« 今年も 野暮に ‘Monty’をー | トップページ | 筒美京平さんはすごいとあらためて思う。 »

2012年11月29日 (木)

こんどこそ・・・今日 最後の挑戦

先月26日,部品不具合により延期になっていた韓国(1段目 ロシア製)の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ)」が,ロシアでの不具合部品のチェックを終え,新品に取り換えられて いよいよ本日(11月29日)午後,打ち上げられる予定です。

Photo人工衛星には 「宇宙放射線とイオン層の測定」装置が積まれているようです。

今日(29日)午前に 「羅老号3次発射管理委員会」を開き,打ち上げ実施を決定し,午後1時30分に最終打ち上げ時刻を発表するとのことです。

「羅老」は 2009年の1回目,2010年の2回目の打ち上げに失敗し,韓国が触れることができない1段目ロケットを提供しているロシアとの契約が3基までのため,今回が最後のチャンスです。
今回 失敗すれば 韓国の地から人工衛星が打ち上げられるのは,早くとも(うまく開発できて) 2021年の 独自技術韓国製ロケット完成までないようです。

さて,結果は?
それなりに楽しみです。

成功したとしても 自国のロケット技術ではないので,それほど喜ぶほどのことではないのでしょうが・・・自国の力で打ち上げたように喜ぶのでしょうね。

「成功すれば,韓国は独自開発のロケットを打ち上げた10番目の国となる。」と 聯合ニュースや 中央日報は期待をもって報じています。
ここでの 「独自開発」の定義が不明です。

(追記)
16時の打ち上げが決まりましたが,打ち上げ予定時刻の約17分前に,2段目(韓国製)の推力方向制御装置の電気信号に異常が見つかり,中止となって 今後の日程は未定だそうです。
推力方向制御装置(TVC=Thrust Vector Control)はフランス製とのことです。

|

« 今年も 野暮に ‘Monty’をー | トップページ | 筒美京平さんはすごいとあらためて思う。 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年も 野暮に ‘Monty’をー | トップページ | 筒美京平さんはすごいとあらためて思う。 »