« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月の30件の記事

2012年11月30日 (金)

筒美京平さんはすごいとあらためて思う。

Img_3857NHK BSプレミア で今月14日, 「希代のヒットメーカー 作曲家 筒美京平」 が放映されました。
2011年5月,2012年1月 に次いで 三度目の放映です。

 

1968年の暮れにリリースした「ブルー・ライト・ヨコハマ」(作詞・橋本淳)でヒットチャート1位,レコード大賞作曲賞を受賞して以降,ヒットチャート登場曲 500曲以上,1位 獲得数 39曲 を作曲した 筒美京平氏の生い立ちから 作曲の手法等を インタビューや 懐かしい歌手の映像を交えて紹介する番組でした。
裏方に徹していた氏がテレビ出演するのは極めて異例のことだそうです。

 

子供の頃の クラシック・ピアノ,更に 学生時代のモダン・ジャズ・バンドによる音楽の素養,世界の音楽の傾向を知るため海外の全ヒット曲を時間的制約からレコードの針を飛ばして部分聴きしていたというエピソードなど興味深いものでした。

 

初期の時代(1960年代終わりから 1980年頃),私は大学~新入社員で10年以上 自室にテレビを持たない生活をしていたので,当時 FM放送で聴いていた歌を歌う歌手を画面で観ることができました。
特に 南沙織さんの 「17才」は 学生時代 1970年の夏,東京での2週間の実習中によく流れており 懐かしく聴きました。

 

Img_3860Img_3861 

 

 

 

 

 

 

 

Img_3862

 

Img_3864

 

 

 

 

 

 

 

Img_3865

 

 

 

Img_3866

 

 

 

 

 

 

 

Img_3868

 

Img_3870

 

 

 

 

 

Img_3877Img_3872

 

 

 

 

 

 

 

Img_3880Img_3882 

 

 

 

 

 

 

 

筒美京平氏のすごさは 作曲家としてのカラーを抑え,時代と歌手に合わせて曲を作っていることでした。

| | コメント (1)

2012年11月29日 (木)

こんどこそ・・・今日 最後の挑戦

先月26日,部品不具合により延期になっていた韓国(1段目 ロシア製)の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ)」が,ロシアでの不具合部品のチェックを終え,新品に取り換えられて いよいよ本日(11月29日)午後,打ち上げられる予定です。

Photo人工衛星には 「宇宙放射線とイオン層の測定」装置が積まれているようです。

今日(29日)午前に 「羅老号3次発射管理委員会」を開き,打ち上げ実施を決定し,午後1時30分に最終打ち上げ時刻を発表するとのことです。

「羅老」は 2009年の1回目,2010年の2回目の打ち上げに失敗し,韓国が触れることができない1段目ロケットを提供しているロシアとの契約が3基までのため,今回が最後のチャンスです。
今回 失敗すれば 韓国の地から人工衛星が打ち上げられるのは,早くとも(うまく開発できて) 2021年の 独自技術韓国製ロケット完成までないようです。

さて,結果は?
それなりに楽しみです。

成功したとしても 自国のロケット技術ではないので,それほど喜ぶほどのことではないのでしょうが・・・自国の力で打ち上げたように喜ぶのでしょうね。

「成功すれば,韓国は独自開発のロケットを打ち上げた10番目の国となる。」と 聯合ニュースや 中央日報は期待をもって報じています。
ここでの 「独自開発」の定義が不明です。

(追記)
16時の打ち上げが決まりましたが,打ち上げ予定時刻の約17分前に,2段目(韓国製)の推力方向制御装置の電気信号に異常が見つかり,中止となって 今後の日程は未定だそうです。
推力方向制御装置(TVC=Thrust Vector Control)はフランス製とのことです。

| | コメント (0)

2012年11月28日 (水)

今年も 野暮に ‘Monty’をー

去年の冬は 26年ぶりの寒さでした。
さて 今年は どうなるでしょうか?

還暦を前にした5年前に,GloverallDuffle Coat を買って以来,寒い日は これを着ています。今年は必要か否かは分りません。

Typeは もっとも洗練されてない ‘575 Monty’の ‘Navy’です。
Beige’が本格的なのですが,チノパンへの合わせ易さから 妥協しました。

Gloverall のホームページには ‘575’に関する次の紹介が載っています。

575

Based on Original Wartime Monty Duffle

Morris’s were approached by the MOD at the end of Korean War to dispose of surplus supplies of Naval Duffle Coats. This coat is a recreation of that Original Iconic duffle. Worn throughout WW2 by the Navy and made Famous by Field Marshall Montgomery as pictured in our History - Military section

MontyMOD’とは ‘Ministry of Defence’(英国国防省)のことで,「朝鮮戦争の末期,海軍の余った Duffle Coatの処分を国防省に持ちかけられた」 ところから 現在の ‘575 Monty’があると書かれています。
Morris さんとは Gloverall の創業者?

