« 20年以上前のSAZABYの3-Way Bag | トップページ | 炭水化物+炭水化物? »

2013年10月30日 (水)

「過ちては則ち改むるに憚ること勿れ」と言いますが・・・。

2013/10/27付け 朝鮮日報・日本語版に 「独島:外交部赤っ恥,広報動画でNHKドラマ無断使用」の見出しの記事がありました。

報道内容を含め,韓国の実体や韓国人の性格を如実に示す,韓国ならではの事件と言えます。

韓国外交部(省に相当)が6600万ウォンを掛けて制作した独島(日本名:竹島)の広報用動画が,日本のNHKのドラマ映像を無断で使用していたことが分かり,動画は掲載から11日で削除された。外交部は動画を修正し,再度掲載する予定だという。

 外交部は27日 『外注企業が制作した12分の動画のうち,露日戦争(日露戦争)に関する10秒ほどの場面がNHKのドラマ【坂の上の雲】の映像を無断で使用したものであることが確認された。』として 『25日に問題の動画を外交部のホームページなどから削除した。』と説明した。

 この動画は昨年12月から学界・広報専門家らの助言を受けて制作され,今月14日から外交部のホームページや動画投稿サイト 『ユーチューブ』などに掲載されていた。

外交部が自主的に「確認」したわけではなく,「25日に NHKから知的財産権の侵害という通知がきて外注映像制作会社に確認した結果,無断で使っていた事実を確認した。」 と外交部関係者は言っているそうです。

NHKからの通知(「抗議」ではない?)がなければ そのままだったのでしょうね。

不法占拠している日本の領土を自らの領土とするプロパガンダ動画に,日本のTV映像を盗用する神経が韓国(人)の実体を よく表わしていると言えるでしょう。
自尊心や誇りより 制作コストが優先します。

又,韓国の報道では 盗用部分は 約10秒間とされていますが,NHKは 無断使用されたのは約20秒間だったとしています。
短ければ 知的財産権侵害の罪が軽くなるというものではないでしょう。
知的財産権の侵害は 国策の延長線上にあるのかも知れません。

「外交部当局者は 『外注業者は外交部に謝罪しており,外交部も申し訳ないと思っている。』 と話した。」 と報じられています。
外交部がNHKに謝罪したとは一切報道されていません。
外注業者から発注者への謝罪など内輪の話はどうでもいいことです。
発注者であり,広報責任部門の外交部からNHKへの謝罪が必要でしょう。

謝罪していたとしても,それを報道するのが「屈辱」なのでしょうか?
それとも 政府機関が日本に謝罪すること自体が国是に反しており,世論の非難を浴びることになるので 外交部は公式謝罪を躊躇しているのでしょうか?

韓国各紙の報道を見ると,外交部が申し訳ないと思っているのは NHKに対してではなく韓国内世論に対してであり,各紙が責めているのは 「こともあろうに『日本』のソースを使ったこと」であって,知的財産権侵害に対してではないように感じます。
外交部が 「すぐに削除した。」と強調するのも,知的財産権尊重の意思表示ではなく,このような国内世論に気を遣ってのことにしか思えません。

それにしても この種の政府の広報動画に 記録映画(真実)の映像ではなく,ドラマのCG(?)Fake映像を,しかも他国から盗んで転用する神経も 又,日本人の理解範囲を超え,韓国人の性格を表わしていると言えるでしょう。

|

« 20年以上前のSAZABYの3-Way Bag | トップページ | 炭水化物+炭水化物? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 20年以上前のSAZABYの3-Way Bag | トップページ | 炭水化物+炭水化物? »