« 007 ‘SKYFALL’の意味は? | トップページ | トンネル事故に関する素朴な疑問 »

2012年12月 5日 (水)

気になる掃除機 ‘dyson digital slim’

最近 TVコマーシャルで ‘dyson’の コードレス・クリーナーが気になります。

Dysondc44Dc45_side2

Dc44dyson digital slim DC45’,外国では ‘DC44 Animal’と呼んでいるようです。

メーカーが示す特長はー
  ・重心が手元にあって使いやすい
  ・最後まで変わらない強い吸引力
  ・簡単なゴミ捨て
  ・壁に付ける収納用ブラケット(充電兼用)で収納・取り出し容易
   (取り外し可能なバッテリーでも充電可能)

魅力的な仕様です。
通常モード(強モードではなく)で 20分の稼働時間は,我が家のように狭い住宅には充分です。
電源がある廊下にブラケットを付けてぶら下げておけば 気になったときにすぐ使えます。

電気屋で現物を確認してきました。
(ここまで やると すぐにでも購入しそうですが,年金生活待機者はそう簡単にはいきません。)

一応,値段を調べました。
Dyson のサイトに示される正規価格は 日本:約\60,000,英国:約£280,米国:約$400 です。日本の 約\60,000 に対して,現在の為替で 英国:約\37,000,米国:約\32,000 で,
どうも 納得できない日本の価格です。
全て 東南アジアで作っていると思われ,同じ製造原価に 日本は何が大きくプラスされて,この価格になるのでしょう?
日本向けは 特別な仕様で作られているのでしょうか?

現在 使っているクリーナーが壊れたときの代替品購入候補としておきましょう,米英なみの \35,000 くらいなら すぐ(?)に買うのですが。

|

« 007 ‘SKYFALL’の意味は? | トップページ | トンネル事故に関する素朴な疑問 »

mono」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 007 ‘SKYFALL’の意味は? | トップページ | トンネル事故に関する素朴な疑問 »