« 咲き揃った「ヒメキンシバイ」など。 | トップページ | 「それでも世界から愛される日本」,何故? »

2013年6月10日 (月)

どちらかと言えば「蛤」の味の「蜆」

Img_5169_2スーパーマーケットで 巨大な 「蜆」が売られていました。
大分県産だそうです。

通常 食べている3年物の「ヤマトシジミ」でも 10年生きれば この大きさになるそうですが,種類は分りません。

体積で,通常の蜆の20倍(大雑把)はありそうです。

どんな味がするか買ってみました。

これだけで撮ったのでは大きさが分らないので,キッコーマンの醤油ビンを並べてみました。

Img_5172_3酒蒸しにしました。

ほとんど 「蜆」の味はしませんでした。

どちらかと言えば 「蛤」 でした。

|

« 咲き揃った「ヒメキンシバイ」など。 | トップページ | 「それでも世界から愛される日本」,何故? »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 咲き揃った「ヒメキンシバイ」など。 | トップページ | 「それでも世界から愛される日本」,何故? »