« かつて 「米穀通帳」があった。 | トップページ | 映画鑑賞における 近頃の二つの私的問題。 »

2013年3月27日 (水)

韓国ネットユーザーのコメント(その4)

韓国の電子掲示板(BBS)に掲載された各テーマに対する韓国人のコメント紹介日本語版から,韓国人のコメントを抜粋します。 日本人の常識を超えて興味深いものがあります。(その4)

‘対馬の盗難仏像,韓国の裁判所が仮処分,「日本には戻さない」’ に対してー
(本事件に対して,日本人ネットユーザーの反応としては,「韓国は国家レベルで泥棒」,「失礼な泥棒国家だな,礼儀も知らない」,「今後 朝鮮人は,日本の寺院に出入り禁止」などと,上品ではないが 真っ当な,韓国の対応を批判する意見が多かった。)
    「仏像の起源や略奪があったことを知らないのか?」
    「私たちの文化と技術をずっと盗んできたのは日本。」
    「対馬は私たちの土地。」
    「いくら盗まれたものであっても,それを盗めば法的には窃盗罪になります。」
    「国際法も考慮する必要が。」
    「笑うしかない。日本人は,歴史も知らない人ばかり。」

    → 中には 韓国の教育に打ち克つ理性的な人もいます。
        得意の歴史を持ち出す人もいます。

‘韓国が先進国に入った!「アジアで日本と韓国だけ」’ に対してー
(国連が発表した先進国の地図。全世界220カ国中でわずか10カ国が先進国だが,韓国が入っていたそうです。)
    「やったー!先進国に住んでいるんだ!」
    「日本とは50年の差があるようだ。」
(日本は1961年から先進国だそうです)
    「ほかのことは分からないが,生活水準自体は先進国で合っていると思う。」
    「経済面のみ見るんだったらそうだけど,政治のほうは発展途上国です。」

    → どうしても 先進国と認められたいようです。
        政治に加えて,民度はどうでしょう?
               
‘ハングル文字は日本が起源!?「日本は盗作王国」’ に対してー
(2007年10月7日,韓国のテレビ局MBCで放映された 「ハングルの日特集・謎のハングル」の動画を紹介した。  番組では,日本に古代に存在したとされる神代文字の中にはハングル文字と類似したものがあり,徳島県の宅宮神社をはじめ,ハングル文字の起源が日本にあるという説などを紹介している。)
    「よくできました。盗作王国らしくハングルも盗作しましたね。」
    「哀れだ。」
    「ねつ造が民族性の国。」
    「まったく説得力がなく,日本の学者も話にならないねつ造といっているのにね。」
    「歴史のわい曲を超えてファンタジーの境界に突入したようだ。」
    「ハングルが優れているのは話す必要もないが,ひらがなカタカナは恥ずかしくなる文字じゃない。 何一つ長所がない。」
    「劣等感ばかりの民族ですね。韓国の字がうらやましくてハングルが自分たちの字とねつ造するとは。」

    → 誰が唱えている説か分りませんが,ハングルの価値を認めてもなく,その起源に興味もなく,何の得にもならない日本人が,敢えて そんな恥ずかしいことをするとは思えません。そもそも 日本人は起源に拘りません。
        コメントは いつも言われつけている内容のコピーのようです。

‘日本人右翼の歴史観,どう思う?「日本人はごう慢」’ に対してー
(筆者が日本留学時代に遭遇した日本の右翼青年との出来事について記している。右翼の青年からビラを受け取り,話を交わした。最初,自分が韓国人だと明らかにしはしなかったが,感じで分かったようだ。面白かったのが,韓国に対する考えで,「日本は米国に敗れたが朝鮮に敗れたのではない。朝鮮は戦勝国の地位さえ持つことが出来ない国」,「日韓の補償問題は解決した」などと言った。とにかく日本の若い右翼が,どんな思考をしているかを知ることになった出来事だった。 8月15日を迎えながら,独島(日本名:竹島)問題などで日韓が騒々しい昨今,その右翼青年を思い出したら心が重くなった。)
    「韓国の実力を見せれば良いです。それでもそのような声が出るでしょうか?」
   
