« 海外旅行先の選び方 | トップページ | Ralph Lauren のシャツにポケットをー。 »

2013年7月 1日 (月)

「アーティチョーク」を見つけてー

休日に 広島市を散策していて,ふと入った野菜屋で 「アーティチョーク」を見つけて買いました。
今まで 食べたことはありません。

Img_5217
「アーティチョーク」を知ったのは 高校生の頃(45年以上前),伊丹十三氏の「ヨーロッパ退屈日記」の「おつまみ」の項に書いてあったのを読んだときです。

Img_5225Img_5224

何を書いてあったのか忘れていたので,「ヨーロッパ退屈日記」 を出しました。

何年か前に 松山市の「伊丹十三記念館」で 宮本信子さんにサインを戴いていました。

Img_5226この本に 「アーティチョーク」のイラスト入りで どのように食べるか書いています。

ここでは フランス語で 「アーティショー」としています。

示されている‘調理方法’は 「20分茹でて,冷蔵庫で冷やす。」,これだけです。

ドレッシングを 「オリーブ油に,レモン汁少々,黒胡椒たっぷり,塩少々」で準備します。

食べ方は 「葉っぱ(?)を一枚ずつむしり,ドレッシングをつけ,真ん中あたりを歯で咥え,葉っぱの先端をつまんでしごくように引き抜く。」とあります。

Img_5228Img_5229

書かれた通りに実行しました。

葉が薄くて食べられるところは あまりありませんでしたが,芯の部分は柔らかくて食べられました。
伊丹十三氏は 一番近い味は 「そら豆」としていますが,ほぼ同感です。
他に例えるものは思い浮かびませんでした。

|

« 海外旅行先の選び方 | トップページ | Ralph Lauren のシャツにポケットをー。 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 海外旅行先の選び方 | トップページ | Ralph Lauren のシャツにポケットをー。 »