« 北九州,夏。 | トップページ | 戸畑祇園大山笠の昼と夜 »

2012年7月28日 (土)

戸畑祇園大山笠の初日,街にて。

Img_3024若松に行きました。

戸畑渡船場に行く途中,戸畑駅の海側で 子供の「のぼり山笠」に出会いました。

太鼓と鐘のお囃子は 大人の山笠と同じです。

Img_3025_2

少し 海岸に近づくと,昨日通った「西大山笠宿」の前に  大人が担ぐ「大山笠」がありました。

Img_3027昼間は「のぼり山笠」で,夜は 「提灯山笠」に姿を変えますが,この時間帯は 「のぼり」も立っていませんでしたが,ラシャの豪華な幕が見えます。横から見ると,担ぎ棒の長さが目立ちます。

「提灯山笠」での質量は 約2.5ton なので 一人 20kg 分担するとして 125人の担ぎ手が必要ですが,その人数が取りつく長さはありません。

実際は 60~80人が担ぐようで 一人 30kg以上,最大 40kg 余りを担ぐことになります。

担ぎ棒1本の片側を15~20人が担当します。

Img_3032若松に行った帰りに 「飛幡八幡宮」(1995年に それまでの「戸畑八幡神社」から社名変更)に寄りました。

参道には 出店が並んでいました。

鳥居の横に,鳥居を隠すような こんな高い木が立っていた記憶がありません。
いつの間に 伸びたのでしょう。

実家に戻って 若松の渡船場近くにある 「旧古河鉱業若松ビル」で買った 「白玉入りあんぱん」 を食べました。

「あんぱん」には 牛乳です。

Img_3034Img_3037_2

夕食を 近くのファミリーレストランで摂っているとき,隣の席の 携帯電話で話し始めた人に 外で使うように注意しました。
ファミリーレストランに静寂を求めてはいませんが,大声は困ります。
「店内での携帯電話のご使用は遠慮ください。」と示している以上,本来,店のスタッフの仕事でしょうが,対応する気配がないので 心ならずも 彼らの仕事を奪ってしまいました。

|

« 北九州,夏。 | トップページ | 戸畑祇園大山笠の昼と夜 »

散歩・風景」カテゴリの記事

コメント

斜め上から撮っているから、中身たっぷりに見えたのですね。
撮影者、さすがです:P

投稿: yoko | 2012年7月30日 (月) 22時05分

厚さは 大したものですが,厚さの 2/3,もしくは 3/4 は空洞でした。

投稿: pink-sloth | 2012年7月30日 (月) 09時59分

ええ、あんぱんには牛乳ですね。その厚みには驚きました。

私が働いていた飲食店には店内の携帯電話での会話に関するルールはありませんでしたが、必ず外に出ていく人、席で控えめに話す人、席で大声で話す人と、彼らの意識の違いは明らかでした。

投稿: yoko | 2012年7月28日 (土) 12時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北九州,夏。 | トップページ | 戸畑祇園大山笠の昼と夜 »