« 向田邦子さんの 「真っ白い嘘」 | トップページ | 天声人語の 「・・・ではある。」という表現に・・・。 »

2013年8月30日 (金)

国連事務総長の馬脚。

8月26日,産経ニュース(ネット)に 「国連事務総長が日本に異例の注文 『歴史顧みること必要』  韓国訪問し」 という見出しで 次の記事がありました。

韓国を訪問中の国連の潘基文事務総長は26日,ソウルの韓国外務省で記者会見し,歴史認識問題をめぐり日本と中韓との対立が深刻化していることについて『日本政府と政治指導者は自らを深く顧みて,国際的な未来を見通すビジョンを持つことが必要だ』と述べ,日本政府に注文を付けた。

・・・ 国家間が対立する問題で,国連事務総長が一方の態度に問題があるとの認識を強い表現で示すのは異例だ。

潘氏は,歴史認識を正しく持つことが未来志向的な隣国同士の友好関係につながるとの認識を示しながら,日本政府を名指しして態度変化を促した。・・・

自国の記者会見での発言(発言は国連公用語の英語 or 仏語ではなく 朝鮮語によるが,国連旗がおかれており,国連事務総長の公式発言と見做せる)がリップサービスであったとしても,もっとも中立であるべき国連事務総長であることを考慮すると,出身国の立場で,根拠なしに,一国を批判するのは 軽率の極みです。
日本政府を批判しているのが,‘中韓+国連事務総長’(?)というのは,国連の存在を危うくします。

国連内での韓国系優遇人事などでも とかく問題が指摘されていた彼だったので,中立性を保てない韓国人に,国連事務総長を任せるのが間違いだと 気が付き始める国があってもおかしくないでしょう。

ところで 「韓国の国連供託金の滞納が,1億ドルを超えている。」という記事を数年前に見た記憶がありますが,そのあたりは 出身国であっても  国連事務総長としては関知しないのでしょうね。
供託金は寄付のようなもので 払わなければ除名,なんてことにはならないので 払う気はないのでしょう。
それでいて 堂々と 安保理の非常任理事国を務めるという精神構造の逞しさ,あるいは厚顔無恥さは,日本には決して真似できないことで,羨ましい限りです。

(追記)
8月29日の朝鮮日報(日本語版)に,「盗っ人たけだけしい日本メディア,国連総長発言を猛非難」という見出しで,日本の新聞各社の「猛非難」を紹介する記事がありました。
「韓国メディア」が白昼(?)堂々と,見出しで,「日本メディア」を 『盗っ人』 呼ばわりするようになりました。それなりの覚悟があってのことでしょう。

2013年3月19日付け東亜日報によるとー
18日,外交通商部(外交部)の関係者によると,韓国政府は最近,外交部の今年度予算を執行し,昨年末基準で残っていた約1億ドルの国連平和維持軍(PKO)予算分担金を完納した。これで韓国は,潘基文国連事務総長を送り出し,現在国連安全保障理事会非常任理事国でありながらも,国連分担金滞納国に分類されていた汚名を返上し,5月に国連が発表する『分担金完納リスト』に名を連ねることになった。 そうです。
「分担金完納リスト」を確認してないので 真偽は不明です。

| |

« 向田邦子さんの 「真っ白い嘘」 | トップページ | 天声人語の 「・・・ではある。」という表現に・・・。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 向田邦子さんの 「真っ白い嘘」 | トップページ | 天声人語の 「・・・ではある。」という表現に・・・。 »