説明の中にある,名前の由来となった モンゴメリ将軍の写真も ホームページに掲載されています。
トレーラー・ハウスには暖房設備がなかったのでしょうか。

3585b

最近(今年から?), ‘575’に ‘Union Jack’模様の麻のライニングを付けた ‘Monty’が ‘3585 Flag Monty’として発売されているようです。

| | コメント (0)

2012年11月27日 (火)

車両数がマチマチなので-

時々 JR呉線に呉駅から乗ることがあります。

呉線を走る電車は いつの頃からか 車両数が少なくなり,一番短い編成は 2両(3両?)というのがあります。
最長  8両編成も残っています。
困るのは 到着予告の放送で 車両数を言わないことで,他の人が並んでいるので ここまで車両があるだろうと思って待っていると 短い編成で 遠くで停まり,慌てて走らなければならないことがあります。
電光掲示板はありません。

先週,改札口を通るとき,立っていた若い駅員に 「次の下りの電車は何両編成ですか?」と尋ねました。
「4両です。」との答え。
ついでに
「何故,構内放送で 次の電車の編成車両数を教えてくれないのですか?」と尋ねてみました。

駅員の答えは 「日によって マチマチなので・・・」。
何故これが 私の質問に対する答えなのか分りませんでした。

マチマチであっても 駅員は 次の電車が何両かを知っており,マチマチだから客は知り得ません。
マチマチだから  フォームで待っている客にあらかじめ知らせる必要がある,と考えるのが普通の思考回路による答えだと思いますが,JR西日本の思考回路は違うようです。

国鉄からJRになって 何年経つのでしょう。
「日によって マチマチなので・・・」の後は,まさか 「面倒で放送しない。」ではないですよね?

| | コメント (0)

2012年11月26日 (月)

ドレス・コード が分らない。

会社主催の,社外で開催されるインフォーマル行事の案内状に 「正装」とありました。

普通に考えれば 「スーツにタイ」が適当でしょうが,厳密な意味での「正装」とは言えません。
現実的に考えると 「替え上着(スポーツ・コート)にタイは いけないのだろうか」とか,行事の趣旨からして 「タイは どうしても必要だろうか」などと疑問がありそうで,主催者は,工場で いつもジャンパーで通勤している者に対して,もっと具体的に 「スーツにタイ」などと示した方が親切と思われます。

東南アジアのレストランなどでの 「襟なしシャツ,半パンツ,サンダルでの入店お断り」などは 明確です。

外国のレストランなどで 難しいのは ‘Casual’,‘Smart Casual’,‘Formal’などで,これはお手上げです。

場所やケースで 様々のようで,例えば ‘Smart Casual’で 上着着用は共通でしょうが,タイの要否の解釈は 異なるようです。

日本では ドレスコードが曖昧で,例えば 「ホテルグランヴィア京都」 のホームページを見ると 「レストラン・バーに 『スマートカジュアル』 というドレスコードを設け,・・・」 としながら その下のレストラン毎の詳細表示には 「男性のお客様のノースリーブシャツ及びサンダル履きのご利用はご遠慮いただいております。」 とあり,「ノースリーブシャツ」(どんな客?)と 「サンダル」(京都の東南アジア化?)をNGとして 「スマートカジュアル」のつもりだとすると,「カジュアル」になったら どんな格好になるのか 恐くなります。

日本橋の 「マンダリン オリエンタル ホテル東京」の初期のホームページには 各レストラン,バー毎に ドレス・コードが示されており,啓蒙に良い傾向だと感心した記憶がありますが,現在の ホームページに ドレス・コードが見当たりません。
日本では 厳密なドレス・コードの運用は無理なのかもしれません。

結局のところ,日本では 時刻を含めたその場所にふさわしい服装が何かを,客自身が考えることが必要だということのようで,強制せず,場違いな服装でも 厳しく言わない風土があるのかも知れません。

しかし,程度の低い話ですが,朝食に部屋のスリッパを履いてくる客に注意せず,断らないホテルには泊まりたくありません。

| | コメント (0)

2012年11月25日 (日)

Clarks の箱の変遷。

Img_3852_2

靴を買ったときの箱が嵩張って邪魔になるので 処分することにしました。
既に 靴はなく,箱のみが残っているようなので。

Clarksの箱には 6種類のデザインがありました。
緑色の箱が もっとも馴染みのある箱ですが,古い順に並べよと言われても できません。

廃却前の記録とします。

| | コメント (0)

2012年11月24日 (土)

東筑軒の「大名道中駕籠かしわ」

Img_3841 駅弁「かしわめし」で有名な 北九州市八幡西区 「東筑軒」の 豪華二段重弁当 「大名道中駕籠かしわ」です。

義妹が北九州市から来訪の際,持ってきました。

「かしわめし」は 家人の大好物ですが,二段重を見るのは 初めてとのことです。

Img_3846

下段 「かしわめし」と 上段 「料理」です。

「かしわめし」は通常の \650 や \750 のものより 量が少なく 大人向けです。

| | コメント (0)

2012年11月23日 (金)

不祥事からの復帰は?

NHKのアナウンサーが 電車内で破廉恥事件を起こし,「酒を飲んでいて覚えていない。」と言ったようです。
酒を飲んでおれば 罪が軽くなるなどということはありません。

これで 思い出すのが 20年ほど前,やはり酒を飲んで,タクシー運転手に暴行を加えて逮捕された,当時のNHK人気アナウンサー S.M.氏です。
かすかな記憶では S.M.氏が運転手に,NHK内で使われる略称で行先を告げ,これを運転手が訊き直したことに腹を立て,車載電話で運転手を殴り,更に足蹴にした(後部座席から運転手の頭を蹴った?),という事件でした。
如何に寛容の精神をもってしても 真面な大人のすることとは思えません。

「酒を飲んでいたので 覚えてない。」と言ったかどうかは定かではありませんが,彼の性格,日頃の他人への接し方・態度(NHK内では「殿」と呼ばれていたらしい),品性・人間性までが推し量られる事件で,二度とブラウン管(古い)に現れることはないし,現れてはいけない人間だと 当時,考えました。

ところが,驚いたことにNHKは,彼を,この事件を起こした4年後に復帰させ, 「ニュース11」や 「その時,歴史が動いた」などの司会をさせたのです。

「その時,歴史は動いた」は興味をそそる番組でしたが,観るたびに 彼の顔を見て 不愉快になっては 健全な精神生活を送ることができないので,この番組を観ることはありませんでした。
放送法では,このくらいのことで 受信料を免除することはありません。

それにしても 一般の会社であれば 懲戒解雇も不思議ではないと思われるところを,百歩譲って アナウンサーでなく,世間に顔を出さないで済む仕事はNHK内にいくらでもあるだろうし,他にも アナウンサーは何人もいるだろうに,何故,敢えて 品性に欠陥ある彼をブラウン管に復帰させたのか,今もって不可解,かつ,不愉快に思っています。

今回の事件と比べて 罪の軽重は?というのは難しいところですが,S.M.氏の事件の方が軽いとは思えません。
その彼を 懲戒解雇せず,表舞台に復帰させたNHKの体質は変わっているでしょうか?

