« 正月には 火鉢で餅を焼く。 | トップページ | 頭が寒くて Hunting Cap。 »

2013年1月 4日 (金)

今年の調査捕鯨に関するあれこれ-

南極海での調査捕鯨のため,12月28日 調査捕鯨船団が下関港を出港したと報じられました。
さて 本年度の ‘シー・シェパード’との攻防はどうなることでしょうか。

海洋資源が枯渇しない配慮をしながらの健全な商業捕鯨活動の再開(IWCの目的)を希望する,鯨肉好きな私としては,捕鯨技術が廃れず存続することを願うものです。

本年度の今まで報道された 本件に関連する事項は-

・船団には 妨害防止専用船が同行する。(船種など詳細不明)

・かつて 気象庁の海洋気象観測船だった 「清風丸」が,米国企業を経由して 200万ドルで シー・シェパードの手に渡った。
「サム・サイモン号」と名付けられ 皮肉にも捕鯨妨害活動に使われると推測される。

・米国の裁判所(第9巡回裁判所)が,調査捕鯨を実施している日本鯨類研究所と共同船舶による 「シー・シェパード」の妨害差し止め処分を求める提訴(上訴)に応じ,「差し止めの仮処分命令」を出した。(現地 12月17日付)
これによると 「シー・シェパードが南極海で調査船や船員に攻撃すること」や,「公海上で調査船の 1,500 ft (457m)以内に近づくこと」 などを禁じている。
違反した場合の罰則は後日 示されるという。

そもそも 無法集団なので 裁判所の命令に従うとは思えませんが,従わないことによって 無法集団であることが 更に世界に知らしめられることになります。

(1月9日 追記)
1月8日,シー・シェパードのボスである ポール・ワトソン容疑者(国際手配中)が代表を退くことを表明したと報道されました。
米・裁判所の仮処分命令が 「米シー・シェパード」と「ポール・ワトソン」に対して行なわれたものなので,今後,「豪シー・シェパード」と 「新たな代表」による妨害活動を宣言したものと解釈されます。
まあ,そのような集団ということです。

報道では 「日本は違法行為をしている。」とポール・ワトソン容疑者が語っていましたが,何の法律に違反しているかの説明はありませんでした。
当然,説明は無理ですね。

韓国が 「独島は国際法的に・・・」と言うのと同じです。

|

« 正月には 火鉢で餅を焼く。 | トップページ | 頭が寒くて Hunting Cap。 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 正月には 火鉢で餅を焼く。 | トップページ | 頭が寒くて Hunting Cap。 »