« アタマの店? | トップページ | これを どうやって料理しようか? »

2012年11月 6日 (火)

10数年ぶりの傘

傘の撥水性が悪くなり,防水スプレーも効果が出にくくなったので,数年前から買い替えようと思っていながら 買いそびれていました。

Img_3700そして 偶々,傘屋の前を通って思い出し,10数年ぶりに新調しました。
私にとって 傘は使い捨てではなく,突風で骨が折れれば 修理して,最低 10年は使い,1年当たり \1,000 程度の支出なので,ビニール傘を使うよりは安いでしょう。

とは言え 「傘は Fox か Brigg でなければならない。」 の類の拘りは全くなく,メーカーは どこでも 何でもいいのですが,趣味として 柄(正式には‘手元’)は自然素材,シャフト(正式には‘中棒’)は木製です。

品質は 日本製であれば 同じようなものでしょう。
「日本の雨には 日本の傘。英国の傘は 日本の雨に耐えられない。」 という説もあるようなので。

Img_3694_3約25年間に使った2本(傘を紛失した経験なし。)の傘と並べました。

左から 古い順です。
今度の傘の柄の材質が何か分りませんが,もっとも自然で,好みです。

Img_3696_2シャフトが木製なので 「石突き」も当然,「木」です。
Img_3696

|

« アタマの店? | トップページ | これを どうやって料理しようか? »

garments & others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アタマの店? | トップページ | これを どうやって料理しようか? »