« 約30年前の Gerry Cosby のリュック | トップページ | サンドイッチのレタスはベランダから・・・ »

2014年2月26日 (水)

Hiroo Onoda,Japanese soldier who wouldn’t surrender, dies at 91

1974年,帰国時のインタビューなどが強く記憶に残っている小野田寛郎さんが,1月16日 91歳で他界したと報じられました。

この逝去は世界中で報じられています。

日本人の死が,これだけ広範囲で報じられることはあまり例がないことだと思います。
ルバング島から帰国して40年経って尚,強い印象を世界に残していた方だったということでしょう。

BBC News ‘Japan WW2 soldier who refused to surrender Hiroo Onoda dies’  2014/1/17
    ‘“I became an officer and I received an order. If I could not carry it out, I would feel shame. I am very competitive,” he added.’

CNN ‘Hiroo Onoda, Japanese soldier who long refused to surrender, dies at 91’ 2014/1/18
   ‘“Japan's philosophy and ideas changed dramatically after World War II,” Onoda told ABC. “That philosophy clashed with mine so I went to live in Brazil.”’

ABC News ‘Hiroo Onoda, Japanese soldier who spent 29 years hiding in jungle after World War II, dies aged 91’  2014/1/19

The Washington Times ‘Hiroo Onoda, Japanese soldier who wouldn’t surrender, dies at 91’ 2014/1/17
   
The New York Times ‘Hiroo Onoda, Soldier Who Hid in Jungle for Decades, Dies at 91’   2014/1/17

|

« 約30年前の Gerry Cosby のリュック | トップページ | サンドイッチのレタスはベランダから・・・ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 約30年前の Gerry Cosby のリュック | トップページ | サンドイッチのレタスはベランダから・・・ »