« 「洗濯物乾燥袋」 と 「ハンガー・ラック」 | トップページ | 歴史訂正のための日本式学名変更の運動? »

2013年10月17日 (木)

未だに見る夢。

学校を出て 40年以上経ちますが,時々,学生時代の試験の夢を見ることが あります。

起きると,詳しくは覚えてないのですが,試験を受けそこなって焦る,という夢が多いのです。
確かに,福岡市での学生時代,一度,試験を受けそこなった経験がありました。

当時,試験期間は おそらく,2週間ほどありました。
試験が無い日も,1科目の日もあって それが2週間続きます。

その日は,昼過ぎ,1時から 1科目の試験があって,早朝から下宿で 最後の追い込みを試み,昼近くなって,そろそろ出かけようと思ったとき,同じ試験を受けるはずの同級生のMが来ました。
「試験,受けたか?」
「!」 一瞬,何のことか分りませんでした。
話を聞くと,受ける予定の試験の時間が 数日前に,8時半か9時からの開始に変更になっており 既に終わっていて 彼も受けそこねたというのです。

試験の時間割は掲示板で知らされ,その変更も掲示板で告知されるのですが,変更は滅多にないと油断して 二人とも見落としていました。
学生には この掲示板を毎日見る義務があったということのようです。

で,次の日も受ける予定の試験があったのですが,その日の気分の悪さを忘れようと試験期間でありながら,二人で天神に出て昼食を摂り,映画に行きました。

何の映画を観たのかは覚えていません。

|

« 「洗濯物乾燥袋」 と 「ハンガー・ラック」 | トップページ | 歴史訂正のための日本式学名変更の運動? »

昭和時代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「洗濯物乾燥袋」 と 「ハンガー・ラック」 | トップページ | 歴史訂正のための日本式学名変更の運動? »