が便利です。
「ミニ」は 充電と駆動を同時にはできないようです。(そうでないと 二つの差がない。)

データの移転から ぼつぼつ始めましょう。

| | コメント (0)

2012年3月 7日 (水)

久しぶりに買った本は「古代文明」

久しぶりに 本を買いました。
中・南米の古代文明に関する本です。

Img_1636_2Img_1637

 

何年か前から アマゾン河上流・ボリビアの「モホス文明」の紹介が何回かテレビで行なわれ,興味をそそられたのがきっかけです。

一冊は 「古代アメリカ文明」(増田義郎・青山和夫 共著,山川出版),「第Ⅰ部:古代アメリカ文明の誕生と展開」,「第Ⅱ部:アステカ,マヤ,インカを歩く」に分かれており,旅行ガイド本の読みやすさです。
読みながら 今まで知っていたより はるかに多い遺跡の数に驚きました。
但し,これは「モホス文明」とは無関係で,ウォーミング・アップです。

もう一冊が 本命の 「アマゾン文明の研究」(実松克義著,現代書館)で アマゾン河流域に存在したという文明(モホス文明)について書かれています。

ボリビア共和国北部,アンデス山脈の東側・アマゾン河上流のモホス平原(25万平方km,海抜 200m)にある「丘」(約20,000個),「直線的土手」(総延長 約5,000km),「長方形・正方形に近い池(湖)」(約2,000個)が 古代文明の遺跡であるとするものです。

著者 立教大学・社会学部 教授 実松克義氏は この地域の発掘を行っており,-

「丘」:【ロマ】人工的に盛り土された古代人の居住地・耕地跡。最大 直径700m。
「土手」:【テラプレン】雨季に「ロマ」間を結ぶ道路網。脇に「運河」あり。
「湖」:治水 あるいは 養魚目的の人造湖。水深は2m前後で一定。最大は 一辺:20km。多くが 同じ方向(北東-南西)を向いている。

-として ここにかつて古代文明があったとしています。
「文明」,特に 「古代文明」の定義が理解できてないので 何とも言い難いところです。

「ロマ」からは 甕棺,人骨,土器,副葬品などが見つかっており,古代人が生活していたことは間違いないようです。
又,この地域は 20世紀初頭から 考古学者による試掘が行われてきたようです。

「20,000個の丘(ロマ)」 と 「総延長 5,000kmの土手(テラプレン)」 と 「2,000個の池」 が全て人工のものなら,確かに壮大な文明でしょうが,まだまだ調査が必要なようで,五大文明というのは 早計のようです。

| | コメント (4)

2012年3月 6日 (火)

Whitney Houston を聴く。

ホイットニー・ヒューストンさんが 2月11日に亡くなって1ヶ月になろうとしています。

明らかにされない死因など さかんに報道されていましたが,ぼつぼつ静かになりました。

Bodyguard 何気なく 報道を耳にしていましたが,彼女の歌を 意識して聴いたことがなく,‘I will always love you’ の他に どんな歌を歌っていたのだろうか,と聴きたくなりました。

映画 「ボディガード」の Soundtrack を iPODに入れていたのを思い出して聴いてみました。

13曲中,‘I will always love you’ の他に ‘I have nothing’,‘I'm every woman’,‘Run to you’,‘Queen of the night’の計5曲が入っていました。

今まで 何気なく聞いていました。
この頃までの彼女の歌声は ‘National Treasure’ とまで言われていたようです。

| | コメント (1)

2012年3月 5日 (月)

「カマス」の生干し,一尾 33円。

Img_1982広島市に出かけた折り,本通商店街に平行の一本電車通り側の道を歩いていると,その辺りには珍しい魚屋があり,その店頭に 発泡スティロールの板に並べられた 「カマス」の干物がありました。
そばに 「1p \400」 と書いてあり,その大きさと数とから ‘p’が ‘piece’なのか ‘plate’( or ‘pack’)なのか 自信を持って判断できなかったので 店の人に尋ねると 1パック 400円 とのこと。

「カマス」の干物が 不味いわけがない(?)ので 12尾 400円を買いました。
一尾 33円,「獲って」 「開いて」 「塩して」 「干す」 手間などを思うと 申し訳ない値段です。

島根県浜田産とのことでした。

| | コメント (0)

