« 宝くじの当選確率を土地の面積で考えると- | トップページ | 昭和時代のごみ箱,ごみ収集の歴史。 »

2012年9月27日 (木)

体力逆転。

20年とちょっと前の40歳頃,体力維持目的で クロスバイクを買い,乗り始めました。

少し 遅れて 家人もクロスバイクを買いました。

40歳代,50歳代と 関東在住時の休日は ほとんど 一人で,船橋から銀座まで寄道しながら往復 80km,舞浜や幕張の往復4~50km などのコースを走っていました。

時折り 家人と走るときは 先に自由に走らせ,私は後を 家人のペースに合わせて付いて行き,上り坂になって家人が苦しみながら走っている横を追い越して 先で待つ,という走り方でした。

夫婦とも還暦を過ぎて,折り畳みミニベロを入手し 二人で走っていますが,最近,どうも 様子が変わってきました。

最近は 私が 先を走っています。
スピードを変化させても ぴったりと 家人は付いてきています。
上りで 歩き始めるのは 私です。

先週土曜日,江田島に行って,たまたま 家人が先を走ったとき みるみる差が開いて追いつくことができず,思わず 携帯電話を入れました。
しかも,‘2×10’のギアのチェンジに無頓着な(よく理解してない)家人は,上りの時の軽いギアのまま 腹を空かせたライオンに追いかけられているかのように,あるいは 早回しの映画のように猛烈な速さでペダルを回転させて 平地を進んでいました。
負けました。

明らかに 体力がおちており,無風・平地で 25km/h の巡航速度を維持するのが 難しくなってきました。

そして,何故か 家人は 還暦後,体力が向上しているように感じます。

|

« 宝くじの当選確率を土地の面積で考えると- | トップページ | 昭和時代のごみ箱,ごみ収集の歴史。 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめましてブログ楽しく読ませて頂きました。
私はミニベロ乗りのたけとと申します。

腹を空かせたライオン、、、
なんかわかります。
追いつかれますね。(笑)

投稿: たけと | 2012年9月27日 (木) 09時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 宝くじの当選確率を土地の面積で考えると- | トップページ | 昭和時代のごみ箱,ごみ収集の歴史。 »