« 「エリジウム」 を観た。 | トップページ | 遅れたバナナ »

2013年9月25日 (水)

国連の圧力?謝罪を強要?

 時事ドットコム(時事通信)「日本の謝罪不十分=慰安婦問題で国連報告者」(2013/09/12-06:12) によるとー

「【ジュネーブ時事】旧日本軍の従軍慰安婦問題などを扱う国連のパブロ・デ・グレイフ特別報告者は11日、『いかなる謝罪も元慰安婦の人権を明確に認識した上で行われる必要がある』と述べ、日本の謝罪は不十分との認識を示した。問題の放置は 『(アジアと日本に)相互不信を生む』と懸念も表明、日本政府に適切な対応を促した。
 グレイフ氏は人権団体が国連欧州本部で開いた会合で 『公式謝罪、国家責任の存在を認めないままの経済補償を元慰安婦は受け入れない』 と主張。村山政権時の1995年に設置された 『アジア女性基金』による元慰安婦支援でこの問題は解決していないと訴えた。
 さらに日本の教科書で慰安婦問題を扱わなくなったと指摘し『大いに懸念している』と表明。『過去に触れなければ強い不満に満ちた社会になる』と警告した。
 会合では韓国人元慰安婦の金福童さん(87)が 『日本政府が正式謝罪をするだけで十分』と訴えた。また参加者から『日本政府の弱みは国際圧力だ』(人権NGO)と、慰安婦問題を国際社会に広く訴える必要があるとの意見が出た。」

韓国・聯合ニュースによればー
この会合とは 韓国の市民団体「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」が9月11日にスイス・ジュネーブで開いたもので,国連人権理事会のサイドイベントとして,挺対協と国際人権団体のアムネスティ・インターナショナルが共催したもののようです。

国連の特別報告者・グレイフさんには 「謝罪が十分か否か」ではなく,まずは 「謝罪が必要な理由」 と 「世界中の,全ての戦争の慰安婦を対象にしない理由」を,根拠に基づいて,明確に,提示してほしいものです。
そうでなければ,国連が韓国の操り人形に成り下がったと見做すしかありません。
「日本の謝罪が必要」の前提での議論や報告は無意味です。

「(理不尽な)国際圧力に強い日本(政府)」を目指すことが,現在の日本にとって,正しく,緊急で,重要なことを,更に認識させてくれた点のみで,意義ある会合になりました。

|

« 「エリジウム」 を観た。 | トップページ | 遅れたバナナ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「エリジウム」 を観た。 | トップページ | 遅れたバナナ »