→ 出ると思います。実力があるとしても歴史とは無関係です。
   
「日本は,対馬が韓国領土であることを隠すため,逆に明白な私たちの土地の独島(日本名:竹島)を,自分たちの土地だと主張している。紛争を恐れず,果敢に対抗しなければならない。」
   
→ (コメントに値せず。)
    「イ・スンマン(李 承晩)大統領は1948年8月18日と1949年1月7日,日本に対馬返還を公式要求し 『韓国と日本の間には古い海上境界がある。』 と発言した。それは対馬と日本隠岐島の間の玄海灘。」
   
(コメントに値せず。)
    「逆説的だけれども,その右翼青年がそのように自信たっぷりに発言することは,日本政府や学校が歴史教育もまともにできなかったことを証明するということ。私たちの現実とは対照的であり,多くのことを考え直させますね。教育の力とは…。」
   
→ 韓国の実態を理解するための 教科書的コメントです。
        「教育の力とは・・・。」にのみ同意見です。

    「日本は,絶対に近づくことはできない国。」
   
→ 無理強いはしていません。
    「日本には植民地による韓国の近代化を主張して,自称新知識人だとごう慢に振る舞う人が多いよね。」
   
→ 近代化に貢献したことはまちがいありませんが,傲慢に振る舞うのはよくありませんね。
    「右翼だけでなく,大多数の日本人たちがそのように考えています。一般の日本人たちは,表面に表わさないだけ。内心ではそれとなく韓国をべっ視します。」
   
このコメントは ほぼ正しい見解です。問われれば いつでも 表面に表わします。「日本は米国(連合国)に敗れたが朝鮮には敗れてない。朝鮮に戦勝国の地位はない。」,「日韓の補償問題は解決した。」は 右翼とは関係ない歴史的事実だと,日本国政府と多くの日本人は認識しています。
        日本の一部であった朝鮮が日本と戦争できるはずがなく,戦勝国にはなり得ません。朝鮮人も日本の兵士として共に戦ったのです。むしろ ヨーロッパでのオーストリアの立場と同様で,敗戦国と呼ばれてしかるべきです。       
        1919年,上海に大韓民国臨時政府が設立されていたようですが,枢軸国・連合国双方から一度たりとも認められず,その存在が国際的承認を得たことはありません。
        すなわち 日本の敗戦時,国として存在していません。朝鮮半島に国が成立したのは南北とも 1948年です。
        もし,政府として存在していたとしても,1940年に重慶で創立した大韓民国臨時政府の光復軍の存在があっても,日本軍と交戦した記録もないし,朝鮮半島に進軍して軍事行動を展開した事実はないので,日本に勝つことも負けることもありませんでした。
        これらの事実で 韓国を蔑視することは筋違いですが,頑なにこれらを認めない,もしくは知ろうとしない,という理由で蔑視する人が 少しは いるかも知れません。
        補償問題は1965年に解決済みというのが日本(人)の見解です。自国政府に厳しく確認するのがよいでしょう。国際条約は双方に保管されているはずです。

‘歴史歪曲、日本と中国どっちがひどいか?’ に対してー
    「なぜ韓国が抜けてる?」
    「両方だな…中共は歴史の主流を捏造。日本は主従関係をすり替えない歴史を作り出している。」
    「韓国もひどいというのが現実(泣)」
    「当然中国だろう…比較にもならんわ。中国人たちは,それぞれ異なる50以上の少数民族をひとつに束ねるために歴史をむちゃくちゃにしている。」
    「みんな同じだろ。韓国ももうそろそろ変わらなければならないのに,いまだ及ばない。」
    「韓国も人のことを言えないが中国はレベルが違う。」
    「ところでなぜ日本の歴史歪曲だけ罵るの?」

   
→ 自国については分っている人もいるようです。
        分っていても 「命を賭して・・・」の覚悟がなければ公にはできないでしょうが・・・。
   

|

« かつて 「米穀通帳」があった。 | トップページ | 映画鑑賞における 近頃の二つの私的問題。 »

つぶやき」カテゴリの記事