« お似合いの二人だろうけれど・・・ | トップページ | ‘BENTO’ そして 毛沢東 »

2012年12月 2日 (日)

‘007 SKYFALL’を公開初日に観た。

Skyfall_1201_212月1日,‘007 SKYFALL’,007シリーズ 23作目が公開されたので,早速 観ました。
ダニエル・クレイグが ジェームズ・ボンドとなって3作目です。

ちょうど1日,映画の日で 1000円ですが,私としては 「夫婦どちらか50歳以上」でも 「シニア料金」でも 1000円なので 関係ありません。

タイトルの ‘SKYFALL’が何を意味しているかなど,全く予備知識なしに観ました。
‘SKYFALL’を辞書で引いても該当語はありません。
‘SKYFALL’という言葉は 映画の中で2度(おそらく) 出てきますが,ストーリーに深い関係があるとは思えません。Native English Speaker は タイトルにするだけの意味を感じるのかも知れません。
(追記:12月4日に一説を示しました。)

ストーリーは シリーズの他の作品の「世界征服」など荒唐無稽なものではなく,‘M’を準主役とした現実的で 小粒ですが,アクションはそれなりです。

驚いたことを 二つ-

① オープニング・ロゴ で ‘SONY PICTURE’に続いて ‘MGM’のライオンと ‘COLUMBIA’ の自由の女神が現れました。
SONYが MGMを完全買収した?

② 敵のボスがいる,マカオ沖の廃墟の島が映し出された時,長崎の「軍艦島」ではと思いました。上陸すると 廃墟のビル(アパート)の様子が,似てはいますが,「軍艦島」とは異なっていました。
ところが エンド・クレジットの英語の中に 「長崎市 軍艦島」と,それだけ日本語で示されていました。
帰宅後 調べると,島に接近するときの映像は軍艦島。
実際に軍艦島をスタッフが調査し,建物が老朽化していて危険なので 島での撮影はせず, 「軍艦島」をモデルにしたセットで撮影したとのこと。

‘Q’が若くなって 久し振りに登場しましたが,奇抜な武器は登場せず,ボンドがやや がっかりしていました。
その代り,懐かしい アストン・マーティンの旧型(DB5)が登場し,マシンガンを発射します。
シフトレバーのグリップ・カバーを開けて ‘M’が座っている助手席を飛ばすジェスチャーもしてくれました。
これは 映画‘007’シリーズ誕生50周年記念のサービスでしょう。

|

« お似合いの二人だろうけれど・・・ | トップページ | ‘BENTO’ そして 毛沢東 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お似合いの二人だろうけれど・・・ | トップページ | ‘BENTO’ そして 毛沢東 »