« Hartmann Luggage,初めての廃棄。 | トップページ | 最後の桜風景。 »

2013年4月 7日 (日)

‘Honcho’は 何の班長だったのだろう。

英語として そのまま通用する日本語(英語になった日本語)は いくつもあり,古くは ‘shogun’,‘bonze’など,最近では ‘bento’があり,これらは ‘Oxford Dictionary’にも掲載されています。

ビジネス界にも 同様の言葉があって ‘honcho’(班長)は面白いと思っていました。

Oxford Dictionary’では 名詞として
a leader or manager ; the person in charge :the company’s head honcho in the US と説明されています。

さらに 動詞としても使われ,‘honchoes,honchoing,honchoed’となり,意味として ‘be in charge in’,例文として ‘what else could be expected from a review honchoed by him? ’と示されています。

これは  日本の生産システムを世界が注目して 導入していた時代に,‘kaizen’(改善)と同様に,工場の「班長」が伝わったものだと思い込んでいました。

ところが,何気なく  Oxford Dictionary’を眺めていて驚きました。

honcho’の語源として,‘1940s: from Japanese hancho ‘group leader', a term brought back to the US by servicemen stationed in Japan during the occupation following the Second World War’と書いてありました。
太平洋戦争後,1940年代の日本に進駐した米兵が 本国に伝えたとのことです。

この頃,彼らが耳にし,自らも口にした ‘hancho’ とは 何の組織の班長だったのか,興味が湧きます。

|

« Hartmann Luggage,初めての廃棄。 | トップページ | 最後の桜風景。 »

言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Hartmann Luggage,初めての廃棄。 | トップページ | 最後の桜風景。 »