NHKは まずい(今回の事件のアナウンサーにとっては 「好ましい」)前例を作っているようです。

| | コメント (0)

2012年11月22日 (木)

クラークス,デザートブーツ 2回目のソール張替え

スェードのデザート・ブーツは,クレープのソールが摩耗する頃には スェードが汚れ,シャンプーしたとしても 風合いが劣化して,新調で 2万円程度の靴のソール張り替えに1万円弱を使うのはパフォーマンスが悪いので,ほとんど張替えせず 廃棄処分にします。

但し,特殊なケースで デザート・ブーツのソールの張り替えすることがあります。

Img_38386,7年前に買った ‘Scratched Leather’のデザート・ブーツのソールの張替えを 最近,行いました。
理由は 「‘Suede’と違って 汚れが目立たないこと」 と,「現在 製造されてないこと」 のふたつです。
3年前に 1回目の張替えをしたので,今回が 2回目です。

Clarks のクレープソールの張替え値段は,今まで \7,000 でしたが,今年から \9,000 に変わっていました。

縫い目の位置を変えて縫うようなので 3回目は難しそうです。
-となれば,雨の日でも構わず 保有のデザート・ブーツの中では 最も高い頻度で履いているのを改めて,寿命を延ばすことを考えましょう。

尚,今回,広島市の Clarks Shop に依頼し,2週間で出来上がりましたが,エッジを 「薄茶色」にする,注文書に明記した項目が実施されていなかったので,再度 工場に送って,インクによる着色を実施したため 更に 2週間が追加されました。

| | コメント (0)

2012年11月21日 (水)

ラ・フランスの賞味期間が短いのでジャムにー

Img_3811ラ・フランスは収穫後,1週間経った頃が食べ頃だそうで,それ以前は硬く,以後は柔らかくなりすぎ,最適賞味期間は 数日間に限定され 梨とは様子を異にします。

ラ・フランスを36個 入手して 適当に配りましたが,手元に まだ残っていて 柔らかくなりすぎるので ジャムにすることにしました。(自らの意志により,自らの手でー)

Img_3817Img_3818_3

まず,3個の皮を剝きました。柔らかいので トマト・ピーラーを使っています。

Img_3819_2Img_3824_2

重さを量ると 582g あり,砂糖を その1/3強の 200g とし,砂糖の半分とレモン汁を加えて 鍋にしばらくおいて 水分を出しました。

Img_3826Img_3827

その後,中火で灰汁を取りながら ひたすら煮て,途中で 残りの砂糖とラム酒を適当に加え,好みの やや高めの粘度をもって完成としました。(ペクチンは用いず。)

Img_3834瓶に詰めて,冷えてから クラッカーに付けて 味見しました。
(クラッカーというのは それ自身を味わうものではなく,何かを味合うための台という認識でいいのでしょうか?)

いい出来です。色もなかなかです。
やれば できるものです。
一年前の 「アヲハタ・ジャム工場 体験Jam工房」での ジャム作り実習を思い出しました。

砂糖は もっと少な目でもよかったようです。

| | コメント (1)

2012年11月20日 (火)

UNIQLOのCMに誘われてー

Img_3802UNIQLO の「暖かいパンツ」のCMに誘われ,どんなものかと見に行って,\1,990 が 期間限定 \1,290 だったので つい買ってしまいました。

‘Warm Easy Pants’,裏地は フリースで,確かに暖かそうです。表・裏とも ポリエステル 100% です。

部屋着としてしか使いません。

| | コメント (1)

2012年11月19日 (月)

雨上がりの公園

Img_3797
雨が上がったので外出しました。

近くの公園の木々の葉が色づいています。

そろそろ冬です。

| | コメント (0)

2012年11月18日 (日)

‘Football Button’とはー

カジュアルなスポーツ・コートやヴェストなどに使われるボタンに 「くるみ(包み)ボタン」があります。

Img_3795一般に 「くるみボタン」の定義は 「木または金属の芯(しん)を布や革で包んで作ったボタン」で,紳士用のスポーツ・コートなどの場合は 革で包んだものを 「くるみボタン」と言うようです。

これを英語で何と言うでしょう。

Leather Button’,広い意味では,これに含まれるのは確かです。

Leather Covered Button’,そのままで,これが最も分りやすい言い方のようです。

Leather Football Button’,こういう言い方もあるようで,洒落ています。何となく分りますね。

秋・冬の ツィードのスポーツ・コート(ジャケット)には欠かせません。

| | コメント (0)

2012年11月17日 (土)

‘空母 エンタープライズ’ が退役する。

Uss_enterprise_cvn65_4米海軍の,世界最古(世界初)の原子力空母にして世界最大の軍艦・ エンタープライズ( USS Enterprise,CVN-65)が 12月1日の退役式典で引退するそうです。

団塊世代の私には,今となっては 懐かしい名前です。

ベトナム戦争(1965~1975)真っ只中,我々 団塊の世代が 大学2年生~高校3年生だった 1968年(昭和43年)1月,エンタープライズが佐世保に入港するとき,これに反対する全国の学生運動家が佐世保に集結し,「寄港阻止闘争」を展開しました。
これを迎え撃った機動隊 5,000人と言われています。
TVニュースによる博多駅での衝突映像を含めて 機動隊と学生の衝突が記憶に残っています。