2012年3月 4日 (日)

春の気配を感じる土曜日に-

Img_1981土曜日,広島で買い物しようと自宅を出ました。

自宅を出て 少し歩いたところにある 呉市寺迫公園の梅が 例年より ほぼ2週間遅れで やっと咲いていました。

Img_1966本通に向かって歩くと,去年 閉館した「呉シネマ」の本通を挟んだ向かいに大型のクレーン車が ビル建設に働いていました。

近頃建つビルと言えば マンションばかりで 町はどうなるのだろうかと危惧していますが,この細い道を挟んで建設中の 二つは いずれも 「呉市商工会議所ビル」 で 町の復興(?)が期待されます。

Img_1967

Img_1973

広島市の並木通り裏の公園にあるプルーンの木に多くの蕾が付いており,ほころんでいる花もありました。

Img_1976懐かしい塗装の路面電車が広島市内を走っていました。
福岡市と北九州市を走っていた西鉄電車のそのままの塗装です。

広島電鉄は 各地の廃線になった市電の車両を買い付け,そのままの塗装で走らせています。
中にはドイツの電車もあって 広告(地ビール)まで そのままでしたが,最近は見かけないようです。

| | コメント (1)

2012年3月 3日 (土)

桃の蕾 ほころんで 桃の節句。

Img_1964今年も 玄関に 雛人形が飾られました。

桃の蕾が やっとほころび始めました。

| | コメント (1)

2012年3月 2日 (金)

今年はじめての「せとか」

Img_1951子供の頃から 「温州みかん」のダルイ味が好きになれず,食べる柑橘類は 「オレンジ」と「グレープフルーツ」と「スィーティ」と「金柑」 をメインに 60数年間生きてきた私が,去年,呉市上蒲刈島で 偶々 買って 初めて食べ,その繊細な甘さに感動し,個人的に 柑橘類の筆頭においた「せとか」が,2月初め頃から デパートに出始めました。

まだ 贈答用の箱入りで 1個 750円と言う値段なので,庶民が夕食後のデザート用に食するのは やや身の程知らずではないかと自制していたら,家人が広島市に出かけたついでに買ってきました。

Img_1958外皮も内皮も薄く,内皮ごと食べられます。

Img_1953愛媛県の特産品を売っている 「えひめでぃあ」で 大 450円,小 400円也。

やや 味にキレが欠けました。

| | コメント (0)

2012年3月 1日 (木)

ポルトガルで 「ファド」を-

火曜日に NHK BSプレミアムで,子供時代をブラジルで過ごしたボサノバ歌手の小野リサさんが,ポルトガルで ファドを歌う企画の番組 ‘旅のチカラ 「二つの祖国を結ぶ魂の歌/小野リサ/ポルトガル」’ を観ました。
現地のファドの歌手や 伴奏のギタリストの教えを受けながら練習し,最後に 現地の素人が飛び入りで歌える店で練習の成果を披露する顛末のドキュメンタリーでした。

歌う前に 指導した男性歌手が ギタリストに 「彼女は声が小さいから…」 と言い,実際 ファドの歌い手としては 声量が不足気味 (囁くように,語るように歌うボサノバとは異なるので)でしたが,ポルトガル語ができるので感情はこもっていたと思われ 聴衆の拍手を受けていました。

ファド(FADO)は ポルトガルの民族歌謡で,歌を聞いたことがなくても 代表的歌手だった「アマリア・ロドリゲス(1920~1999)」の名前を知っている人は多いでしょう。

30数年前の夏,ポルトガルのある港町に仕事で 3週間滞在したとき,初めてファドを聴く機会がありました。
薄暗い ‘Casa de Fado’ と呼ばれるレストランで,黒い衣装に 黒いショールの女性歌手に歌われるファドは,初めは静かに,そして切々と,時に浪々と続き,叫びのような歌声で,それまで知っている歌曲では考えられない突然のエンディングを迎えます。

ポルトガル語の歌詞が分からなくても 「運命」,「宿命」を意味する ‘ファド’の重厚さに感動し,一人 感動の余韻に浸りながら 乾いた空気の中で瞬く星を見ながら夜道を丘の上のホテルまで歩いて帰った記憶があります。

アマリア・ロドリゲスのCDを探しましょう。

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »