« 2日がかりの「ラムチョップ」ステーキ。 | トップページ | 久し振りに ‘Good Will Hunting’を観た。 »

2013年8月21日 (水)

中国ネットユーザーのコメント(その23)

世界の電子掲示板(BBS)を日本語に訳して紹介するサイトがあり,中でも中国のネット・ユーザーの各テーマに対する皮肉がきいたコメントに感心します。(その23)です。

‘日本人は他国を貶めることで自尊心を保っている’ に対してー
(「日本の右翼は日本人がもっとも優秀な民族だと思っており,他国を軽視・軽蔑する態度を示してきた」と主張,さらに日本経済が停滞して世界第2位の地位から落ちるにつれ,右翼は卑屈で過敏になり,自尊心を保つために他国を貶めていると主張した。)
    「じゃあ中国は?」
    「これって中国人自身を言ってるよね。」
    「これは中国のことだろ。毎日のように,中国には理があり日本は頭がおかしいと言っている。」
    「一見,日本を罵っているように見せて,実は自国を罵る。いやぁ、うまいやり方だわ。」
    「これを読んで思ったんだけど,CCTV(中国公営放送)はプレッシャーなんじゃね?」
    「韓国のことかと思った。」
    「日本がいつ自分たちはもっとも優秀な民族なんて言った?」
    「右翼が日本を代表しているのか?」

    → この主張が 中国メディアの中華網に掲載された記事だったというところが驚きで,一般大衆は冷静に見ています。

‘中韓友好は不可能だ!’ に対してー
(アシアナ航空機の中国人女性3人が死亡した事故以降,中国国内では反韓感情が盛り上がっており,特に韓国人アナウンサーの「被害者が中国人でよかった」という発言に怒りを覚えたそうで,「韓国の醜い面を見た」と述べつつ,日本には憎しみの感情があると認めながらも,「日本は西洋文化の影響を色濃く受けた科学技術大国である。韓国とは民度も価値観もレベルが違う」と主張した。)
    「韓国人が心から中国に対する見方を変えない限り,われわれが韓国人と友好的になることはあり得ない。」
    「日本の実力は世界第2位,中国は7位,韓国は何の資格もない三流国家。」
    「日本の大震災に対しても,災難を喜ぶような心の狭い民族性なのだ。そのうえ先日の墜落事故の発言だ。」

    → 中韓両政府が,それぞれの利害関係のみで接近することはあっても 国民は そう簡単にはいかないようです。

‘もしも日本と開戦したら,日本車や日本製品を持っていると襲われるか?’ に対してー
(日本車購入を考えたこともあるそうだが,もし日本と開戦になったら,日本車に乗っていると襲われてしまうのではないかと考え,購入を断念したという。)
    「当然そうなるな。太平洋戦争時に米国で日本のストッキングを穿いていた女性は街で殴られたものだ。」
    「開戦となれば,日本車を運転することは死を意味するな。」
    「そうなると,三菱のエレベーターを使っているマンションは悲惨なことになるな。」
    「全国でテレビが見られなくなるぞ。全国各地のテレビ局の設備は,ソニーかパナソニックだから。」
    「いずれにしても,決定的シーンでは日本のカメラで撮影するんだけどね。」

   
→ クールな中国人もいます。

‘東アジアカップで韓国が日本に対して“歴史を忘れた民族に未来はない”という横断幕を掲出’ に対してー
    「歴史を創造する民族には何もないけどな。」
    「韓国は歴史の発明家だろ。」
    「韓国史とは韓国人の妄想史。」
    「この横断幕は韓国人自身を指して言っているんだろう。」
    「何で日本語や英語で書かないんだ? これって韓国人に見せるためなのか?」
    「韓国人は本当に限度ってものを知らないな。」
    「いつでも清らかなサッカーと汚い政治を結びつける奴はいるものだ。」
    「これって完全に韓国人に対する自嘲だろ。」
    「韓国は小賢しいことをたくさんやりすぎ。試合に集中しなかったため日本に負けた。」
    「歴史の改ざんでは,中国と韓国だけが良い勝負で,そのほかの国は相手にならない。」

    → 中国人も呆れています。
        日本人は歴史を忘れていることはないでしょう,歴史を知らない日本人はいるでしょうが。
        歴史を造ることに関してはどうしましょう?
        中央日報の「時視各角」(7月30日)に 「サッカーはサッカー場で,歴史は教室で」と尤もらしいタイトルの記事が掲載されて期待しましたが,内容にはがっかりしました。
        記事の中の 「本当に歴史を忘れた民族にとって,(横断幕が)どれほど堪える警告になるだろうか。」には泣かされますが,何せ ハングル文字なので・・・。
        この記事の最後の一文 「『韓国は必ず勝たなければいけないという気持ちのためバランスを崩した。』 という日本の監督の指摘は,それだけに胸を刺す。」,真実を突きました。

|

« 2日がかりの「ラムチョップ」ステーキ。 | トップページ | 久し振りに ‘Good Will Hunting’を観た。 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2日がかりの「ラムチョップ」ステーキ。 | トップページ | 久し振りに ‘Good Will Hunting’を観た。 »