学生が阻止運動に参加する前の略称が 「エンター」と,しまりがなく,何のことやら分らなかったのが,学生たちが学内の掲示板に 「エンプラ入港阻止」 と書いたところから 「エンプラ」が一般的な略称になりました。

エンタープライズは 1961年に就役して,実に51年間 現役を続け,米海軍史上 最長の就役期間を記録しました。

就役した翌1962年,キューバ危機があって 海上封鎖に初出動しました。
この時,私は中学2年生で,遂に米ソ戦争が始まるのかと,かなりの確度で感じたものです。

Enterprise
全長:1,123ft(342m),幅(at Water Line):132.8ft(40.5m),最大幅:257.2ft(78.4m),喫水:39ft(12m),満載排水量:93,284LT(Long Ton),Reactor:8基,蒸気タービン:4基,プロペラ:4軸,最大出力:280,000SHP(210MW),最大乗員:5,828人 の巨艦です。

本艦に対する記憶として もうひとつ-

Cvn65_a1960年~1963年に 集英社の月刊漫画誌「日の丸」に連載された 横山光輝氏の 「少年ロケット部隊」で使われた空母のモデルが,特徴ある艦橋の形状から エンタープライズではなかったかと思います。
ひょっとして 小沢さとる氏の何かの漫画だったのかも知れません。

又,この漫画で少年達が乗った ロケット戦闘機は 有人航空機として最高速(マッハ 6 以上)を記録した 米国の ‘X-15’をモデルにしたものでした。

Marco_polo尚,現在 商船を含めた世界の艦船で最大(最長)の船は,おそらく 今月 就航した 16,020個積み コンテナ船 ‘CMA CGM Marco Polo’(全長:396m,幅:54m,喫水:16m) と思われます。

| | コメント (0)

2012年11月16日 (金)

「日本海」で謝罪とは?

「MBC番組 『日本海』表記を公式謝罪」 という見出しで,11月12日付け 中央日報日本語版に,嘘のようなおもしろい記事がありました。

「MBC(文化放送)番組「神秘なTVサプライズ」の制作関係者が、東海(トンヘ、日本名・日本海)を「日本海」と表記した地図を使用したことについて公式謝罪した。

  「サプライズ」の制作関係者は12日、公式ホームページで、「11日の放送で東海が日本海と誤って表記された地図を使用しました。 事前に確認せず放送したことをお詫びします」と伝え、 再発の防止を約束した。

  「サプライズ」は11日の放送で、台湾出身歌手テレサ・テンの一代記を伝えた。 テレサ・テンが日本に進出した内容を伝える過程で、東海(East Sea)が日本海(Sea of Japan)と表記された地図を使用し、視聴者から非難を受けた。」

「東海(トンヘ,日本名・日本海)」?

韓国内で 何と呼ぼうと構いませんが,日本版に嘘を書いてはまずいです。
「日本海」は日本名ではなく 国際名(世界標準名)なので,「東海(トンヘ,国際名・日本海 ‘Sea of Japan’)」が,正しい表記です。

今年開催された IHO(国際水路機関)総会で 「日本海」単独表記を維持することが決まりました。
韓国もIHOに加盟しているし,代表を総会に送っているはずですが,自国が加盟している国際機関の決定事項 そのままの地図を放送した放送局が,謝罪しなければならないという国のようです。

国内に結果を公開しているのでしょうか? 
IHO総会で 「日本海」の表記を変えるように策動していましたが,うまくいかず,自国の思い通りにいかなければ その国際機関の決定事項に従わないのでは IHOに加盟している意味がないですね,子供ではなく,一応 国家ですから。
決定が気に入らなければ 脱退したら如何でしょう?
安保理の非常任理事国になった以上,国連の機関である IHOを脱退することは難しいのでしょうか。
「日本名・日本海」の誤解を生じやすい表示は  是非 IHOを脱退してからにしてほしいものです。

この記事が本当だとすると,国際機関の決定事項に沿ったことを示したことで 放送局が謝罪を求められ,更に その謝罪が当然のこととして 新聞社が躊躇なく 世界に広言して恥じない不思議な国であることは間違いないようです。

|

2012年11月15日 (木)

帆布の CAP 。

大した目的もなく デパートに入ったら 「日乃本帆布」(山形県米沢市)の製品が期間限定の出張販売で並べられていました。

鞄・袋の類のデザインで目を引く製品はありませんでしたが,キャップが目に留まりました。

Img_3773今 持っている紺色のキャップの色が褪せてきたので買い替えることにしました。

頑丈な帆布で長めの庇,色は黒です。
通気孔もあって,丁寧な造りです。

「つや姫」,「ラ・フランス」に次いで 立て続けの山形県産物の入手となりました。
山形県,頑張っています。

| | コメント (0)

2012年11月14日 (水)

オーダーメイドの 『マット』

Img_3736布団の下に敷く ウレタンの「アンダー・マット」です。

厚さ 2cm ほどの薄いものです。

先月,家人が東京に行った際,関東在住時に 布団を注文したことがある店に行って 注文したのが 布団と共に送られてきました。

オーダー内容は 「幅(5種類)」, 「3 or 4 pieces(三つ折り or 四つ折り)」 と 「カバー布」の3項目です。

Img_3733Img_37351枚のウレタンだと収納時に嵩張るので,折り畳み易く 分離していて折ることができ,「三つ折り」にするか 「四つ折り」するかが選択できます。

これは 「四つ折り」です。

カバーの布は 「ベージュ」 と 「こげ茶」の粗い織りの綿布にしています。

Img_3731フルオーダー専門の布団屋さん,‘Al-jabr’(アル・ジャブル)の製品です。

マンションの中にある店には 予約して行く必要があるそうです。

| | コメント (0)

2012年11月13日 (火)

「狂信的極右派」ってどんな派?

