« 久し振りに,NHKで,井上陽水の40年。 | トップページ | 杉の団扇 »

2012年7月 6日 (金)

NHK 「こころ旅」 キャスティングの妙。

2011年から NHK BSで放送されている,火野正平さんが 視聴者の手紙に記された思い出の風景の場所を自転車で訪ねる 「こころ旅」を 土曜,日曜にまとめて観ています。
いよいよ,今シーズンも終わりに近づき 北海道に入るようです。

この秋のルートも 既に決まったようです。

上り坂を 息も絶え絶えに自転車で上っていくシーンが ほぼ毎回あるため,別名「老人虐待番組」と呼ぶ人もいる(?)ようです。
坂を上りきった後の決め台詞, 「人生,下り坂 最高!」 が流行語になっている-ことはありませんか。

火野正平さんをキャスティングしたプロデューサーの深慮遠謀(?)に感心しています。
彼が 子供の頃,自転車に親しんでいたことを知らずに決めたそうです。

かつて 多くの浮名を流し(たと言われ),「必殺シリーズ」出演時は 藤田まことさんが 「火野正平を更生させる会」を作った,とまで言われる彼を選んだのは なかなかの決断と言えます。

山道で ダンプカーとすれ違うとき,運ちゃんに 「頑張ってね。」などと激励されて 「俺も イイ人になってしまった。」と照れていました。

行く先々で出会う人との会話や,目にする風景 その他諸々に対するコメント内容,言葉遣いに 大人の経験と余裕,常識と教養を感じさせられ,知名度のほどほどさも この役にふさわしく思われます。
特に,無意味に大袈裟にならず,感情を抑えた静かな,そして必要十分な内容の話しぶりに好感が持てます。
編集されているのでしょうが,無駄話の選択が好みに合っています。

彼でなかったら 誰がこの仕事にふさわしいのだろうかと考えても,思いつかない適役です。

|

« 久し振りに,NHKで,井上陽水の40年。 | トップページ | 杉の団扇 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久し振りに,NHKで,井上陽水の40年。 | トップページ | 杉の団扇 »