« 誕生日を 砥部のオーベルジュで- | トップページ | 砥部のオーベルジュ周り »

2012年12月12日 (水)

砥部のオーベルジュに一泊,ヴィラのようす。

誕生日祝いに 愛媛県の ‘TOBE AUBERGE RESORT’(伊予郡砥部町)に 食事に行き 一泊しました。

Rooms_4Img_3967





宿泊施設は 江戸時代中期に作られた調整池「通谷(とおりたに)池」(農水省・選定委員会による 『全国ため池百選』のひとつ)畔に建つ 2階建ての集合棟に スタンダート 6室,スイート 2室,それに 平屋のヴィラ 2棟があり,今回 泊まったのは ヴィラでした。
平屋(1階)でも 高台にあるので眺望は開けています。
部屋の池側は ほぼ全面,床から天井までガラス張りで,壁がなく開放的です。
(間取りは パンフレットから 拝借)

ゆっくりと 何もせずに過ごすことが concept のためか default(?)として TVは置いてありません。(残念ながら 俗人のため TVを準備してもらいました。)

Img_4044Img_3953_4

Img_4007_2ヴィラの入り口,アプローチ(IN から OUTを見る) そして 玄関です。

アプローチは 曲がっており,玄関ドアが 直接見えないようにしています。

又,電線・電話線を地中に埋設しているようで 引き込みが見えません。
景観に気を遣って電柱はありません。

内部の造りを期待させる外観です。

部屋配置は Deck と Entranceによるくびれで ‘Living Space’ と ‘Bed Space’ を分けており,Bed Space の奥に Bath Roomがあります。

Img_3924_2Img_3917

エントランスの正面にDeck があり,「通谷池」が望めます。
池は国有地(池)ですが,噴水は オーベルジュが設置し,管理しているようです。
「景観」 と 「水の浄化」の観点から メリットありとして国が許可している,あるいは 民間会社が国に提供している,ということですね。

左側は Living Space です。

Img_3938Living Spaceの長いソファに沿って 机が配置されて,デスク・ランプと椅子が備えられているので 書き物も可能です。

有線インターネットは可能ですが,試しに WiMAXで 繋いでみました。
繋がりはしますが,電波は十分な強さではありません。

このような ゆっくりすべき場所で インターネットに繋げようとすることが間違っているということでしょう。

Img_3918Img_3921_6

Living Space および Bed Space から Deck 方向を見ています。

Img_3930Img_4004_2

Img_3931_2Bath Room です。

Bath Roomも 「通谷池」を望める総ガラス張りです。
スタンダード と スイートは Bath Room から Deck に出られるようですが,ヴィラのBath Room は Deckと連続していません。

Bath Tub そばの 和蝋燭の灯りで 入浴が楽しめます。

Shower Booth は 4面ガラス張りの完全独立型で Rain Shower を備えています。

床と壁は 石(又は タイル)で 床暖房が入っています。

Img_3935Img_3948_3

洗面台はシンプルです。
シャンプー類は ‘L'OCCITANE’でした。
桐(?)の箱には 歯ブラシなどが入っています。

Img_3947_2Img_4002

Living Spaceの冷蔵庫がセットされた棚には コーヒー豆と ミルがあったので,久しぶりに ミルで豆を挽き,濃いめに淹れました。

Img_3942Img_4046_4

室内は禁煙のため Deck で 煙草を吸いました。
ダッフルコートが必要でした。

Img_3999Img_3995_2

寝巻の他に,部屋着(靴下も)が準備されていました。
襟に 小さな刺繍があるのが女性用です。

そして 夜食です。

Img_4047建物を含め 全てが 気に障らない,統一感のある趣味で揃えられ,隅々まで神経が遣われており,心地よく 寛げる空間で 気に入りました。

最後の写真は ベッド枕元の壁の 活け花です。

(蛇足) 部屋は 完璧に整っていました。
広い窓ガラスも曇りなく磨かれていました。

チェックアウト:12時,チェックイン:15時の間に,この 80.8㎡のヴィラを 何人が,どのくらいの時間をかけて,どのような要領で整備し,整備状況のチェックするのか,家人は大変 興味を持ったようで,一度 その様子を見学して 家事の参考にしたいものだと申していました。

|

« 誕生日を 砥部のオーベルジュで- | トップページ | 砥部のオーベルジュ周り »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 誕生日を 砥部のオーベルジュで- | トップページ | 砥部のオーベルジュ周り »