11月9日付 中央日報日本語版に 「『慰安婦、将官を上回る収入』…日本が米紙に広告」という記事(読み物?)がありました。

韓国の広報専門家ソ・ギョンドク教授と歌手キム・ジャンフンがニューヨークタイムズなど有力紙とタイムズスクエアの広告看板に出した『あなたは覚えていますか(Do You Remember ? )』 広告に、日本の狂信的極右派が反論する形式の『はい、私たちは事実を記憶している(Yes,We remember the facts )』という広告が、4日の米ニュージャージー州の地域紙スターレジャー(Star Ledger)に掲載されたと、韓国通信社ニューシスが9日報じた。
・・・・・・・
広告を載せた『歴史的事実委員会(the Committee for Historical Facts )』は、極右言論人の櫻井よしこをはじめ、青山繁晴、すぎやまこういち、西村幸祐、藤岡信勝など、政治評論家、テレビプロデューサー、作曲家、教授などで構成されている。

この広告は3つの点を主張している。

一つ目は、慰安婦募集は民間ブローカーが行ったということだ。日本軍隊はこれを禁止したとし、1938年3月4日付の『陸軍省通牒第2197号』を根拠に採択している。

二つ目は、1939年8月31日付の東亜日報の記事だ。『悪徳紹介業者が跋扈』『農村婦女子を誘拐 被害女性は百名突破』などの見出しのこの記事は、女性を誘拐・拉致して慰安婦にした一党が警察に検挙されたというもので、広告は「当時日本の管轄権の下にあり、結果的に日本政府がこうした犯罪に対して厳しく対処したことを立証する」と主張した。

三つ目は、慰安婦は性奴隷でないと主張している。『合法的な売春婦はどの戦争にも存在した。彼女たちはよい待遇を受け、佐官はおろか将官をもはるかに上回る収入を得ていた。戦時中に苦難を体験したのは悲しいことだが、幼い女性を性奴隷として連行したとか、20世紀最大の人身売買犯罪というのは意図的に歪曲するものだ』と伝えている。
・・・・・・
ニュージャージー州の代表的な韓人社会に暮らしているユ・ジェウォンさんは『天地が知る歴史の真実を偽りで伏せる者と同じ空の下にいるということに腹が立つが、狂った者の脳の構造を恨む前に、米国の韓人社会が真実を知らせるために力を合わせなければならない』と述べた。
・・・・・・」

韓国(人)の意に沿わぬ主張をする日本人を 「右翼」呼ばわりするのは いつものとおりですが,今回は 「狂信的極右派」にして 「極右言論人」 に進んでいます。

三つの主張に対する,歴史的根拠に基づく合理的反論不能のまま,「天地が知る歴史の真実を偽りで伏せる者」 などと情緒的なことを言われても困ります。
韓国(人)にとっては 半ば宗教のようなものでしょうが,これは宗教の話ではありません。


歴史は情緒で語るものではありません。

因みに-

「聯合ニュース」 の見出しは 「『慰安婦強制動員なかった』=日本有識者ら米で広告」 となっていて,櫻井よしこさんを 『ジャーナリスト』,「歴史事実委員会」を 『日本の有識者でつくる・・・』 と,新聞らしい表現でした。

「東亜日報」は 櫻井よしこさんを 『右翼ジャーナリスト』,「歴史事実委員会」を 『日本右翼団体』と断じています。

|

2012年11月12日 (月)

リタイア近いので フェアアイル柄のヴェスト

スーツの下に着る グレイ あるいは 薄茶色のボタン留めヴェストを探していましたが,適当なものが見つからず,探しているうちにリタイアが近くなり,リタイア後にスーツを着るつもりはないので 探すのを止めました。

Img_3763_2代わりに スポーツ・コートや ブレザーや バラクータ G9 などに合わせるフェアアイル柄のヴェストにしました。

ちょうど 今年の VAN Jacket の秋冬製品にラムズ・ウールの適当なものがあったので 注文しました。

Img_3770同じ柄の ネイビー,エンジ,グリーンの三色のうちのネイビーとしました。
バラクータ G9 のネイビーの下にどうでしょう。

紺のブレザーの下にも合いそうです。

Img_3766

6年前の,これも VAN Jacket の ヴェストと並べると,同じ フェアアイル柄でも 雰囲気が異なって新鮮です。

| | コメント (0)

2012年11月11日 (日)

晩秋の土曜日,呉散歩。

短い秋が過ぎようとしています。

土曜日,買い物がてら散歩に出かけました。

Img_3750Img_3755

蔵本通りを歩きました。
銀杏の葉が色づいています。

しばらく歩いて 歩道の雰囲気が違うことに気が付きました。

3年前に U-ターン転勤で 15年ぶりに呉市に戻った時に 目障りで,すぐに市長宛てメイルで 撤去するよう注意した,歩道を占有していた「幟旗」が,ビルの敷地内フェンスに引っ込んでいました。

無法にも バス停に並んで立てられていたこの場所が改善されたことは 喜ばしいことです。
呉市土木課が 「粘り強く指導していきます。」と回答をよこしてから 3年近く経っていました。

Img_3760市役所付近で 「呉JA祭」と書かれた貸し切りバスを見かけて,開催されている体育館に行ってみました。

体育館の前のテントで 「みかん」や「野菜」が販売されていました。

「大長みかん,一袋 500円 詰め放題」 というのがありましたが,持って帰るのが大変そうで遠慮。

Img_3757_2Img_3758_2

体育館の中でも 直売が行われていました。
そして,一室では 品評会で入賞した野菜を展示していました。

スープにするとのことで 「白ネギ」を 16本 抱えて帰宅しました。

| | コメント (0)

