« 「防空識別圏」に関する中国の発言 | トップページ | ロケ地を気にしながら「オリンピックの身代金」をー »

2013年12月 6日 (金)

「まだ お元気なのに・・・」

今月でリタイアのつもりですが,まだ 嘱託解職の辞令が出ません。

どうなっているのだろうかと,人事の担当者に訊くと 「まだ本社から連絡がありません。」とのこと。
さらに 「ほんとに 辞めるんですか? まだ,お元気なのに・・・」と言われました。

世の中では 「元気な間は働くことが普通」 と考えられているようで,元気があるなしに関係なく 一定期間働けば リタイアして 束縛を一つでも少なくして生活することが人間として 当たり前と考えている私には この理屈が理解できません。
「辞めて 何するんですか?」 と問われ,特に 答えも準備してなかったので,「耳にピアスでも開けようか。」と 躱しておきました。

労働を 「悪」と考えることは毛頭ありませんが,同様に 労働を「善」とも考えていません。
ましてや,暇潰しの手段ではありません。

理想なのは 遺産で生活して,世の中に尽くす(決して 「世の中のために働く」ではなく)こと,と昔から考えていました。
これは ほとんど英国貴族です。

国民の三大義務の一つを果たさないことになるのはまずいですかね。

|

« 「防空識別圏」に関する中国の発言 | トップページ | ロケ地を気にしながら「オリンピックの身代金」をー »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「防空識別圏」に関する中国の発言 | トップページ | ロケ地を気にしながら「オリンピックの身代金」をー »