« 国家競争力 ランキング | トップページ | ‘スティング’を久し振りに観た。 »

2013年9月 9日 (月)

オリンピックの記憶

2020年 夏季オリンピックの開催地が,日本時間 8日 早朝,イスタンブール,マドリードを抑えて 東京に決定しました。

最も記憶に残るオリンピックは,1964年に開催された,前回の東京オリンピックです。
高校1年生の時でした。

1960年のローマオリンピック(小学6年生),1956年のメルボルンオリンピック(小学2年生)も微かに記憶があります。
但し,メルボルンオリンピックの時は テレビがなく,ローマオリンピックの時は テレビはあっても衛星中継がまだ実現してないので テレビ映像(ローマオリンピック時は白黒テレビ)の記憶はあまりなく,新聞報道による記憶だと思います。

メルボルンオリンピックで記憶に残る選手は,体操の小野喬氏(鉄棒で金メダル,「オノに鉄棒」と言われた。個人総合とあん馬で銀,平行棒で銅,)と,水泳の山中毅氏(400mと1500m自由形で銀)でした。

ローマオリンピックで記憶に残る選手は,小野喬氏(跳馬と鉄棒で金,個人総合で銀,吊り輪と平行棒で銅),山中毅氏(400m自由形で銀),重量挙げの三宅義信氏(バンタム級で銀),水泳の田中聰子氏(100m背泳で銅),外国人では マラソンで金メダルを獲った アベベ・ビキラ氏(ローマの石畳のコースを裸足で走って,「裸足のアベベ」と呼ばれたが,東京オリンピックでは靴を履いて走って連続 金メダル。)。

1964年の東京オリンピックから既に50年近く経ちました。
通っていた九州の高校の校長が 陸上の公式審判員で 東京に行き,計時員としてゴール横の階段状椅子にストップウォッチを持って座りました。
その関係で 入手困難な開会式の切符の割り当てが2枚か3枚あったらしく,希望する在校生が行きました。
記憶に残る選手,試合は多すぎて省略しますが,敢えて 渋いところで 1人挙げれば 陸上のヘンリー・カー氏(200mと 4×400mリレーで 金メダル)です。

翌1965年の関東方面修学旅行の団体行動のコースに 国立競技場が含まれていました。

|

« 国家競争力 ランキング | トップページ | ‘スティング’を久し振りに観た。 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国家競争力 ランキング | トップページ | ‘スティング’を久し振りに観た。 »