« 暑くて,オリンピックで,缶バッジ。 | トップページ | 日本と韓国の交わることがない見解の違い »

2012年5月31日 (木)

諦めが悪い,と言うより-

5月24日の 韓国・中央日報日本語版に 「まだ言い張る? 日本古地図にも鮮明に『朝鮮海』」 というタイトルの記事が掲載されていました。

4月23日~27日に開催された IHO(国際水路機関)の総会で,韓国の,「東海」を併記する提案が採用されず,「日本海」の単独名称を維持することが決定されましたが,韓国は まだ諦めてないようです。

この記事は 「朝鮮海」,もしくは ‘Sea of C(K)orea’と書かれた 日本・英国・仏国の古地図原本49点を,国土海洋部が 国内の地図博物館で開催する「東海・独島 古地図企画展」で公開する,というものです。
「日本は1929年の IHO 世界公式海図初版から東海を日本海と表記し始めた。今回の企画展では 日本がそれ以前には東海を朝鮮海と表記していたことを示す官撰地図が公開される。」との文章があります。

「ハン・サンホ国土地理情報院学芸研究士は 『韓国がIHOに要求する東海・日本海の併記が妥当だということを対内外に広報するため,今回の企画展を開催した』と説明した。」
そうです。

それで(?,因果関係不明) 中央日報さんは 冒頭の 「まだ言い張る?」 という上品とは言えないタイトルを付けたようです。

考え違いをしているか,考え違いを知りながら敢えて企画しているかは分りませんが,政府機関も報道機関も 不思議な思考回路を持っているようです。

・敢えて 企画展を開くまでもなく,日本も世界も,古地図に 「朝鮮海」の名称があったこと,特に18世紀の古地図は  「朝鮮海」の名称が大勢を占めていたことは承知しており,日本国外務省のホームページに その数を示しています。

・「日本は1929年から 東海を日本海と表記し始めた。」 ということはありません。
それ以前から 日本海と呼んでいます。
そもそも 日本が いつ,どう呼んだかは 「日本海」の公式名称とは無関係です。「日本海」は日本の所有物ではないし,「日本海」 にすべき,などとは要求していません。世界が決めた名前を 変える理由も必要もない,一つの海に二つの名前を付けるという愚行に反対である他の国と同じ意見を持っているだけです。

・「朝鮮海」と表示されている古地図のみを公開することが,世界の公式名称「日本海」に対して 何の意味があるのか,その企図が不明です。

・「朝鮮海」と「東海」とは 名前として 何の関係もありません。
この企画展が 「東海・日本海の併記が妥当だ。」に,どのような論理で繋がるのか理解不能です。

まさかとは思いますが, 「昔は 『朝鮮海』と呼ばれた時期があったから,この海はもともと韓国のもの。故に韓国に命名権があるので 『東海』とするのが正しい。」 -などと考えていることはないでしょうね。
いずれにせよ,常人の理屈が通用しない国のようです。

|

« 暑くて,オリンピックで,缶バッジ。 | トップページ | 日本と韓国の交わることがない見解の違い »

つぶやき」カテゴリの記事