« 最近,気にならなくなった 「語尾上げ」。 | トップページ | 土曜日の午後,呉 散歩。 »

2012年9月 8日 (土)

友か,敵か?

Newsweek_coverNewsweek 日本版 9月5日号の表紙に 「韓国,竹島への偏執の原点/暴走する韓国/その不可解な思考回路/竹島をめぐる常軌を逸した言動と粘着質外交の原動力とは」 と書かれており,特集の内容は-

・韓国,竹島への偏執の原点
・汚職と反日の不毛な悪循環
・新しいアジアで日本が生きる道

の三本立てでした。

更に 英語版(太平洋版)9月10日号に 竹島関連の記事が掲載されたというので ネットで調べると,‘The Daily Beast’ の ‘WORLD NEWS’9月3日付けで ‘Why Japan and South Korea Feuding Over a  Cluster of Rocks’(In Newsweek Magazine)http://www.thedailybeast.com/newsweek/2012/09/02/why-japan-and-south-korea-are-feuding-over-a-cluster-of-rocks.html  として 見ることが可能になっていました。
著者は Newsweek日本版編集長・横田孝氏です。

サブタイトルは ‘You say Dokdo,I say Takeshima... let's call whole thing off. A tiny clump of islets pushes two nations to the brink.’です。

じっくり読んではいませんが,まっとうで公正な記事に思えます。
事実のみを書き,韓国を不当に貶める意図があるとは思えません。
結論部が よく理解できませんでしたがー。
(韓国の各新聞は これを 「日本の右翼の主張を一方的に報じた。」としています。)

これに対して 400件を超える(9/7)コメントが寄せられており,その大部分が韓国人(韓国系米国人)によるものと思われ,諸々の,中にはヒステリックな反論が示されています。
彼ら(韓国)にとっては 「竹島は日本の領土」と言う/考える日本人は 全て「右翼」になります。他国の教科書に干渉するにしては 国状の理解不足です。
韓国では間違いなく全員(反対意見は言えない,言うと・・・最近,ウェブの親日サイトで「竹島は日本のもの」と言った13歳の少年が逮捕されたというニュースがありました。)が 「独島は我が領土」と信じている(or 信じさせられている)ようなので,この場合は 何と言えばいいのでしょうか?「全体主義」?

英語で竹島(領有)に対する議論(or 言い合い)が行われ,世界の人々に,日本と韓国の間に紛争中の「竹島」が存在することを知られることは 望ましいことです。
特に 韓国人のほとんどが 自国(朝鮮半島)の資料ではなく,日本の資料を基に消極的根拠で-例えば 「日本の古地図では 竹島を自国の領土と示していない。」など- 韓国の領有権を主張しているところが,その理由-19世紀以前,彼らに竹島の存在の認識すらなく,竹島を示す資料は存在しない-を考えると興味深く,Third Party には 是非 理解してもらいたいところです。
日本人(日系米国人?)が 「それだけ証拠と自信があるなら 逃げないで,国際司法裁判所に行きましょう。」 と述べていますが,「行きましょう。」と 素直に言う韓国人(韓国系米国人)が皆無なので,韓国は本当にグローバル化を目指しているの?と つい声を掛けたくなります。

さて,ここまでは 軽いイントロです。

本題は この記事の 最初の一文 ‘The fremenies are at it again.’です。
「最初の文の 主語が分からない!」
出だしで 躓き,焦りました。
be at it’は 「しばしば ‘again’を伴い,けんかをしている」 という意味のようです。

近くにいた 家人に 「‘frenemy’って どういう意味?」 と聞くと,彼女も知らないらしく 愛用の電子辞書を引いて,「載ってない。」
それではと,ネット版辞書 「英辞郎」で調べると,ありました。

『〈俗〉友人でもあり 敵でもある人,友達のふりをした敵◆【語源】friend + enemy 』
どちらの意味で使っているのか分りませんが,この記事においては なかなか 含蓄のある言葉です。
前半分が辛うじて残っているところが泣かせます。

因みに 会社で 4人の若い社員の電子辞書で引きましたが,どれにも載っていませんでした。

言葉の進化(変化)は早く,日本の電子辞書に載ってない,スラングだった単語が 堂々と真面な雑誌の記事で使われます。
日本でも 「パクる」などという俗語(隠語)が,いつのまにか 全国紙で使われています。

日本在住30年超の米国人は 里帰りする度に,言葉が通じなくて(理解できなくて) 困るそうです。
日本にずっといる日本人にも 分らない日本語らしい言葉があるので 当たり前でしょうか。

(追記:韓国版Newsweekは,この記事が 公正かつ正確な報道とはかけ離れている事実歪曲と判断し,掲載しません。 逆の場合でも,日本版は おそらく掲載するでしょう。官,民を問わず 言論・情報統制のある国は 民主主義国家/先進国 たり得ません。)

|

« 最近,気にならなくなった 「語尾上げ」。 | トップページ | 土曜日の午後,呉 散歩。 »

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最近,気にならなくなった 「語尾上げ」。 | トップページ | 土曜日の午後,呉 散歩。 »