« 「ボーン・レガシー」 を観た。 | トップページ | 秋は コスモス »

2012年10月 8日 (月)

エド・ハリスの渋い西部劇

Img_3450 10月5日深夜に,NHK BSで 「アパルーサの決闘」(‘Appaloosa’,2008)という 今まで知らなかった西部劇を放映していました。
DVDとして 日本で売られているようですが,日本の映画館では未公開の映画だそうです。
‘Appaloosa’という ニューメキシコ準州の小さな町の名前がタイトルです。
邦題は陳腐です,「アパルーサ」だけでは 何の映画か分らないので 西部劇と分る 「決闘」を付けたのでしょうが。

2005年発表の,‘crime witer’ (犯罪小説家?)Robert B. Parker(1932~2010)の同名の小説が原作で,エド・ハリス(‘Ed Harris’,1950~ ) 脚本,監督,出演の渋い,大人向けの西部劇でした。

共演は 「ロード・オブ・ザ・リングス」の ヴィゴ・モーテンセン(‘Vigo Mortensen’,1958~ ),「ミス・ポター」や「ブリジット・ジョーンズの日記」シリーズの レネー・ゼルウィガー(‘Renee Zellweger’,1969~ )。

Img_3438Img_3452

ホットな性格で,あまり教養はないが強い意志を持つ,エド・ハリス演じる保安官と,クールな性格でありながら情がある,保安官を盛り立てる ヴィゴ・モーテンセン演じる保安官助手です。
二人とも銃の名手です。

Img_3435その性格・性癖故に ストーリーに大いに関係する未亡人役,レネー・ゼルウィガーです。

ブレーキがない,天真爛漫すぎる性格の女に,男は注意が必要なことを思い知らせてくれます。

Img_3461 Img_3462

Img_3465

Img_3466_22対2のつもりだった決闘は 2対4となり,撃ち合いは 一瞬で終わりました。
保安官たちも被弾,負傷します。

Img_3474 Img_3481

罪を逃れ,さらに人間として許せない男に クールな保安官助手が 我慢できず,保安官バッジを外して 1対1の決闘を挑みます。
この射撃の姿勢が決まっています。

Img_3484全てに リアリティがある描き方です。
おそらく 時代考証もしっかりしているでしょう。

1対1の撃ち合いも 通常の西部劇と違って,ホルスターから銃を抜いて向かい合います。

勝負がついた後,空になった弾倉に 当たり前のように装弾します。
相手が倒れた後,クールに装弾するシーンがある西部劇は あまりありません。

Img_3488ラストシーンは  典型的西部劇の絵で これが新鮮に感じられました。

保安官助手が 去っていきます。

Img_3489

Img_3491

エンドクレジットの写真がクールでした。

珍しく,又,観たくなる西部劇でした。

Img_3494Img_3499 

|

« 「ボーン・レガシー」 を観た。 | トップページ | 秋は コスモス »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ボーン・レガシー」 を観た。 | トップページ | 秋は コスモス »