« 韓国ネットユーザーのコメント(その3) | トップページ | 伊賀焼窯元 長谷園さんのご厚意に感謝。 »

2013年3月 8日 (金)

36,7年前の mont blanc 万年筆

Img_4471家人が見覚えのある「万年筆」を使っていました。

就職して数年経った頃(1970年代),忙しくて 月間残業リミット75時間を月半ばで超え,後の2週間は 5時になるとタイムカード(当時存在した)を打って,更に同じペースで仕事を続けて 超過分を別の月の残業時間とし,残業手当と給料が同額になる月があるような生活で(今なら問題になる勤務),遊ぶ暇もなかったので 残るものをと買ったモンブランの万年筆でした。

Img_4469当時,最先端(?)の細身のデザインに魅せられ,敢えて mont blanc の代表的製品である 149 などの重厚なタイプとはせず(値段も関係した?),これを選びました。名前は分りません。

ボールペンに較べて軽い筆圧で,かすれず,疲れず,速く書けるので,学生時代の4年間, ノートは全て万年筆で録っており,万年筆は身近な筆記具でした。

買ってしばらくは使っていたと思いますが,そのうち 使わなくなりました。
書くこと自体が少なくなり,常にそばに置いておく必要がなくなったせいかもしれません。

最近,家人が机の引き出しにあったのを見つけて ペン先を洗い,復活させたようです。

Img_4474Img_4462

Img_4459Img_4475

Img_4446_2最新の万年筆と言っても おかしくないデザインです。

今更,「もどせ」とは言えないので,4年前 定年退職時に,後輩諸氏から贈られた パイロットの太目の万年筆を使うことにします。

並べると どちらが新しいか分りません。

|

« 韓国ネットユーザーのコメント(その3) | トップページ | 伊賀焼窯元 長谷園さんのご厚意に感謝。 »

mono」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 韓国ネットユーザーのコメント(その3) | トップページ | 伊賀焼窯元 長谷園さんのご厚意に感謝。 »