« 最近 アクセスが増えたのは? | トップページ | Hartmann Luggage の定期券入れ,遂に廃棄。 »

2013年4月11日 (木)

中国ネットユーザーのコメント(その11)

世界の電子掲示板(BBS)を日本語に訳して紹介するサイトがあり,中でも中国のネット・ユーザーの各テーマに対する正直で,かつ,皮肉がきいたコメントに感心します。(その11)です。

‘なぜ日本人は民度が高いのか?’ に対してー
    「日本人の教育環境と社会環境の関係じゃないかな。」
    「小学校からマナーや礼儀を学ぶからでしょう。」
    「19世紀に日本を見聞した西洋人の手記を見ると,日本人は礼儀正しく,微笑みを浮かべてお辞儀をし,道にはゴミが落ちていなかったと記している。その時代の日本は貧しかったはずだが,すでにこのレベルだったのだ。」
    「今の社会が必要としているのは反抗しない従順な民。民度が高いか低いかは重要な問題ではない。」
    「他人に迷惑をかけることを恥とする文化が主な原因でしょう。日本では暴力団だって礼節と環境保護を重んじている。」

   
→ 自国の民度の低さを いつも気にしている人々がいます。
        自分だけではどうしようもなく,じれったいでしょう。同情を禁じ得ません。

‘朝鮮戦争が再びぼっ発した場合、わが国が北朝鮮を助けるべき3つの理由’ に対してー
(中国は北朝鮮の古い友人であること,邪悪な資本主義の侵略から隣国を守るのは義務であること,北朝鮮は核兵器を保有していることの3つの理由を挙げ,北朝鮮を助けるべきだと主張した。)
    「友人? ちっとも言うことを聞かないのに友人? せいぜい悪友といったところだろう。」
    「北朝鮮はいつも中国の利益を無視しているし,現代的な思考ができない国だ。それに国民に対する抑圧が厳しすぎる。」
    「中国が当時7万人もの犠牲を出して獲得した休戦協定をたった一言で白紙にしようとしているのに,助ける価値なんかあるか?」

   
→ 庶民は既に見放しています。

‘日本が嘘(うそ)つきな国ランキングで4位’ に対してー
(同調査は調査対象者が自己申告によって「嘘をつくかどうか」を尋ねたものであり,嘘の大小を考慮しなければ,嘘をついたことのない人など確実に存在しないことを考えれば,どちらかといえば 「正直者が多い国ランキング」とすべきであり,「世界嘘つきな国ランキング」と称したことについて,「瑕疵」があり,誤認を招くものだとの意見もある。)
    「自分が嘘つきだと認める時点で十分に正直者だ。」
    「韓国が1位じゃないのか? これは科学的な調査じゃないだろう。」
    「中国こそもっとも嘘が好きな国だろう。上は指導者から下は庶民まで,みんな嘘をつきまくっている。ねつ造した5000年の歴史に酔っているしな。」
    「嘘つきな人は絶対に自分は嘘つきじゃないと言う。」

   
→ 韓国と中国には敵いません。

‘やっぱり日本の新幹線は世界一だ’ に対してー
(新幹線は運行から50年以上も経過しているのに,死亡事故がないのはすごいことだと称賛した。)
    「本当か? 調べてみれば出てくるんじゃないか?」
    「遅れがなくて,時間どおりに運行することを誇るべきだろう。」
    「ドイツのシーメンス,フランスのアルストム,カナダのボンバルディアはどれが1位とは言い難い。でもわが国の高速鉄道よりずっと優れているのは間違いない。」
    「わが高速鉄道は日本に圧勝しているって聞いたんだけど。」

    → 1995年に東海道新幹線の三島駅乗客転落事故によって,旅行客の死亡事故は発生したことはありますが,衝突や脱線などによる「車内の乗客が死亡した事故」はゼロです。
        ソフトが伴わないハードは危険です。

‘日本人の目に中国はどう映っているのか?’ に対してー
    「ルールを守らなくて傲慢だと思っているんじゃないかな。」
    「中国人は政府に洗脳されて可哀想。」
    「どこでも痰を吐く,ゴミのポイ捨てをする,口汚い,中国人同士で足を引っ張り合う,民度が低い。」
    「ほとんどの日本人は古代中国を尊敬しているが,現代中国を蔑視している。」
    「中国文化を非常に愛しているが,文化大革命で滅んでしまい惜しいと思っている。そして某党が大嫌い。」
    「過去の印象はカンフー,自転車,ラーメン,チャイナドレス,パンダだろうな。」
    「土地が広くて資源が豊富。」
    「日本人は中国のことに関心はないよ。」

    → 韓国に比べて 理性的な中国人が確実に存在します。よく分っています。
        某党がなくなって民主化されれば,韓国よりは真面になって付き合える国になる可能性があります。 

‘領土問題における法的根拠の面で,わが国は不利だ’ に対してー
(日本が実効支配している尖閣諸島に対し,中国政府は1970年代に同諸島周辺海域に地下資源の存在がクローズアップされた時期から,領有権を主張し始めた。
尖閣諸島は沖縄県に属すが,スレ主は「中国建国初期に毛沢東が沖縄は日本領であることを認めてしまったことは極めて不利だ」と主張。もし中国が沖縄県の領有権を主張すれば,日本が中国東北地方(旧満州)の領有権を主張してくる可能性があり,チベットについても同様の問題が生じると懸念を示した。)
    「スレ主は考えすぎだ。国際法とは実に簡単。つまりは弱肉強食なだけ。」
    「真理とは砲弾の射程内にあるものだ。」
    「法律なんて世間話に使う物。決定的なポイントは軍事力だ。」
    「法的観点で言うならば米国はインディアンの領土だ。」
    「そもそも領土問題が法律で解決できたことなんてあるのか?」

    → 中国政府の腹の中を庶民が代弁している,ということでしょうね。

|

« 最近 アクセスが増えたのは? | トップページ | Hartmann Luggage の定期券入れ,遂に廃棄。 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最近 アクセスが増えたのは? | トップページ | Hartmann Luggage の定期券入れ,遂に廃棄。 »