« ミニ・トマトは元がとれる? | トップページ | 昔から? »

2013年6月25日 (火)

記憶に残った 「ラジー賞」受賞者

ウィル・スミス親子が出演したSF映画「アフター・アース」を観て,「ゴールデン・ラズベリー賞」が,ふと思い浮かびました。これで決まりだ,と思ったわけではありません。

「ゴールデン・ラズベリー賞」(Golden Raspberry Awards’,別名 「ラジー賞」‘Razzies’)は,1981年に創設された米国の映画賞で,前年公開された映画から 「最低作品賞」,「最低男優賞」,「最低女優賞」,「最低助演男優賞」,「最低助演女優賞」,「最低監督賞」,「最低脚本賞」などが選出され,授賞式は 「アカデミー賞授賞式」の前夜に開催されます。

中には それなりの作品,俳優も選出され,「ノーベル賞」に対する 「イグ・ノーベル賞」(‘Ig Nobel Prize’,1991年に創設)と,洒落の意味では近いものがありそうです。
但し,「イグ・ノーベル賞」は ユニークな研究の成果に対するもので,受賞はそれなりに名誉なことなので表彰式に 受賞者は出席するようですが,「ゴールデン・ラズベリー賞」に選ばれて 受け入れる(‘accept’)人は少なく,ましてや 表彰式に出席する俳優は稀とのことです。Wikipedia には ‘List of people who have accepted Golden Raspberry Awards’の項目があります。
Worst Actress’に選出されて 表彰式に出席したのは 2005年の ハル・ベリー(‘Halle Berry’,1966~,‘Catwoman’で受賞)と 2010年のサンドラ・ブロック(‘Sandra Bullock’,1964~,‘All About Steve’,邦題 「ウルトラ I LOVE YOU!」で受賞 )の二人だけのようです。
(「最低外国タイトル賞」で選ばれても不思議ではなかった邦題ですね。「ラジー賞」は その年によって新しい賞が加わることがあります。)

二人とも,女優としての自信があり,かつ,ユーモアが分る大人だったということでしょう。
ハル・ベリーは この時すでに アカデミー主演女優賞を受賞(2001年 「チョコレート」, ‘Monster's Ball’)しており,サンドラ・ブロックは まさしく 翌日開催されるアカデミー賞授賞式で 主演女優賞(「しあわせの隠れ場所」,‘The Blind Side’で )にノミネートされていました。

Sandra5902010年3月9日に開催された第30回 ゴールデン・ラズベリー賞の授賞式でのサンドラ・ブロックをテレビで観て記憶に残っています。

彼女は 問題の映画(‘All About Steve’)のDVD Copyを一杯に積んだ カートのロープを引っ張って 笑顔でステージに上がりました。

DVDは 審査員に配るためのもので,
「あなたたち,本当はこの作品観てないでしょう!来年このトロフィーを返しに来るから,それまでにこのDVDを観ておいてちょうだい。来年は皆で飲みに行きましょ!」と余裕のスピーチで会場を沸かせましたーと報じられています。

Sandra591_2そして,その翌日,アカデミー主演女優賞を受賞して,映画史上初の 「アカデミー賞」 と 「ラジー賞」の同時受賞の名誉(?)に輝いたのです。

映画での俳優のイメージは 演技によるものだとは重々承知していますが,サンドラ・ブロックに関しては,どうしても 「スピード」(‘Speed’,1994)のアニーのような性格ではないかと思ってしまいます。

因みに その夜の 実際の speech は次のサイトに掲載されています。
かなりの長さで,主催者とのやりとりがあって 面白いものです。
上述の日本語訳が正確ではないことが分ります。

http://www.speakup.com.br/index.php/component/content/article/39-2012/213-300-the-queen-of-comedy.html

|

« ミニ・トマトは元がとれる? | トップページ | 昔から? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

即思い出すのは、やっぱりハル・ベリーです!
会場に来た彼女はかっこよくて、キュートだった。キャットウーマン、結構楽しいと思っちゃう:P

投稿: yoko | 2013年7月 5日 (金) 01時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミニ・トマトは元がとれる? | トップページ | 昔から? »