« ハンノキのリース | トップページ | 宝くじの当選確率を土地の面積で考えると- »

2012年9月25日 (火)

‘make’の使い方。

汎用性の高い英語の動詞には,‘do’は当たり前なので置いといて, ‘have’,‘get’,‘give’,‘take’,‘make’ などがあり,中学,高校の教科書には それぞれの単語に対しての2,3の意味しか出てきませんでしたが,色々な名詞を繋げることで あらゆる(?)意味で使うことができます。
人によっては 「動詞はこれだけで 大抵の会話はできる。」 と言う者もいます。

自分では使えませんが,‘make ~’で 「~ する」で意味は何とか分かるのではないかと ‘make’の イディオムやフレーズを調べてみました。

想像では分らない意味が 色々ありました。

make it’:うまくいく,時間に間に合う,都合がつく,回復する,急いで立ち去る
       ‘it’も なかなか難しい単語で,さまざまな意味を持ちますね。
       これは よく使われそうです。

make a killing’:大儲けする。
       何故,‘killing’なのか?知らなければ どうしようもないですね。

make or break’: 成功を左右する
       何となく分りますね。
make-or-break’:形容詞で 「一か八かの」となり,‘make-or-break decision’ のように使われるようです。

make no bones about’: ~をためらわないで話す。
      ‘Make no bones about it.’( はっきり言うとね。) などと言うようです。

make believe’: ~のふりをする。/ ‘make-believe’:空想
      「信用させる」のではありません。  作為的な believe ということのようです。    

make off’: 急いで(こっそり)逃げる

-きりがないので この辺で。

米口語に強い娘も 知らない言葉があるようなので,すべてが 日常的 あるいは 一般的ではないかもしれません。

|

« ハンノキのリース | トップページ | 宝くじの当選確率を土地の面積で考えると- »

言葉」カテゴリの記事

コメント

「ダーティー・ハリー」で クリント・イーストウッド扮するキャラハン刑事が "Go ahead,make my day!" と言うシーンがあり,字幕は 「泣けるぜ」。
「泣けるぜ」は 他の言葉でも 使われているようです。

投稿: pink-sloth | 2012年10月 2日 (火) 11時45分

you made my day!
言われた当時は知らなくて、意味を知って喜んだ一言です。

投稿: yoko | 2012年10月 2日 (火) 07時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハンノキのリース | トップページ | 宝くじの当選確率を土地の面積で考えると- »