« 石川さゆりさんに歌ってもらいたい井上陽水の歌。 | トップページ | 東京駅から 「秋刀魚の棒寿司」 »

2012年10月17日 (水)

外来生物の到来経路

火野正平さんの 自転車旅番組「こころ旅」,土・日放送分を録画して観ています。
和歌山を出発して 四国-瀬戸内ー九州(東岸?)-沖縄 を走破する予定の 「2012年 秋の旅」 が始まっています。

四国に渡って 徳島を走っているとき,田んぼそばの疎水壁に 朱い(ピンク?)の物体が へばりついているのを火野さんが発見して,地元の人に訊き,それが 「ジャンボタニシ」(スクミリンゴ科リンゴ貝属スクミリンゴ貝)の卵であることが確認される,という回がありました。

業者(?)に 「エスカルゴの代用として売れる。」と そそのかされて 養殖し,成長した時には その業者が行方をくらまして 販売ルートが無くなって それっきり,「ジャンボタニシ」は 稲作の害虫となって生存し続けている,という話でした。

時折り,ニュース番組などで 外来生物による在来種の生態系破壊の問題が報道されます。

外来生物の到来(侵入)経路には-

① 食用として 意図的に
冒頭の 「ジャンボタニシ」,「ブラックバス」(釣り用に放流?),「ブルーギル」(「ブラックバス」の餌用?),「アメリカザリガニ」(但し,「ウシガエル」の餌用),「ウシガエル」 等々。

② 食用ではないが 意図的に
「チョウセンイタチ」,「ハクビシン」(?)(毛皮),「マングース」(ハブ退治) 等々。

③ ペット遺棄 or 脱走(家庭/動物園)
「アライグマ」,「タイワンリス」,「カミツキガメ」,「ピラニア」 等々。

④ 経路不明(貨物と共に?)
「セアカゴケグモ」(1995年に関西国際空港で発見),「アルゼンチンアリ」,「チャバネゴキブリ」 等々。
1970年代に,出張で オーストラリアに行ったとき,シドニー空港で シートランプが消えた後も着席しているようにアナウンスがありました。
そのうち 両手に スプレー缶を持った男が乗り込んできて 機内に 殺虫剤(?)を噴霧しながら通路を歩きました。
牧畜業を守るため,運ばれてきた出発国の空気中にいるかも知れない害虫に対する水際防疫活動だったのでしょう。
1980年代まではやっていたようです。

④’ 貨物船のバラスト水と共に
貨物が軽いときや空の時,船は 航行するための最小(最適)喫水を保つため 海水を専用タンクに入れ 船体を沈めます。
このバラスト水は 寄港地で入れ,次の港で貨物を積むときに放出します。

これは 世界的に大問題で,前寄港地海域に生息する微生物・小生物を海水と共に 寄港地の海にばら撒くことになります。
そこで 沿岸海域に入る前の大洋で,バラストポンプを動かして  バラストとして積んできた 海水の全置換を行なうことを義務付ける港もあります。(特に 米国)
更に 進んで,機械的,電気的 あるいは 化学的に バラスト水中の生物を除去(殺す)装置設置を義務付ける条約の批准も進行中で,既に 「バラスト水処理装置」を搭載している船も存在するようです。

この バラスト水によって 日本にもたらされたと思われる生物に 東京湾の 「ホンビノスガイ(本美之主貝)」(1998年,幕張人工海浜で最初に発見)があります。
二枚貝なので 船体に付着してきたことはありえません。
アメリカでは 一般に食べられている食用貝(「クラムチャウダー」の ‘clam’)で,日本でも 収穫して 2007年頃から 関東のスーパーでは販売されているようです。
2009年まで関東にいた私は 話は聞いていましたが,残念ながら食べたことはありません。
(実は 米国で ‘steamed clam’を食べて 帰国後,急性A型肝炎発症,3週間 寝込んだことがあります。)

「アサリ」や「ハマグリ」 と 同様の調理方法で食べられるそうです。
共存すればよいのですが・・・。

いずれの手段・経路で やってくるにしても 彼らに,生息範囲を拡大しようとして到来した自らの意思はなく,いわんや悪意などあるはずもなく,偶々 遠い異国の地に運ばれて来てしまった,ということです。

「侵略的外来種」 と呼ばれることを 自ら望むはずもありません。

|

« 石川さゆりさんに歌ってもらいたい井上陽水の歌。 | トップページ | 東京駅から 「秋刀魚の棒寿司」 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

中国発の機内では、現在も同様のことをしているようですよ。

投稿: yoko | 2012年10月17日 (水) 05時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 石川さゆりさんに歌ってもらいたい井上陽水の歌。 | トップページ | 東京駅から 「秋刀魚の棒寿司」 »