« 見出しに見る「勘違い」(その2) | トップページ | 人種差別と高齢者差別を許さない(?) »

2014年1月23日 (木)

一盛り 100円の小蕪。

Img_6423
65歳になって無職になると,毎月 ハローワークに行く必要がなく,失業保険を一時金としてもらえるそうです。

退職前の12月に,人事グループのスタッフからその話を聞いて,「失業保険は求職中の者がもらうもので,就職する意思がない者がもらうのは筋が通らないので 要らない。」と 老いて尚,原則に忠実な私が言うと,「今まで そんなことを言う人はいませんでした。せっかく必要書類を作ったのだから ハローワークに行って下さいよ。」 と懇願され(?),彼女の労を無駄にしてはいけないと反省し,年が明けてハローワークに生まれて初めて行って,書類を書いて来ました。
当然,求職票の記入が必要です。

希望賃金の欄に,キリがいいところで 「100万円/月,ボーナス別」 と書こうとしましたが,ちょっと下品と思い,半分にしておきました。

その帰り,近くの駐車場で果物や野菜を売っていたので 冷やかしで覗いて買った「小蕪」 一盛り 100円 です。

焼いて 味噌を付けて食べるのはどうでしょう?

年金生活者は質素に暮らします。

|

« 見出しに見る「勘違い」(その2) | トップページ | 人種差別と高齢者差別を許さない(?) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見出しに見る「勘違い」(その2) | トップページ | 人種差別と高齢者差別を許さない(?) »