2012年11月10日 (土)

子供の頃に覚えたこと。

概ね 50~45年前の中学生から高校生の頃,試験のために覚えたことを,覚えたままに,まだ覚えているものがあります。

例えばー

・「ブス は アト」 技術家庭科です。
     「ブリキ は錫メッキ で 亜鉛メッキは トタン」 の意味です。
     他意はありません。
     最近(?)は(当時はなかった),「アルミ・亜鉛合金メッキ」の「ガルバリウム鋼板」があるので 覚えるのも大変です。

・「ハミネ」 これだけでは 何のことか分りません。これも 技術家庭科です。
  この後に 「窒素・リン酸・カリ」 と続きます。
     「窒素肥料」は 「葉」,「リン酸肥料」は 「実」,「カリ肥料」は 「根」に必要,の意味です。
    よって 大根を栽培するなら 「カリ肥料」,トマトなら「リン酸肥料」,白菜なら「窒素肥料」が重要,ということですね。

・「コウコウハクシダン」 これは 普通の一般教養ですね。
     「公・侯・伯・子・男」 で 爵位の序列です。

・「ジュウゴノヨサ(銃後の良さ)」 1543年,種子島にポルトガルから鉄砲伝来。   
    あとは 「イシクニ(石国)」で 1492年,コロンブスのアメリカ大陸発見,くらいでしょうか。 
    歴史モノは 余り興味がなく 覚えませんでした。

・しかし 中国の王朝は覚えました。
    今でも,何とか言えます。
    「カ・イン・シュウ・シン・ゼンカン・シン・ゴカン・サンゴク・セイシン・トウシン・ナンボクチョウ・ズイ・トウ・ゴダイ・ソウ・ゲン・ミン・シン・チュウカミンコク・チュウカジンンミンキョウワコク
    5歳上の兄が中国で仕事をした後の宴会で これを披露して 中国人に感心されて 酒を飲まされた(?)と言っていました。正しく(?)世界史を勉強したなら言えるはずです,かな?
    これは 勢いをもって 一気に言う必要があります。途中で息継ぎをすると忘れます。
    重要なのは 「シン」の順番です。「秦」,「新」,「晋」,「清」 の順番を間違ってはいけません。
    「宋」と 同時期に並立した 契丹族の「遼」が 出てきませんが,いいのでしょうか?
    最初の王朝 「夏」は伝説と教わりました。現在の考古学で どうなっているかは知りません。「殷」も 「殷墟」が発見されるまでは伝説でした。
    「中国四千年の歴史」には 「夏」王朝が必要です。

・「ドーリア・イオニア・コリント」 は中学の美術です。
    ギリシャ建築の建築(柱)様式ですね。順に シンプルから装飾が多くなります。
    「エンタシス,アルカイック・スマイル」 なども中学の美術で覚えました。

-等々

これらを覚えていて 何の役に立ったのかと考えると・・・・。   
まあ,一般教養ということにしておきましょう。

| | コメント (0)

2012年11月 9日 (金)

山形から 「ラ・フランス」届く。

Img_3746梨の季節が そろそろ終わりに近づきました。

すると 洋梨,ラ・フランスの季節が来ます。

山形から 「ラ・フランス」が届きました。

山形県に知人がいるわけではなく,10月初めに クレジット・カードのポイントで予約注文していたものです。

発送は 11月1日以降になっていました。

どのくらいの量かは気にしていませんでした。

Img_3739_2Img_3743

送られてきたのは 二箱,一箱に18個で 計36個。
果物屋を開くわけではありません。

この量には驚きました。

Img_3748食べ頃が 11月14日と書いてあったので まだ食べていません。

きっと美味でしょう。

夫婦二人では 食べ切れないので おすそ分けを考えます。

この秋に クレジット・カードのポイントで ,「つや姫(山形の米)」 そして 今回の 「ラ・フランス」と続けて交換し,ポイントがほぼなくなりました。
又,貯まるまで待ちましょう。

| | コメント (0)

2012年11月 8日 (木)

「うどん」に『コシ』はいるか?

「『コシ』がありますね~。」が,「うどん」の褒め言葉として 世の中で 一般的になっているような気がします。
所謂,「讃岐うどん」の 特徴(敢えて 「特長」とせず)のようです。
「コシ」とは 小麦粉をこねて,タンパク質からグルテンを生成させているわけで,「麩」になる一歩手前(?)のようなものでしょう。

これに,どうどうと反論するのは タモリ氏で 「うどんにコシはいらない。うどんは,つるっと飲み込む(?)もので,コシは邪道だ。」(厳密な聞き取りではなく,雰囲気として-)が持論のようです。
福岡県のうどんに「コシ」はありません。

福岡県生まれの私も タモリ氏と同意見です。
と,言っても 年数回しか食べませんが。

40年ほど前,五木寛之さんが 「食に関する贅沢」について書いていたのを読んだ記憶があります。

朝,羽田を発って福岡に向かう。
行先は 博多大丸の横(裏)にある「うどん屋
(名前は失念。現在 天神にある大丸ではなく 呉服町にあったときの大丸)で,ここで うどんを食べて 福岡空港から羽田に戻る。 

更に,羽田から札幌に飛び,ここで 「ラーメン」を食べて その日のうちに帰京する。」

概略,こんな内容だったと思います。
当時,一杯 高々 100円~200円程度の 「うどん」と「ラーメン」を食べるため,飛行機で それぞれの本場に行くことの贅沢を書いていました。

ラーメンの本場が札幌か,という疑問はさておき,当時,五木寛之さんにとって 「うどん」の本場は 福岡だったことは間違いありません。

氏も 福岡の出身だから?

| | コメント (3)

2012年11月 7日 (水)

これを どうやって料理しようか?

