« 土曜の昼下がりに 「フォッカチオ」を- | トップページ | 「ミモザ」で春を- »

2012年3月26日 (月)

この冬の寒さは-

まだ コートを着ています。

寒い冬でした。

どの程度の寒さだったかを 気象庁の統計データから調べてみました。

場所:東京
比べる気温:12月~2月,3ヶ月間の平均気温(1時間毎の気温の平均),例えば 2011年12月,2012年2月,3月 を 2011年の冬の平均気温とします。

この条件でデータを調べて 次のことが分りました。

・この冬(2011年)の平均気温:5.9℃
・この冬より低かった,最も最近は 1985年の 5.4℃
・この間は全て 6℃以上,最高は2006年の8.6℃

-ということで,確かに 26年ぶりの寒さと言えないことはありません。

ところが 1985年以前は 6℃を下回る冬は珍しいことではなく 1957年~1985年は 6℃を上回る冬と 下回る冬が ほぼ半々です。

さらに遡って 観測を始めた1876年から1956年の70年間の毎年の冬の平均気温を見ると,6℃を上回ったのは,わずか1回,1948年の 6.6℃ のみです。
もっとも低かったのは 1884年(明治17年)の 2.1℃です,これは相当 寒そうです。

戦前の寒さからすると この冬は むしろ暖冬に属すると言えないことはありませんが,最近の暖かさかすると 相対的には やはり寒い冬でした。

戦前の写真で,紳士が皆 重そうなウールのコートを着ているのは 寒さが厳しかったからで当然のことでしょう。

私は この冬,ダッフルコートを着て通勤する日が多くありました。

|

« 土曜の昼下がりに 「フォッカチオ」を- | トップページ | 「ミモザ」で春を- »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 土曜の昼下がりに 「フォッカチオ」を- | トップページ | 「ミモザ」で春を- »