« 英文カタログの洒落た文章 | トップページ | 「東海」を諦められない気持ちは・・・天動説? »

2013年12月13日 (金)

ドンキーコートの買い替え。

Img_6119 7,8年前から,家人が冬の普段着として愛用していた VAN Jacket のドンキーコート(当然,男性用)がくたびれて,買い替え用に同じデザインのコートを買おうとしていましたが発売されず,去年,Gloverall のJunior 13歳用ダッフル・コートを買いました。
が,近所に ちょっと買い物に行くのに引っ掛けるには 少し重過ぎるようでした。

この冬,何年振りかに ほぼ同じデザインのドンキーコートが発売されたので 早速,購入しました。

Sサイズがないので,男性用のMサイズの袖を5,6cm 短くしています。

Img_6120_2
新旧を並べると,デザインの変化はほとんどありませんが,旧タイプに比べ色が濃くなっています。又,混紡の生地にナイロン成分が増え,撥水性が高くなったような手触りです。
しかし,綿とナイロンの割合は 旧が 70%/30%に対して,64%/36% で 大きな違いはありません。
調べると 生地は ‘C/Nルグラン’といい,パーカーなどに使われるもので,‘ルグラン’(Grosgrain,仏語) の定義は 「固く密に織られた横方向に『うねり』のある平織りの織物。糸を密に折り重ね,コード状をしている。」とあります。‘C/N’は ‘Cotton’と ‘Nylon’でしょうね。

Img_6123Img_6122

裏地は ‘旧’の 「タッターソール」に対して,‘新’は 「タータンチェック」です。

Img_6121

袖口のデザインは同じです。

但し,旧タイプは 袖口の布が擦り切れたため,別布で補強していました。

|

« 英文カタログの洒落た文章 | トップページ | 「東海」を諦められない気持ちは・・・天動説? »

garments & others」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 英文カタログの洒落た文章 | トップページ | 「東海」を諦められない気持ちは・・・天動説? »