帰宅時,バスの乗り換えのため 駅まで出ました。

乗るバスまで時間があったので デパートの食品売り場を歩いて果物売り場で 面白いものを見つけて買って帰りました。

Img_36652.5kgのココナッツ,フィリピン産です。税込 \525。

さて買って帰ったのですが,家には ナタもないので どうやって割るものか 悩みます。

Img_3681Img_3672_3

取りあえず 錐やらドライバーで 孔を二つ開けました。
Air Hole が近すぎて ジュースがどっと出る,というわけにはいかず,器に置きっぱなしとして 自然に出るのを待ちました。

Img_3676Img_3678_2

最後の 一滴まで出そうと 振っています。

500cc の保存用グラスに一杯出ました。
全質量の 20% がジュースでした。

冷やして飲みました。

薄い甘さがあり,悪くはありませんが,好きになるほどではありませんでした。
昔の 船乗りが 脱水症状を起こし,生理食塩水がないときは 点滴に使ったという話もあるので 無菌で 体液の成分に近く,ほとんど飲んだことがない 「ポカリスエット」のようなものかも知れません。

Img_3687その後,出刃包丁で苦労して割りました。

白い果肉部分(固形胚乳)を 削り取り,すりおろして(水を加えて煮て)絞り,ココナッツ・ミルクを作ろうと思いましたが,硬くて スプーンでは歯が立ちません。

そういえば,現地の女性が金属の突起がある椅子のようなものに跨って,半割りのココナッツを当て,力ずくで ゴシゴシ削り取っている映像を見たことを思い出し,道具が無ければ無理な作業だと 簡単に諦めました。

| | コメント (0)

2012年11月 6日 (火)

10数年ぶりの傘

傘の撥水性が悪くなり,防水スプレーも効果が出にくくなったので,数年前から買い替えようと思っていながら 買いそびれていました。

Img_3700そして 偶々,傘屋の前を通って思い出し,10数年ぶりに新調しました。
私にとって 傘は使い捨てではなく,突風で骨が折れれば 修理して,最低 10年は使い,1年当たり \1,000 程度の支出なので,ビニール傘を使うよりは安いでしょう。

とは言え 「傘は Fox か Brigg でなければならない。」 の類の拘りは全くなく,メーカーは どこでも 何でもいいのですが,趣味として 柄(正式には‘手元’)は自然素材,シャフト(正式には‘中棒’)は木製です。

品質は 日本製であれば 同じようなものでしょう。
「日本の雨には 日本の傘。英国の傘は 日本の雨に耐えられない。」 という説もあるようなので。

Img_3694_3約25年間に使った2本(傘を紛失した経験なし。)の傘と並べました。

左から 古い順です。
今度の傘の柄の材質が何か分りませんが,もっとも自然で,好みです。

Img_3696_2シャフトが木製なので 「石突き」も当然,「木」です。
Img_3696

| | コメント (0)

2012年11月 5日 (月)

アタマの店?

Img_3728HEAD SHOP LIBERTAD’,(ヘッドショップ,リベルタ?)と書いてある看板です。

広島市並木通りを歩いていて見つけたビルの看板です。
HEAD SHOP’を見逃すわけにはいきません。

「頭の店」とは何でしょう。
「頭の売り買い」 は想像できません。

「美容院」とは思いますが,何故 ‘HEAD SHOP’なのか分りません。

まさか,そんな英語はないだろうと思いながら,帰宅後 調べると-
何ということでしょう! ありました。

HEAD SHOP:【俗】(違法の)麻薬用品販売店’。
例文として ‘He bought some roach clips and hashish pipes at the head shop.’(彼は マリファナ用品店でマリファナフォルダーとハッシシパイプを買った。)がありました。

スラングを看板に書くことはあり得ないとはいえ,日本人が,何も知らず,雰囲気だけで,英語を使うのは 恥ずかしく,更に 危険です。

| | コメント (1)

2012年11月 4日 (日)

呉市から広島空港へのリムジンバス運行再開?

10月30日 朝日新聞・広島版で 「呉-広島空港間リムジンバス」 運行再開計画を報じていました。

概略内容はー

***********************************
呉市は 10月29日,赤字のため昨年3月末に廃止した「呉-広島空港線」のバスを,早ければ来春から運行再開させる方針を決め,市議会地域公共交通対策特別委員会で説明した。 

東広島呉自動車道の阿賀IC ~ 黒瀬ICが4月に開通し,呉市中心部から広島空港まで 約20分短縮されて 約50分となり,効率的な路線運営が可能になったという。 

同自動車道は2014年に全線開通の予定で さらに利便性が高まる。 

運行業者は公募。
***********************************

・最近,東京に行くことがないので あまり関係ないのですが・・・。
・廃止される直前は 70分でしたが,その少し前は 90分かかっていました。
  広島駅を経由(電車で 呉-広島,バスで 広島-空港)するのと 時間的にあまり変わらないのですが,乗り換えの面倒を避けるため バスを使っていました。
  フライト時間より長い飛行場へのアクセス時間に矛盾を感じる以上にウンザリしていました。
・50分(将来,さらに短縮)は画期的短縮で,最終的には かつての約半分の時間になり,何とかフライト時間より短くなります。
・呉市は今年,市営バスを広島電鉄に売却しています。
  公募に応じる業者は いるのか心配です。JR あるいは 広電バス?
・再開するとして,継続成否に関係する重要な条件は便数(運行ピッチ)です。
  赤字を恐れて便数を少なくすると(例えば 1時間に1便),敬遠されるでしょう。
  ユーザーからすれば 15分に1便が望ましいのですが,それが無理なら 30分に1便が最低の便数と思われます。
  バスのダイアに合わせて フライトを選ばなければならないのは本末転倒でしょう。
・東京-広島間は 「新幹線」と「飛行機」の選択臨界地点で ちょっとした条件が影響すると思われます。

