« UNIQLOのCMに誘われてー | トップページ | クラークス,デザートブーツ 2回目のソール張替え »

2012年11月21日 (水)

ラ・フランスの賞味期間が短いのでジャムにー

Img_3811ラ・フランスは収穫後,1週間経った頃が食べ頃だそうで,それ以前は硬く,以後は柔らかくなりすぎ,最適賞味期間は 数日間に限定され 梨とは様子を異にします。

ラ・フランスを36個 入手して 適当に配りましたが,手元に まだ残っていて 柔らかくなりすぎるので ジャムにすることにしました。(自らの意志により,自らの手でー)

Img_3817Img_3818_3

まず,3個の皮を剝きました。柔らかいので トマト・ピーラーを使っています。

Img_3819_2Img_3824_2

重さを量ると 582g あり,砂糖を その1/3強の 200g とし,砂糖の半分とレモン汁を加えて 鍋にしばらくおいて 水分を出しました。

Img_3826Img_3827

その後,中火で灰汁を取りながら ひたすら煮て,途中で 残りの砂糖とラム酒を適当に加え,好みの やや高めの粘度をもって完成としました。(ペクチンは用いず。)

Img_3834瓶に詰めて,冷えてから クラッカーに付けて 味見しました。
(クラッカーというのは それ自身を味わうものではなく,何かを味合うための台という認識でいいのでしょうか?)

いい出来です。色もなかなかです。
やれば できるものです。
一年前の 「アヲハタ・ジャム工場 体験Jam工房」での ジャム作り実習を思い出しました。

砂糖は もっと少な目でもよかったようです。

|

« UNIQLOのCMに誘われてー | トップページ | クラークス,デザートブーツ 2回目のソール張替え »

」カテゴリの記事

コメント

クラッカーは、そのものを味わわれてもよい存在だと認識しています。

投稿: yoko | 2012年11月24日 (土) 13時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« UNIQLOのCMに誘われてー | トップページ | クラークス,デザートブーツ 2回目のソール張替え »