« 原爆投下が神の懲罰?! | トップページ | 長いプラットフォームの使い道。 »

2013年5月23日 (木)

字幕「ムラムラッと来ない?」は英語で何と・・・。

NHK BSプレミアムで 「アイ・ラブ・トラブル」(‘I Love Trouble’,1994)を観ました。

ジュリア・ロバーツ(‘Julia Roberts’,1967~ )と ニック・ノルティ(‘Nick Nolte’,1941~ )出演の ラヴ・コメディ・サスペンスと欲張った映画です。

この映画のバーのシーンで,偶々 カウンターで隣にいた初対面の若い女性が ニック・ノルティ演じる ピーター・ブラケットを見て言う 「ムラムラッと来ない?に対して,主役のジュリア・ロバーツ演じるサブリナ・ピーターソンは 「ムラムラッとなんか 来ないわ。」と返します。

この 『ムラムラッと来る』 という字幕は英語では何と言っているのか 真面目に聴いてみました。

Img_15081Img_25083


“Who? The guy with the black suit?”

“You don't think he's like off-the-charts hot?”

Img_35080_4Img_45084_5


“I don't know that I'd go right to off-the-charts. You think so?”

‘he's like off-the-charts hot.’と言っていました。

何でもない会話でしょうが,英語圏での生活経験がない者には 日常会話(?)の聴き取りは極めて難しく,何回もHDを往復させる必要があります。
You think so?” が 一度では分りませんでした。

off-the-charts hot’を 「最高にイカス」と訳したのでは ‘石原裕次郎’になります。
チョーヤバイ」 あるいは 「マジヤバ」 では軽薄に過ぎます。

最適の現代日本語訳は 「ムラムラッと来る」 になります。(?)

‘off-the-charts’は 「チャート(グラフ)からはみ出す」くらいに 『すごい』,『群を抜いている』 という意味の俗語で,この場合は副詞です。本来は 「大きさ」,「数量」に対して言うようです。
サブリナ・ピーターソンの返事では 名詞なのでしょうか。
(品詞に拘るのは受験英語の後遺症?)

更に 「いかした,格好いい」 の意味で‘hot’を遣っており,‘cool’よりも新しい俗語でしょう。
といっても 約20年前の映画なので,最近の映画だと ‘bad’になるかも知れません。
そして この‘bad’は,日本語では 「やばい」に相当するのでしょうが,還暦過ぎの私には やばすぎて遣えません。

|

« 原爆投下が神の懲罰?! | トップページ | 長いプラットフォームの使い道。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 原爆投下が神の懲罰?! | トップページ | 長いプラットフォームの使い道。 »