(2013/6/5 追記)
2013/5/31付で 再開スケジュールが発表されました。

・7月1日 再開。
・運行は 広島電鉄バス。
・7往復/日。
・片道:70分。(50分 ではないようです。廃止される直前と同じです。)

| | コメント (0)

2012年11月 3日 (土)

パラブーツ・ミカエル に‘ヴィブラム・ソール’を-

4年間履いた チロリアン・シューズ 「パラブーツ・ミカエル」のソールが摩耗し,張替えをフランス製の純正品とせず,『ヴィブラム・ソール』 に決め,町の小さな修理店に頼みました。

「値段」と,「時間」と,「東京に送る手間」と,「(摩耗後の)スリップし易さ」が,純正品での張替えをやめた理由です。

町の修理店は ソール 取り寄せを含めて 5日間で張り替えてくれました。
しかも \7,500 で消費税なし,という 純正ソール張替の半分以下の安さでした。
材料費が \3,000 弱として 工賃は \5,000 ほど-,私にはできません。

Img_2621Img_3704_2張替え前後です。

Img_3706_3下は 1年間履いている,これも チロリアン・シューズの ‘DOLOMITE COLTINA’です。

‘DOLOMITE’は もともと 「ヴィブラム・ソール」 なので これと同じソールにするつもりで 修理店のカタログで選んだつもりでした。

‘DOLOMITE’と ‘Paraboot’を並べると 微妙にラインが違うのが分ります。
‘Paraboot’の丸みがある つま先が好みです。

Img_3715_2Img_3717_2

Img_3713並べて 比べると,パターンはほぼ同じですが,微妙にディテイルが違っていました。

パターンの No.が異なっていたのかも知れません。
が,ほぼ満足しています。

Img_3701ソールが純正品から 外れたので,シューレースだけでも 新しい純正品にと,4年前に買っておいた フランス製に替えました。

ウールのスーツを除けば 何を着ても これでいけそうです。

| | コメント (3)

2012年11月 2日 (金)

「10月26日 全国公開」が公開されず。

『アルゴ』(Argo),ベン・アフレックが監督・主演する,1979年のイラン・アメリカ大使館人質事件を題材とする映画が 10月26日に全国公開されています,のはずです。

是非 観なければ,と思ったのですが・・・。

広島の映画館では上映されていません。

Img_3690
何事かと 公式サイトで 「劇場情報」を確認すると,何と 「中国・四国地区」のみが消えていました。

「全国公開」の看板に偽りあり。 何故?

| | コメント (0)

2012年11月 1日 (木)

韓国から ロケットは打ち上がるか-

10月26日午後 打ち上げ予定の 韓国の人工衛星搭載ロケット 「羅老(ナロ)」が,その日になって 打ち上げ延期になりました。

1段目ロケット,バルブ調節用圧力をかけるヘリウムガスの,発射装置との連結部のラバーシール破損による漏洩が原因だそうで,製造したロシアが持ち帰って 原因分析・対策後 11月中旬に打ち上げる予定のようです。

韓国は 2009年と2010年に 人工衛星打ち上げに失敗しており,今回は 3度目の正直と,背水の体制で臨んでいたようで,前日 あるいは その日の朝までは ‘事前点検完了「すべての動作は正常」’,‘韓国ロケット「羅老」に拍手を!’,‘今は努力の結実を見るとき’などと 自信あふれる報道でした。
延期決定後の報道では ‘問題の部品は「ロシア産」’,‘韓国民に失望感’と勢いがなくなりました。

「問題の部品はロシア産」というのは当たり前で,「シール」どころか 1段目ロケット自体がロシア製であり,今回の3回目が契約の最後らしく,これに失敗すると 次回は 別の国の協力が無ければ 自国のみの技術によるロケットを打ち上げることになります。
現在 打ち上げ予定のロケットは,「韓国からの打ち上げ」には間違いありませんが,「韓国製のロケット」ではありません。

今回,打ち上げに成功するとして 「『韓国ロケット』ついに宇宙へ」 とか, 「世界で10番目に『宇宙クラブ』入りを果たす」(『宇宙クラブ』が いつできた,何か知りませんが・・・)と,自国製でないことを考慮すると正確さを欠いた,しかし 自尊心を満足させる報道となるのでしょうが,次回は 1段目ロケットから 自国技術で作ることになります。
ロシアは 韓国への技術移転はしておらず,写真撮影さえ禁止していたとのことなので。

ロケット技術は 他の工業製品と違って,どの国も 簡単にコピーを許さないでしょうし,他国のOB技術者をスカウトするのも難しいでしょうから,せっかく入会した「宇宙クラブ」から脱退ということで幕引きにならないよう頑張ってください。

ところで 今回 このロケットで軌道に乗せる予定の人工衛星は 「科学衛星」となっていますが,人工衛星に関する詳細の報道が見当たらず,何の目的の衛星か 分りません。
軌道投入成否を確認するための通信装置のみ搭載という話もあるので,科学衛星とは言いにくいところです。
自国領土内から(自国製か否かに関係なく) ロケットを打ち上げることが第一の目的となっていて,先進国から見れば ロケットが人工衛星を軌道に乗せる手段であることが 霞んでいます。
しばらくは,本当に必要な 人工衛星の打ち上げは 他国に委託せざるを得ないようです。

先進国への 後一歩(もっと?)が遠いようです。

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »